永井崇匡ってご存知ですか?

ながい・たかまさって読むんです。
最近のキラキラネームとは違った読みの難しさがありますね。

実は彼は、インドネシア2018アジアパラ競技大会視覚障がい者柔道で、
見事に銅メダルを獲得しました。

素晴らしいですね!

彼はこの栄冠を厳しい練習の末に獲得しました。
その練習はとても厳しく、本人も何度も根を上げ層になったくらいです。

でも、そこをよく辛抱して結果を出してくれました。

今回は、そんな永井崇匡に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

永井崇匡プロフィール

永井 崇匡
NAGAI TAKAMASA
1995年1月4日生まれ
弐段
学習院大学
B1クラス/ 73kg級
好きなアーチストmiwa2015年全日本視覚障害者柔道73㎏級で優勝
2016年全日本視覚障害者柔道73㎏級で優勝
2017年W杯ウズベキスタン大会日本代表選手選考大会 男子73㎏級優勝
2017年日本代表に選出
2020年東京パラリンピックで日本代表候補の一人

とても精悍な顔つきですね!
凛々しい姿です。

そして柔道をやっている時の彼は、すごく素敵ですね。
とてもイキイキしているように見えます。

そしてとても強そうです。

永井崇匡の小外刈り

小外刈りが永井崇匡の得意技です。
左に組んでから、右足で相手のちょうど左かかと上を、
絶妙のタイミング刈って倒します。

永井崇匡の小外刈りは圧巻です。

この技にかかった相手は、十中八九倒れてしまいます。
そのために、対戦相手からは『永井の小外刈り』といわて恐れられています。

全盲の永井には、相手の足は全く見ることができません。
しかし、どうしてこんなに鋭い子外刈りができるのか?

永井はこう語ります。

「相手と組んでいる時に、腕から感じる動きで刈るんです。
自分の中のイメージと合っていれば技が決まります。
でも、イメージと合わないことがあって、それは強い選手なんです。」

視覚障がい者柔道の場合は、組み合ってから始まります。
そのために、始まってすぐの担ぎ技が主流になっています。

まだ少しでも視力が残っている選手の場合、
相手のおおよその動きを目でとらえることも可能です。

しかし2歳の時に完全に失明した永井の場合には、
それが不可能なのです。

そのためにひたすらに感覚を磨いて研ぎ澄まして、
柔道着の動く音、相手の息遣いなどを手さぐりに一瞬で相手を刈り取るのです。

この研ぎ澄まされた感覚から繰り出される技は、圧巻です。

柔道との出合い

永井と柔道との出合いは、小学校1年のときでした。
永井の父が、知人の竹渕省三に相談したのがきっかけでした。

竹渕省三は当時、群馬県中之条町の柔道の道場でコーチをしていました。

しかし、全盲の選手に教えるのは、竹渕省三もにとっては初めての経験でした。
そのため、それなりの戸惑いはあったようです。

しかし、永井は柔道ができることに大きなやりがいと
充実感を感じていたのです。

外で遊ぶのは危ないと言われることもあったですが、
逆に道場の中では、思う存分走り回ることができたのが喜びでした。

柔道の練習

指導者が技を見せても、視力がないのでみえません。

そのために、まずは技を掛けてもらうのです。
次に永井が他人の動きを触って感じ取ります。
今度は自分で技をかけてみて、コーチにそれを修正してもらうのです。

受け身、立ち技、寝技という複雑な動きを何千回、何万回と繰り返して、
体が覚えるまで染み込ませてきたのでした。

永井には柔道の素質もあったのだと思います。
小学校2年では町の大会で2位に入賞しました。
小学校3年生になると、見事県大会にも出場を果たしました。
そして小学校卒業までに2度、群馬県大会の3位に入賞したのでした。

おどろくことに闘った相手は全て健常者だったのです。

自分にはもともと視力がないので、見えないことを不便だと感じたことは無いといいます。

数学と柔道

永井のもう一つのライフワークは数学です。

永井が数学が好きな理由は、
一つの問題を図形で考えるのか、方程式で考えるのか、いろいろな考え方ができるので、
それが数学が好きになった理由だといいます。

その数学への考え方が、2つ目の得意技である寝技にも関連しているのかもしれません。

相手と自分の体の位置を考えて、
どこに重心をかけて、どう抑えればいのかを考えます。

まるで数学の答えを求めるような練習が、とても楽しいのだそうです。

今の課題は立ち技から寝技へと移行する時の連係だそうです。
相手を瞬時に仕留めないといけないと、冷静に自分を分析しています。

こういった冷静な分析も、数学との共通点があるようです。

これからはできるだけ多くの人に、数学の面白さを知ってもらいたいそうです。
特に、視聴覚に障がいがある人にこそ、数学の奥深さを知って欲しいそうです。

スポンサーリンク




今後の夢

永井にとって夢はいくつかあるようです。
その中の一つに、留学をしたいというのがあるようです。

まだ具体的なものではないようですが、英語の習得なども考えて、
イギリスに行ってみたいと思っているようです。

そして大学院進学も考えています。
だから、博士課程を取るということなので、
柔道だけでなく英語も習得するのが夢だそうです。

そして将来は英語も話せる、数学の教師になりたいとのことです。

そしてこれまでに、自分自身が目が見えないということで得た経験を活かして、
盲学校でなら、じぶんが教えられることが多いと考えています。

それは、目が見えない自分なので、そういった人の気持ちが分かったり、
目が見えない人がどうやって物事を覚えていくのかという、
独自ののプロセスを理化しているからだそうです。

永井崇匡は音楽が大好き

永井崇匡は音楽も大好きです。

常に音楽に囲まれた生活を送っているのだそうです。

そして休日には家で音楽を聴きながら、
ゆっくりのんびりしていることが多いのだといっています。

好きなアーチストはシンガーソングライターのmiwaです。
miwaのライブにも行くほどのファンです。

またドライブに行くときも車で音楽をかけて、
気持ちよく車で疾走しているようです。

永井崇匡に彼女はいるの?

永井崇匡に彼女はいるのでしょうか?

色々とリサーチしてみたのですが、
そういった情報は一切出てきませんでした。

もし、彼のことを好みという女性は、
早めに行動を起こしておいたほうが良いですね!

彼はメディアにも色々と出演されているので、
結構人気もあると思いますよ!!!

まとめ

今回は、永井崇匡について書いてみました。

彼は今後の日本の柔道界をしょって立つ素晴らしい人材です。

期待のホープですね!

しかし彼の頭の良さと練習熱心さには、頭が下がります。

スポンサーリンク




おすすめの記事