大西益央って知ってますか?

ラーメン界のすごい人なんです。

出す店出す店が次々と大繁盛店になるような、
すっごいラーメン店の仕掛人なんです。

もともとは大阪でラーメン屋を開いていたのですが、
現在はアメリカにもラーメン屋を開いています。

もちろんそこも大繁盛です!

ということで今回は、大西益央について迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク







大西益央のプロフィール

大西益央
おおにし ますお

1976年生まれ
大阪府出身

近畿大学附属高等学校
近畿大学

家族は妻と一男一女

オリエンタル・ヌードル&ORIENTAL NOODLE INC.代表取締役

マサチューセッツ州 ボストン在住

優しそうな表情の中にも、芯の強さを感じます。

こんな人が作るラーメンだったら、
きっとさぞかしおいしいのだと思います。

それとどことなく思いやりがありそうですね!

大西益央の経歴

大学卒業後ラーメンの道へ入る

「鶴麺」大阪市鶴見区にオープン(2007年)
自身の2号店「らぁ麺クリフ」をオープン(2010年)
ハワイに1号店をオープン(2014年)
「Tsurumen Davis」をボストンにオープン(2018年)

大西益央の仕事に対する2つの考え方

その1 徹底的なこだわり

2018年にアメリカ・ボストンで、店をオープンしたばかりなのに、
既に「Tsurumen Davis」は1時間待ちの大行列を作る人気店となったのです。

そしてボストンのグルメサイトでは、
「いま最もホットなレストラン」で第1位を3か月連続で獲得しました。

それ以外にも、ボストンで一番メジャーな新聞「Boston Globe」の1面に掲載されたりと
地元メディアからも注目されるホットなレストランです。

大西益央の仕事に対する考え方の一つは、
徹底したこだわりなのです。
このこだわりこそが、彼がオープンするラーメン屋をすべて人気店にさせた鵜要素なのです。

それは彼が、京都の有名料亭で身に着けた
"香りや食感"をラーメンに活かすことでもあるのです。

その2 ワークライフバランス

大西益央のラーメン屋は週のうち3日は、
営業時間がたったの2時間(午後6時から8時)という短いものです。

そして閉店して9時半にはスタッフと一緒にビールを飲むのが楽しみだと言います。

さらに驚いたことに、5年後には店を手放すことも決めているのです。
売却するか、誰かに譲るか。

どうして、そんなことをするのか?

そこに彼のもう一つの仕事に対する考え方があるのです。

それは仕事と私生活のバランスを取るということです。

私生活を楽しむために仕事をするという考え方なのです。
そして、空いた時間に家族との時間をしっかりと持って、
趣味であるヨガをやって、食べ歩きをするということで、
しっかりと自分の人生も楽しまなくてはいけないと考えているのです。

だから、ブラック起業などはもってのほかだと言います。

とかく日本人は仕事のために生きているのかのような人生を送っていると言います。

でも、本来は自分の人生を楽しむために働くのがあるべき姿であると、
大西益央は考えています。

 

スポンサーリンク




大西益央の鶴麺に行ってみよう!

鶴麺 鶴見本店

〒538-0053 大阪府大阪市鶴見区鶴見5丁目1-9
電話 06-6939-2126

らぁ麺クリフ

〒534-0025 大阪府大阪市都島区片町1丁目9−34
電話 06-6881-0755

鶴麺 Tsurumen Hawaii

1006 Kapahulu Avenue,Honolulu 96816
電話 +1 808-225-5699

ボストン「Tsurumen Davis」

420 Highland Ave, Somerville, MA 02144
1 617-764-0588

大西益央の年収は

これは億を超えているのではないでしょうか?

現在でも5店舗くらいラーメン屋を持っています。
そのどれもが大成功しています。

しかも、数年後にはボストンの店舗を手放して、
悠々自適の生活を送りたいと言っているのですから、
それはそれなりの収入と蓄えがなくては無理です。

彼の貯金も収入も相当な額に上っていることは確かです!

まとめ

このラーメンを見ているだけでも食べたくなってきましたね!

相当おいしんだと思います。
味は絶品だといいますから、ぜひ一度食べてみたいと思います。

大西益央には今後とも、どんどん活躍していってほしいですね。

そして私たちにもっともっと美味しいラーメンを食べさせてほしいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事