実は、筆者は坂口良子の大ファンでした。
本当にかわいかったですよね。
キレイでしたよね。

そして品があったように思います。

美しさ、かわいさ、そして品の良さを兼ね備えた
女優やタレントは少なくなっているように感じます。

でも彼女にはそれがあった、だから本気でファンだったのです。

ということで今回は、坂口良子に迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク







坂口良子のプロフィール

坂口良子
さかぐち りょうこ

1955年10月23日生まれ
2013年3月27日没(57歳)

北海道出身

余市町立東中学校
小樽双葉女子学園高校
堀越高等学校卒業

ミスセブンティーンコンテストで優勝(1971年)
ドラマ『アイちゃんが行く!』でデビュー(1972年)

1970年代はアイドル的な人気を誇っていました。
しかし、1970年代後半は市川崑監督を中心に
映画出演も精力的にこなしていました。

映画評論家の田山力也は坂口良子を高く評価して、
テレビよりも映画の大画面が似合う、素晴らしい女優であると述べていました。

また、あの『池中玄太80キロ』で共演した西田敏行も
素晴らしい女優として尊敬の念を抱いていたようです。

(日焼け)(H)池中玄太80キロ オリジナルセット 1~14 (全14枚)(全巻セットDVD) [西田敏行/坂口良子/杉田かおる]/中古DVD[邦画TVドラマ]【中古】【P10倍♪3/14(木)20時~3/26(火)10時迄】

価格:19,500円
(2019/3/19 14:18時点)
感想(0件)

映画出演歴

キンキンのルンペン大将(1976年、東映) - 白川秋子
犬神家の一族(1976年、東宝・角川春樹事務所) - 那須ホテルの女中・おはる
獄門島 (1977年、東宝) - 理髪店の娘・お七
人間の証明(1977年、東映・角川春樹事務所) - 澄子
女王蜂(1978年、東宝) - 旅館の娘・おあき
帰ってきた若大将(1980年、東宝) - 皆川純子
嵐を呼ぶ男(1983年、東宝) - 福島美弥子
曖・昧・Me(1990年) - 産婦人科医師
帰って来た木枯し紋次郎(1993年、東宝) - お真知
牡丹灯篭(2007年) - お米

 

 

本当にかわいかったですよね!
上述しましたが、筆者は昭和の女優の中で一番彼女が好きでした。

そういった男性ファンは本当に多いと思います。

坂口良子は歌も歌っていました。

 

歌っている姿もとても色っぽいですね!

ただ、とても残念なことに2013年3月27日に、
横行結腸癌および肺炎のため、
57歳という若さで永遠の旅立ちをされてしまいました。

本当に早すぎて、昔からのファンとしては残念で残念で仕方ありませんでした。

あんな美しい人が、どうして...

 

スポンサーリンク




坂口良子の夫は?

坂口良子は1986年に一度目の結婚をしています。
相手は不動産会社役員の田山恒彦というひとでした。

この人はいわゆる地上げ屋という仕事をしていました。
その後1994年に坂口良子は離婚をしたのです。

その理由は金銭問題でした。
坂口良子が知らない間に、田山恒彦から多額の借金を背負わされていたのです。
これによって、結婚前からあった資産もすっからかんになってしまったと言います。

その額はなんと40億以上という天文学的な額でした。

これはなんとも気の毒な理由ですね。
自分のせいではないのに、借金を背負わされていたなんて、
本当に気の毒で仕方ありません。

人生ってわからないもんですね、
だってあれだけ不動産屋として鳴らしていた人が、
今度は大借金を背負ってしまうというのですから。

しかし、その40億という借金を約10年で完済したと言いうのですから驚きです。
さすが坂口良子です!

こういった部分を知ると、ますますファンになってしまいました。

坂口良子の子供は?

上述の一度目の結婚の際に、坂口良子は2人の子供をもうけています。

 

一人は息子の坂口直彦です。
1989年生まれで、芸能界とは関係のない仕事をしているようです。

写真出典元 https://bit.ly/2TJczo0

イケメンですね!
さすがは坂口良子の息子です。
役者になっても良いのではないでしょうか?
器量の良さは母親譲りです。

 

 

二人目は娘の坂口杏里です。

写真出典元 https://bit.ly/2Y3bXYV

1991年3月3日生まれ
東京都出身
B型
168cm

坂口杏里は2008年に芸能界入りしました。
そして2世タレントという部分を最大限に活かして、
主にバラエティー番組で活躍していました。

母親との共演も非常に多かったです。
そして最後の共演は2012年11月20日収録の「雨上がり食楽部」でした。

尾崎建夫との関係について

坂口良子は2012年8月10日に再婚をしました。
その相手はプロゴルファーの尾崎健夫でした。

1998年に知人の紹介で知り合っており、
かねてからずっと噂がありました。

しばらくすると噂というより、お互いが完全に認めていたので、
すっかりオフィシャルな間柄といった感じになっていました。

そして事実婚状態を15年間継続しました。
そして晴れて、2012年に結婚となったのです。

写真出典元 http://www.titleist.co.jp/images/news/pressreleases/090825/takeo_ozaki.jpg

尾崎建夫
おざき たてお

1954年1月9日生まれ
愛称はジェット、ジェット尾崎
181㎝
81kg
徳島県海部郡海陽町出身

 

兄はプロゴルファーの尾崎将司で、下の弟には尾崎直道がいます。

尾崎と坂口の結婚が遅れた理由については、
娘の坂口杏里がママを取られるのが嫌だったとテレビ番組で語っていました。

だからせめて自分が二十歳になるまでは待って欲しいと言っていたそうです。
それをテレビに3人が出演した時に、コミカルに語っていました。

 

まとめ

坂口良子って本当にきれいな人でした。

欲を言えば、もっと活躍する姿を見せて欲しかったのですが。

でも、こういった素晴らしい女優を輩出した昭和いという時代は、
器の大きい時代だったような気がします。

これからも彼女の出演作品を見ていきたいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事