皆さんは大沢逸美をご存知でしょうか?
「ジェームス・ディーンみたいな女の子」という歌で知られ、
女優、タレント活動もされていました。
今回は大沢逸美の現在の様子などを見ていきます。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

55人の購読者に加わりましょう

大沢逸美の若い頃から現在まで

1982年に歌手としてデビューし、曲をたくさん出しています。
また、女優、タレントとしても幅広く活躍しています。

プロフィール

生年月日:1966年3月23日
出身地:北海道札幌市
血液型:A型
身長:170cm
活動期間:1982年から現在
所属事務所:ホリプロ

1982年、ホリプロ主宰の「第7回ホリプロタレントスカウトキャラバン」でグランプリを受賞したのがデビューのきっかけでした。
この時に歌ったのは山口百恵の「乙女座宮」です。
翌年1983年に、「ジェームス・ディーンみたいな女の子」という曲でデビューをします。
ボーイッシュな髪型が特徴で、同じ年にデビューした歌手には桑田靖子、森尾由美、松本明子、小林千絵がいます。

デビュー後の活動は、司会や女優が中心でした。
1995年には、写真集「CAST」でヌードも披露しています。

私生活では、要介護認定を受けた母親を介護する生活を送っていました。
介護生活をまとめた手記を母親の死後に出版しました。

現在も芸能活動を続けていますが、介護に関する講演活動も行っています。

テレビドラマ「ヤヌスの鏡」

彼女が出演したドラマに「ヤヌスの鏡」があります。
このドラマは、1985年12月4日から1986年4月16日まで、午後8時から8時45分のゴールデンタイムにフジテレビ系列で放映されました。
杉浦幸が主演で、全18回。番外編1回。
フィルム撮影で、番外編はVTR編集。
大げさなセリフやナレーションで話題になりました。
「スタア誕生」という前番組が大反響の為放送回数延長になり、その後「バレーボールワールドカップ」が一カ月間中継された為、12月からのスタートとなってしまいました。
放送当時の台詞に「人買い」や「頭おかしい」などの差別的な表現が含まれている為、再放送やDVDでは音声を消す編集がされています。

 

スポンサーリンク




結婚はしているの?

介護をするには、家族や周り人からのサポートも必要ですね。
果たして彼女は結婚したのでしょうか。
調べた所、現在は独身のようです。
母親が生きていた頃は介護で忙しく、現在は講演で忙しいのかも知れませんね。

 

母親の介護について

彼女は、介護をしていた頃は共倒れになる寸前だった、と語っています。
頑張り過ぎているのに、若くて体力があったからなんとかやっていたけど、無理している事に気づかなかったらしいです。
介護には専門的知識が必要なのですが、一般的には知識が無い状態で身内の介護をする事が多いですよね。
介護される側の目線ではなく、介護者の目線で考えてしまいがちにもなる事もあります。
また、介護する側にもかなりの負担がかかりますので、その事を考慮する必要があります。
介護って、難しいですね。

 

まとめ

大沢逸美は最近あまり見かけなくなりましたが、
また近いうちにテレビに復帰してほしいですね。

意外なリバイバルが起きて、もしかしたら大人気になるかもしれませんね。
またカムバックしてほしいです。

スポンサーリンク







おすすめの記事