田村正和って本当にかっこよかったですよね!

ダンディーでジェントルマンで、
日本のリチャードギアだと思っています。

今となっては本当に数少ない、
神のような神々しさを持っている俳優だと思います。

本当にかっこいい、甘いイケメンでした。

ということで、今回は田村正和に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







田村正和のプロフィール

田村 正和
たむら まさかず

1943年8月1日生まれ

京都府出身

成城大学卒業

俳優の阪東妻三郎の三男として生まれる。
長男は田村高廣、次は田村亮、そして田村正和でした。
この3人は田村3兄弟と呼ばれています。

また、異母弟に俳優の水上保広がいます。

妻は一般人で、娘を一人儲けています。

それにしてもかっこいいですね!
ものすごいイケメンです。

そしてこんな長髪の時もあったんですね。

それにしても、本当にかっこいい!

テレビ時代劇『眠狂四郎』(1972年)で大きく一般の認知度を高めました。
このころは、陰影の強い哀愁ムードのある役柄で、女性ファンを引き付けました。
「憂愁の貴公子」ともいわれていた時期です。

そして1980年代になると、ホームドラマで新境地を開拓しました。
1983年の『うちの子にかぎって...』で3枚目の役を演じて、
それまでの自分とは違う役柄で周囲をあっと驚かせました。

その後の『パパはニュースキャスター』でもとてもコミカルな役を演じました。

そして1988年にはあの『ニューヨーク恋物語』で今度は二枚目に復帰。
これは田村正和がとても気に入っていた役だったと言います。

そして1994年の『古畑任三郎』は大ヒットを収めて、
和製刑事コロンボといった新境地を開いたのです。
このドラマは本当に大当たりして、この役を10年にわたって演じました。

本当に、大成功の俳優人生ですね!

私たちに日本人は田村正和の演技をみんなテレビで見てきたと言っても過言ではありません。

本当に素晴らしい俳優人生ですね。

田村正和引退理由は

2018年4月のフライデーで、関係者一部に引退する意思を伝えたと言われています。
その理由についてですが、「自分としては十分にやった」というもののようです。

実際に引退を考慮し始めたのは、2018年2月に放送された主演のドラマ、
『眠狂四郎 The Final』がきっかけだったようです。

それは自分で自分のドラマを見て、これはもうだめだと感じたようです。

何十年もトップで活躍してきた俳優なので、
自分の演技に対しては厳しいのだと思います。

中途半端な演技が許せないのだと思います。
自分の美学に反していたということのようです。

本当にこれで終わってしまうのは、もったいない気がします。
でも、今まで素晴らしいパフォーマンスを見せてくれた
田村正和に感謝したいと思います。

 

スポンサーリンク




田村兄弟について

田村正和の実の兄弟は4人います。

 

長男 田村高廣

田村高廣は2006年5月に脳梗塞で倒れ、死去しています。

 

次男 田村俊磨

田村俊磨は一般人で、現在では実業家として成功しています。
若い頃は、会社員をしながら俳優業をやっていた時期もあるようです。

 

三男 田村正和

言わずと知れたスーパースターです!

 

四男 田村亮

田村亮も俳優として活躍しています。
ちなみに田村亮の息子は、田村幸士という俳優です。

田村正和の父は坂東妻三郎という俳優

坂東妻三郎の二枚目俳優としてとても有名でした。

そのために、女遊びも凄かったと言われています。
納得できますよね!

しかし、坂東妻三郎は51歳の若さで脳内出血が原因で死去しています。
その当時田村正和は9歳で、弟の田村亮6歳でした。

田村正和の妻や娘は?

田村正和の妻も娘も一般人ということで、多くの情報はでていません。

間違いなく言えるのは、二人とも田村正和のことをとても誇りに思っていることです。
これだけのスーパースターで素晴らしい演技を見せてくれる人が、
自分の夫であり父親であったなら、それは絶対に誇りですね!

田村正和は自分の私生活を見せないという主義があるので、
娘も妻も全く世間には出てきません。

これだけ徹底してその主義を貫いているというのは、本当に凄いですね。

古畑任三郎 COMPLETE Blu-ray BOX 新品 マルチレンズクリーナー付き

価格:487,932円
(2019/4/21 14:10時点)
感想(0件)

まとめ

 

田村正和って素晴らしい俳優ですね。

田村正和の引退ですが、完全に幕を下ろしたというわけではなさそうです。
ですから、またテレビや映画に出ることはあるかもしれません。

だからもう一度彼の素晴らしい演技を見れることを期待しましょう。

またあの二枚目を見れるかもしれませんよ!!!

スポンサーリンク







おすすめの記事