オレたちひょうきん族って面白かったですね!
本当に笑いを追求した番組で、
日本中を爆笑の渦に陥れてくれました。

タケちゃんマン、アミダばばあなど、色々なキャラクターが登場しました。

もう、これ以上のお笑い番組はあったのかと思うくらい、
抱腹絶倒なお笑い番組でした!

ということで、今回はオレたちひょうきん族について迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







オレたちひょうきん族について

『オレたちひょうきん族』

オレたちひょうきんぞく

フジテレビ系列の番組で、
毎週土曜日20:00 - 20:54に放送されたお笑い番組でした。
1981年5月16日から1989年10月14日まで続きました。

これだけの歴史に残るお笑い番組を代表するような、
オレたちひょうきん族も、始まりは雨傘番組だったのです。

雨傘番組というのは、ナイター中継が雨で中止の時だけ放送されるものです。

雨傘番組として始まったのは1981年5月16日でした。
タイトルは『決定!土曜特集・オレたちひょうきん族』というものだったのです。
その後、徐々に評判をあげて、1981年10月10日に、
レギュラー番組となり、『オレたちひょうきん族』となったのです。

この番組は当時のフジテレビのキャッチフレーズであった、
「楽しくなければテレビじゃない」という考えで、
視聴率のノルマを廃止された制作者よりの番組でした。

さらに、出演者していた芸人や若手漫才師が乗っていた漫才ブームの勢いが
番組内にも持ち込まれた、怒涛の勢いがあった番組でした。

この2つの要素が相まって、ものすごい大きな笑いを作り出すことになったのです。

しかし、この番組が始まった当初、
裏番組にはあのお化け番組である『8時だョ!全員集合』が放送されていたのです。

雨傘番組時代のひょうきん族の視聴率は、当初8~10%前後となかなか振るいませんでした。
しかし、回を重ねるごとに徐々に視聴率を獲得していき、
そして遂に13.4%を記録したのです。

この13.4%をを記録したことにより、10月にレギュラー番組になったのです。

オレたちひょうきん族の視聴率

平均視聴率は17.8%
最高視聴率は1985年12月28日のスペシャル回での29.1%
通常回での最高視聴率は1986年2月15日の27.3%

そして歴史は1984年に訪れたのでした。
1984年度の年間平均視聴率がなんと19.5%を記録し、
なんとあのお化け番組だった「8時だョ!全員集合」の
年間平均視聴率18.2%を見事に抜き去ったのです!!

その後のひょうきん族は常に20%以上の視聴率を取るようになったのです。
そしてこの番組の最盛期は1985~1987年で、
「ひょうきん族」の独走状態が続いていたのでした。

しかし、86年には番組内でも大きな人気を誇っていたビートたけしが
不祥事を起こしたために出演回数が減ったり、
「全員集合」の後の裏番組「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」の猛チャージもあり、
ひょうきん族の視聴率はどんどん低下していったのです。

そして1988年に入ると「加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ」に逆転を許してしまい、
その後のひょうきん族の視聴率はどんどん下がっていったのでした。

そして遂に1989年10月14日に「オレたちひょうきん族」は、
雨傘番組時代も含めて、通算8年5ヶ月で番組終了となったのでした。

 

スポンサーリンク




たけしとさんまが語るひょうきん族終了の裏側

2018年10月15日放送のテレビ番組「1番だけが知っている」の中で、
明石家さんまがオレたちひょうきん族」が終わったワケを語りました。

それによると、番組後期になるとビートたけしが収録に来ないことが増えたそうです。

そのたけしの言い訳は、こうでした。

「お化けが出るんだよ」

当時40歳を過ぎていたたけしの言い訳としては、とてもおかしく、
やりたくなかったんだろうねと語っていました。

また、他の出演者のやる気もなくなってきて、
楽屋ではもっぱら株の話、国債の話、子供の将来の話などに話題が及んで、
以前のやる気は全くと言っていいほどなくなっていたようです。

そんな頃、当時のプロデューサーだった人物からこう言われたのです。

「さんまちゃん、どうする?さんまちゃんが最後を決めてくれたら?」

それに対してさんまは次のように言いました。

「みなこういう状態なんで、やめましょうか」

ひょきん族はいつか終わるものだと思っていたのですが、
その終わりを早めたのは自分だと言っていました。

また、ビートたけしはひょうきん族が終わった理由を
別な意味で明石家さんまにあると考えています。

それは、明石家さんまは劇薬だというのです。
さんまという劇薬のお陰で全員集合をやっつけたのが、
その劇薬のお陰で自分たちもやられてしまったというのです。

これはとてもビートたけしらしい、鋭い指摘ですね!

まとめ

ひょうきん族は素晴らしい番組でしたね!
こんなに笑える番組は、なかなか出てきません。

歴史にタラレバがないのは分かるのですが、
あのまま続いていたら、日本のお笑いの歴史がもっと違っていたのではと、
妄想を巡らせることは今でもあります。

スポンサーリンク







おすすめの記事