Something ELse(サムシングエルス)って知ってますか?

 

サムシングエルスは90年代後半に、
日本テレビの『進ぬ電波少年!』でブレイクしたバンドです。

 

番組の企画で、
曲がオリコン初登場20位までに入らなければ、
バンドは解散して、
メンバーは音楽業界以外に
転職しなければいけないというものです。

 

その企画で見事初登場2位を記録して
有名になったバンドが、サムシングエルスです。

今回はサムシングエルスについて迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

Something ELse(サムシングエルス)とは?

Something ELse(サムシングエルス)は
1994年に3人のメンバーで結成された
アコースティックスタイルを基調するバンドです。

略称は「サムエル」。
千葉県柏市出身

活動期間 1994年 - 2006年

メンバー
大久保伸隆 1974年9月24日 (リードボーカル、ギター)
伊藤大介   1974年7月25日 (ボーカル、ギター)
今井千尋   1974年8月28日 (ボーカル、ベース、キーボード)

 

どこにでもいる、普通の男の子達が
バンドを組んだっていう感じですね。

すごく、自然体で素朴な人たちです。

当時出演していた日本テレビの歌番組でも、
メンバーの一人はとても普通なので、
電車に乗っていても気づかれないといっていました。
1996年に結成されて、
なかなか売れない不遇の時代を経験していました。

一生懸命に活動をしていたのですが、
なかなか結果に結びつきませんでした。

さらに、5thシングル『レコード』を1998年にリリースして、
それがテレビ東京系ドラマ『太陽娘と海』の主題歌に
起用されるという幸運に恵まれました。

しかし、それでもこのシングルはファーストシングルを
超えられないという屈辱を味わいました。

Something ELse(サムシングエルス)と「電波少年!」

 

鳴かず飛ばずの時代に、レコード会社との契約が
切れる寸前まで来ていたSomething ELseでした。

しかしここで、日本テレビの『雷波少年』からチャンスを与えられたのです。

次に出すシングルがオリコン初登場20位以内に
入らなければバンドは解散するというものでした。
そしてメンバー全員が音楽をすっぱりとやめて、
音楽業界以外の職種に転職というものでした。

 

そして1998年12月23日に
運命の6thシングル『ラストチャンス』がリリースされました。

それは初登場2位で、翌週には1位に輝きました。

その後は飛ぶ鳥を落とす勢いで、
他の曲が劇空間プロ野球のイメージソングに起用されたり、
1999年にはの全国ツアーを敢行しました。

そして、1999年の『日本レコード大賞』では
『ラストチャンス』が優秀作品賞を受賞しました。

また、その年の紅白歌合戦にも出場しました。

 

Something ELseの人気に陰り

2000年に入ってもその勢いはとどまらず、
精力的な活動を展開していたのですが、
2002年ごろから人気に陰りが見え始めたのです。

 

そして、2003年にはボーカルの
大久保のソロプロジェクトが発表されました。

この後も、徐々に大久保のソロ活動が活発になり、
バンド活動は減っていったのでした。

 

そして2006年10月5日〜22日まで、
FINAL TOUR『LAST LIVE』を行いました。

そして2006年10月22日には、
全25曲、3時間半のラストライブででバンドを解散しました。

 

スポンサーリンク




メンバーのその後

大久保伸隆

バンドの顔だった大久保伸隆は現在でも音楽活動を続けています。
2009年11月11日、ブログで結婚を発表しました。
配偶者は一般女性のみと公表されています。

 

この後は、一時期歌をやめたいとまで悩んでいました。

しかし身近な人の応援があって、音楽活動を続けることを決意しました。

しかし、その後もセールス面では伸び悩んでいるようです。
2007年には『Sunnyglider#』というソロユニットを発表しました。

その後は、『Sunny-G』に名称を変更しました。

そして2009年には所属事務所を
DIGITAL STREETに移籍したり、
売れない時期を過ごしているようです。

しかし細々とライブ活動は継続しているようで、
単独ライブは2016年9月24日に50回を記録しました。

この記念ライブに、Something ELseの今井千尋が
ゲスト参加するという演出がありました。

 

伊藤大介

Something ELse(サムシングエルス)の人気に陰りが見えたころ、
今井千尋とのプロデュース・ユニットranaiを開始しました。

 

しかし、まったく売れずに活動を休止しています。

私生活では、歌手の鈴里真帆と結婚して、
二児をもうけています。

 

その後はほとんど表舞台に出ることはなく、
不遇の時代を送っている模様です。

ネットでも彼に関する情報はほとんどなく、
SNSなども全くやっていないようです。

 

今井千尋

伊藤大介とプロデュース・ユニットranaiを開始しましたが、
活動休止中です。
その後は、歌手の松本英子と結婚して、
子供が一人います。

 

2016年には、大久保伸隆の50回目の
記念ライブにゲスト出演しました。
今井千尋はツイッターをやっています。
しかし、その内容からは彼自身が何をやっているのかは、
全くわからない内容となっています。

 

秋田からツイートしたり、
すっかり長岡人になったとか、
渋谷でタクシーが捕まらなかったなどというツイートで、
彼がどういった活動をしているのかなどが一切伝わってきません。

かなりの不遇時代に戻っていると感じられます。

 

まとめ

今回はSomething ELse(サムシングエルス)の
現在について迫ってみました。

みんな厳しい冬の時代に逆戻りしているようですね。

ミュージシャンとして一時代を築いた彼らでさえ、
こういった調子です。

 

光と影というか...

 

こうなると売れてしまったことを
悔やむ人もいるのかもしれません。

 

こんな不遇の時を過ごすのなら、
最初から売れなければよかったと思うかもしれません。

スポンサーリンク







おすすめの記事