中山渚美って知ってますか?

読みは「なかやま なちゅら」です。
しかし最近の名前は読めないのが多すぎますね。

それはさておき、
この中山渚美は猫と深い関係がる女の子なんです。

今回はそんな中山渚美に迫ってみましょう!

スポンサーリンク




中山渚美プロフィール

中山渚美
なかやま なちゅら
2008年生まれ
東京都足立区出身

母の名前・亜子

主な活動内容

沖縄からの保護犬の預かりボランティア
猫の保護
TNR活動

どうして猫に興味を持ったのか

ある時、中山渚美は母・亜子と公園を散歩していました。
その時に、ある小学校の友人に会ったのです。

そしてその子が、
「実は猫を持ってるんだ」と、
カバンから生まれたばかりの子猫を取りだしたのです。

 

その子は、その子のお母さんから
子猫を元の場に戻しなさいと言われて、
戻しにいく途中だったのでした。

 

そこですかさず、中山渚美の母が『ちょっと待った~』と言って、
その子猫を預かることになったのでした。

これ以来、渚美は動物の命に対して興味を持つようになったのでした。
そして動物に関するテレビ番組を見て勉強したり、
図鑑や本で知識を得たりしていました。

 

そして多くの猫が毎年処分されているという実態を知り、
大きなショックを受けたのでした。

どうして猫たちは処分される運命にあるのだろうと、
とても悲しくなったのでした。

このようにして、渚美は猫が直面する現実を目の当たりにして、
その現実に立ち向かっていくことを決意したのです。

 

猫譲渡会について

東京都内のデパートなどで開かれる
保護猫譲渡会というものがあります。

中山渚美はこういったものにも積極的に参加しています。

 

たくさんの猫が入ったケージが並ぶ階で、
元気にお客さんに猫のことを説明するのが仕事です。

見込み客を見つけては、次のような会話をします。
「この子猫はとってもかわいいんです!」
「コイン君という名前で、とても人懐っこいんですよ!」

 

中山渚美の素直な言葉が人の心を掴みます。

「ホントね、とってもかわいい猫だね。」
お客さんとの会話もどんどん弾みます。

 

この時参加した譲渡会では、
9匹連れていた猫のうち、5匹がもらわれたそうです。

中山渚美はまだ小学生なのですが、
一流のセールスマンでもあります。
彼女の腕は他の人よりも数段上なようです。

そしてそれにはそれなりのコツがあるようです。

 

コツは、ターゲットを見極めることだそうです。
それには軽い会話から入ります。
そして、『どんな猫が好きですか?』とか『もう猫は飼ってますか?』などと聞いて、
いい反応が返っていたら、
持っている猫の性格などをどんどんと話して、
積極的にアピールするそうです!

 

このようにして、どんどん人と会話をして
相手の懐に積極的に入っていくことが
成功のコツなんだそうです。

スポンサーリンク




中山渚美が行うTNRとは

中山渚美はTNRという活動を行っています。
でも、TNRって聞きなれないものですよね。

一体どんなモノなんでしょうか?

 

Trap(トラップ)は捕獲を意味します。
猫が傷付かないように、そっと大切に捕獲します。

Neuter(ニューター)とは不妊手術のことです。
全身麻酔をされているので、猫に痛みはありません。
出血もありません。
そして不妊手術済みの目印として、V字に猫の耳先をカットします。

Return(リターン)は不妊手術が終わった猫を元の場所に戻すことです。

これはちょっと残酷な気がします。
どうして健康な猫に不妊手術をしなくてはいけないのでしょうか?

実は平成25年現在で、年間9万9千頭を超える猫が殺処分されています。
この処分が犯罪率や自殺率にも関連していると言われています。

 

そして子どもへの心理的な影響もあり、
大きな社会問題の一つにさえなっています。

そこでこの残酷な殺処分を減らすことを目的にTNRが始められたのです。

殺処分を減らすには、猫ボランティアに協力してもらって、
野良猫を捕まえて、獣医さんに不妊去勢手術をしてもいます。
そして元いた場所に戻すのが一番なのです。

 

不妊手術をして子供を産まなくなれば、
殺処分しなくてよいからです。

そして不妊手術済みですということが一目でわかるように、
麻酔中にみみ先をV字に少し切ります。

もちろん麻酔中なので、痛みは一切ありません。

 

ですから、一見残酷に見えるTNRも
もっと深い観点から言うと、
猫のことを思いやった行為なのです。

 

そして大きな観点から猫を思いやって、
中山渚美と母の亜子はTNR活動を行っているのです。

確かにこのTNR自体の是非が問われることもあるかもしれませんが、
さらに大きな被害を防ぐという点では、
やはりTNRは現時点においては必要なことなのかもしれません。

中山渚美が通う小学校はどこ

中山渚美は小学生です。
そこでどこの小学校に通っているのかリサーチしてみたのですが、
そういった情報は出てきませんでした。

 

ただ、足立区在住なので、
足立区のどこかの小学校に通っているのではないでしょうか?

 

中山渚美はきっと学校の成績も優秀だと思います。
それはこの年齢でここまで色んな事を
考えることができるというのは、頭が良い証拠です。

高校などに入って、「生物」などの授業がでてきたら、
もっと自分の興味のある科目を勉強できるのではないでしょうか?

まとめ

今回は中山渚美について書いてみました。

『なちゅら』というと、英語のNatural、自然なという単語があります。
もしかしたら、中山渚美お両親はそういった意味で、
『なちゅら』と名付けたのかもしれません。

 

もしそうだとしたら、名は体を表すというのは
本当なのかもしれませんね!

 

だからこそ、自然のことを全体的に考えて、
猫を思いやった活動をしているのかもしれません。

今後とも日本の猫を守っていく活動をしていって欲しいですね!

スポンサーリンク




おすすめの記事