松島和之って知ってますか?

この人はハンバーグが大好きな人なんです。
1年で400個以上ものハンバーグを食べているんです。

モットーは『1日1バーグ』ということです。
それってどれだけ、すごいことでしょうか!

そして2018年12月11日(火)の『マツコの知らない世界』に
ハンバーグの専門家として出演することになりました。

今回は、そんな松島和之に迫ってみましょう。

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

3人の購読者に加わりましょう

松島和之のプロフィール

年齢不詳
ニックネーム kazukazu
モットー        1日1バーグ
職業             フードライター
学歴             東京理科大学

運営ブログ ハンバーグブロガーkazukazuの鉄の胃袋

年齢については情報が出ていませんでした。
結婚しているかどうかも、情報が出ていませんでした。

松島和之の肩書

肉食系グルメライター
日本ミンチ協会ハンバーグ王子
ハンバーグブロガー
レトルトハンバーグマニア
チルドハンバーグマニア
オンザライスマスター

メディア出演歴

「王様のブランチ」
「お願いランキング」
「いきなり!黄金伝説」
「誰だって波瀾爆笑」
「ペコジャニ∞!」
「J-WAVE」
「スピードワゴンの月曜The NIGHT」
「マツコの知らない世界」

ブログでの徹底的なハンバーグレポート

松島和之は自身所ブログで、徹底的なハンバーグのレポートを行っています。

それは、ハンバーグを食べたレストランから、
そのハンバーグの食感まで全てを事細かく写真付きで紹介しています。

そのために、彼のブログはハンバーグの聖地と化しており、
ハンバーグにつてい知りたい人は、必ずこのブログを訪れるという人気ブログになっています。

特に彼の食感についてのレポートは非常に分かりやすく、
読んでいると、実際に食べたくなると言われているほどです。

そして各ハンバーグを毎回必ず点数で評価しています。

_/_/_/_/ ハンバーグ評価 _/_/_/_/
味 :☆☆☆☆(4.0点)
肉感:☆☆☆☆(4.0点)
肉汁:☆☆☆(3.0点)
ソース :☆☆☆☆☆(5.0点)
価格:☆☆☆(3.0点)

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

また、実際のレストランのハンバーグだけでなく、
市販されているハンバーグのレポートもしっかりとしています。

そしてパッケージの裏面もきちんと写真で取って掲載しています。
そのために読者は、何が使われているのかをしっかりと把握することができます。

彼のレポートによると、意外にもLAWSONのハンバーグが美味しいのだとか。
しかも値段は298円というお買い得。

品 名:粗挽きのイベリコ豚でジューシーに仕上げたハンバーグ
販売者:LAWSON(ローソン)
発売日:2016年9月20日
価 格:¥298
内容量:170g

ハンバーグなら何でも、高級店からこういった安値のものまで、色んなものを網羅しています。
この辺に彼のこだわりを感じることができますね。

スポンサーリンク




松島和之の著書は

松島和之はこれまでに2冊の著書を著しています。
どちらもKINDLEで販売されています。

ペンネームはkazukazuです。

子供からお年寄りまで幅広い層に人気の「ハンバーグ」。
そんなハンバーグをこよなく愛するkazukazuこと松島和之が、
ハンバーグの始まりから、家庭でも気軽にできる絶品レシピなどを分かりやすく解説しています。

それ以外にもkazukazuが厳選したオススメハンバーグ店10選は必見です。
これを見て実際に食べに行く人も多いようです。

そして、オススメレトルトハンバーグ5選も紹介されています。
レトルトまで紹介されているあたりに、彼のこだわりがうかがえます。

ハンバーグを語り尽くしたkazukazuによる、世界初のハンバーグ特集の本です!
これを読めば、ハンバーグの魅力をもっと理解できるはずです。

 

このところデカ盛りが人気です。
デカ盛りを食べてみたいものの、自分いは多すぎるのではないかと思う人は多いでしょう。
この本では、フードライターkazukazuが実際の体験をもとに
デカ盛りの味や魅力、そしてデカ盛りの食べ方を徹底的に解説しています。

そして最後に、デカ盛りを提供するお店10店を紹介しています。

松島和之の年収は?

松島和之の具体的な年収に関する情報は出ていませんでした。
しかし、彼の活動内容などから考えると、1000万以上はいっていると思われます。

先ずは、彼のブログが充実しており、そこから色々なものが売れていると思います。
また、彼の著書もそれなりに収入をもたらしているのではないでしょうか?

そして極めつけは、メディア出演で毎回それなりの額をもらっているように思います。

それがもとで、雑誌記事の執筆や講演などもして結構な収入になっているはずです。

ですから、年収1000万円はいっているように思います。

まとめ

松島和之は本当に食べものが好きなんですね!
とてもグルメです。

今までにもたくさんグルメはいました。
でも、ハンバーグをここまで知り尽くしたグルメはいなかったように思います。

ですからハンバーグのことを知りたいのであれば、
素直に彼のいうことを聞いてみてはいかがでしょうか?

きっと最高のハンバーグに出会えるかも知れません。

スポンサーリンク




おすすめの記事