アグネスラムってきれいでしたよね!

きれいで美しくて、可愛くて、
とても溌剌とした印象がありました。

当時の日本人男性のほとんどがファンだったように思います。
日本で多くのアグネス伝説を作ってくれましたね。

ということで今日は、アグネスラムについて話してみたいと思います。

 

スポンサーリンク







アグネスラムのプロフィール

アグネスラム

Agnes Lum

1956年5月21日生まれ(63歳)

1970年代後半に日本で活躍したハワイ出身の中国系アメリカ人モデル

日本のグラビアアイドルの先駆者

 

やっぱりきれいでしたね!
本当に、溌剌とした感じがします。

父親は中国人で、母親はハワイ在住の人で、ハワイアン、イギリス、
アイルランド、ポルトガルの血を引いています。

苗字のラム(Lum)は、父親の苗字であった
「林」の広東語での発音から来ています。

1974年にミスUSAハワイ代表に選ばれました。
しかし、その当時まだアグネスは18歳未満だったために、本選に進むことはできませんでした。

しかしその年にハワイの高校を卒業して、モデルとして活動を開始したのです。

そして1975年に日本にやってくると、
「グリコ天然ジュース」と雑誌「non-no」のモデルとして日本でのデビューを飾ったのです。

さらに同じ年に「エメロンミンキー」というトリートメント剤のCMに出演して、
日本中の人気をさらっていったのでした!!

つぶらな瞳に小麦色の肌、そして愛くるしい笑顔が印象的でした。

サイン会などでは会場に入りきれないファンが集まることも多々ありました。

 

もう完全な「アグネスラムフィーバーでした!!」

彼女の人気は衰えることなく、ずっと続いていたのです。
しかし、1983年に彼女は引退したのです。

その理由は、ハワイの新人モデル教育の仕事が忙しくなったのと、
オアフ島での仕事が増えたことが原因でした。

アグネスラムの家族は?

日本の芸能から引退した後、
アグネスラムは1986年に子供のころから友人だった男性と結婚しました。

アグネスラムの旦那は、ハワイに観光でやってきた人たちを、
マグロ釣りなどに案内する船の船長をしている人です。

この結婚を機に、アグネスラムの評価はさらに上がったのでした。
その理由は、昔から知っていた人と純愛を実らせての結婚ということで、
芸能界の大物などに捕まらなかったという、その純朴さ純真さが受けたのです。

1987年にアグネスはなんと、双子の男の子を出産しています。

その10年後には事本尾車のCMキャラクターに選ばれているのです。

さすがアグネスラムですね!!

 

スポンサーリンク




アグネスラムの現在は?

2019年で63歳になるアグネスラムです。
現在も夫と息子一家と一緒にとても幸せに暮らしているようです。

双子として生まれた息子もとっくに成人しています。

アグネスラムは夫や息子が仕事に出ている間、
家事などをこなしたり、ガーデニングをしたりしています。

そしてたまに週刊誌のインタビューに答えたりして、
元気な姿が伝えられています。

アグネスラムの歌が良かった!

シングル

雨あがりのダウンタウン(作詞:山川啓介、作曲:弾厚作)1977年7月、オリコン79位
さよならは言わない(作詞:庄野真代、作曲:小泉まさみ)1978年3月

アルバム

I AM Agnes Lum 「雨上がりのダウンタウン」ほか全11曲。1977年

with LOVE Agnes Lum 「さよならは言わない」ほか全13曲。各・ワーナー・パイオニア

アグネスラムは歌唱力というよりも、
まだ英語訛りの残る発音で歌ったところに大きな魅力を感じました。

まとめ

アグネスラムって本当にかわいかったですね。
それに人間性も良かったように思います。

だからきっと彼女の人気はずっと衰えることがないのかもしれません。

もしかしたら、これからもっと活躍してくれる可能性もあります。
アグネスラムは永遠です!!

スポンサーリンク







おすすめの記事