吉永小百合って誰でも知ってますよね!

日本を代表する大女優です。

これほどまでに何十年も高い人気を誇っている女優も、
ほんとうに珍しいのではないでしょうか?

そしてキレイ!

若いころなんかずば抜けてきれいでした。

ということで今回は、吉永小百合について迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

吉永小百合のプロフィール

吉永小百合
よしなが さゆり

本名 岡田小百合

1945年3月13日生まれ

東京都渋谷区出身

早稲田大学第二文学部卒業

写真出典元 https://bit.ly/2XfcGFW

本当に今も昔もおきれいな方ですね!

どうやったらこんな美貌を保つことができるのでしょうか?
それに、控えめな印象で男性を立てることができる感じです。

ある意味、日本女性としての理想像に近いところがあります。
大和撫子という言葉がぴったりくる女性ですね。

それがこれだけ何十年もの間、人気を保っていられる秘訣かもしれませんね。

実は、吉永小百合がデビューしたのはなんと小学校6年生(1957年)の時なんです。
ラジオ東京のラジオドラマ『赤胴鈴之助』でデビューするという、本当に早いものでした。

そして1960年代には70本もの映画に出るという、
今では考えられないスケジュールでした。

その後も歌に映画にと大活躍を見せた吉永小百合でした!

吉永小百合の夫は誰?

吉永小百合は人気絶頂ともいわれる1973年に、
岡田太郎と結婚をしています。

岡田は吉永の15歳上で、岡田はこれが二度目の結婚でした。

岡田太郎は当時フジテレビのディレクターをしていましたが、
その後は色々と出世をして後の共同テレビ社長、会長、
取締役相談役を歴任した人物です。

やはり、大物女優を射止める男性というのは、
それ相応の器の人物ですね!

 

写真出典元 https://miima.jp/2777

吉永小百合の夫の現在は?

岡田は一般職の人物ということで、
その後も表舞台には一切出てきません。
ですから、彼に関する情報はかなり限られています。

一説にはお亡くなりになられたという噂もあったくらいですが、
まだご健在のようで、もう90歳近い年齢になっています。

 

そのために自宅は改築して、
バリアフリーで生活しやすいようになっているとのことです。

大物芸能人にありがちな離婚ですが、そういったことはないようです。

 

実際にどのような結婚生活かは分かりませんが、
離婚はせずに現在も婚姻関係にあります。

 

スポンサーリンク




吉永小百合に子供はいるの?

彼女の年齢からすると、50歳くらいの子供がいてもおかしくありません。
しかし、吉永小百合が子供を出産したという事実はありません。

 

芸能界というのは怖いところですから、
結婚をして子供を産んだりすると人気が急落する可能性もありました。
特に昔の芸能界は、そういった傾向が強かったですよね。

また、出産すると2年近く休業せざるを得ない部分もあるので、
そういった意味でも、女優という仕事を優先して考えたのではないでしょうか?

 

また、配偶者の岡田太郎は再婚でしたが、
彼にも前妻との間に子供はいませんでした。

ということで、戸籍上でも誰の親にもなっていないということになります。

もし、吉永小百合が女の子を産んでいたら、
きっと相当な美人になっていたことでしょうね!

吉永小百合と渡哲也との関係は?

実は吉永小百合は渡哲也との恋のうわさがあったのも事実です。
1960年代には映画に出まくっていた吉永小百合でした。

吉永小百合と浜田光夫の主演で大ヒットした映画「愛と死をみつめて」(1964年)の次に、
「愛と死の記録」(1966年)が二人の主演で制作される予定だったのですが、
浜田が事故で目を負傷したため急遽、渡哲也がその代役に選ばれたのでした。

 

出合った頃から何かを感じあった二人は、
「青春の海」(1967年)ではすっかり恋に落ちていました。
そして「嵐の勇者たち」(1969年)で再び共演したころには、
本気で結婚を考えるところまで行っていたようです。

空手の黒帯を持つ渡哲也の人間性にも、
吉永小百合はすっかり夢中になっていたようでした。

それからというもの、渡は吉永の自宅にも足繁く通っていたそうです。

 

吉永小百合と渡哲也の破局の原因は?

お互いにすっかり意気投合していた二人でしたが、別れが訪れます。

もうすでに二人の間では結婚について何度も何度も話し合っていたのです。

しかし、吉永小百合の両親がこの結婚には大反対したのでした。
交際は良いけれども、結婚は絶対に認めないといって、
断固反対し続けたのです。

それは結婚したら家庭に入ってほしいと願う、
渡の要望がどうしても受け入れられなかったのです。

 

特に吉永小百合の父親は、吉永小百合のマネージャーをしていたので、
娘をスターの座から外したくなかったのだと思います。

こういったことが原因で、吉永は結婚をあきらめて、
パリへと商品旅行に出かけたのでした。

そしてこの破局でしばらく心を痛めていたところに、
岡田太郎が現れて徐々に交際に発展して、そして結婚まで至ったというものです。

 

 

まとめ

 

吉永小百合って、本当に素晴らしい女優ですね!

キレイで、おしとやかで控えめで、
本当に大和撫子という言葉がよく似合います。

また、早稲田大学出身の才女でもあります!

こんな素晴らしい女優を輩出できたことおを、
我々日本人は誇りに思わなくてはいけません。

これからも、どんどんきれいになって、
素晴らしい映画をずっと作っていってほしいです!

スポンサーリンク







おすすめの記事