マリアンってとても人気ありましたよね。
キレイだったし色っぽかったしで、昭和の男性を虜にしていました。

そして、ちょっと気が強そうなところが、さらにかわいく見えました。

ということで、この記事ではあのマリアンについて見ていきましょう!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

マリアンのプロフィール

マリアン

1962年2月18日

フランス出身

国籍はアメリカ

170㎝

この美貌は凄いですね!
ほんとうに、ものすごいべっぴんさんです!

マリアンの父はアメリカ人で、母は日本人です。
学生の頃はロスで生活していたのですが、
1980年にスカウトされて資生堂のキャンペーンガールで、
日本の芸能界にデビューしました。

あの堀江しのぶとは大親友でしたが、
23歳という若さで堀江が永遠の旅立ちをした際には、隠すことなく大号泣しました。

しかし、あのデビ夫人とは犬猿の仲で知られています。
そして彼女のことを、「デビル夫人」と形容したことがあります。

主な出演作品

のン姉ちゃん・200W(1985年4月13日 - 1985年7月27日、日本テレビ系列) - カレン水島 役
必殺仕事人V・旋風編 第7話(1987年1月16日、ABC・松竹) - マリア 役
水戸黄門 第18部 第17話「暗雲払う破邪の剣 -平戸-」(1989年1月9日、TBS系列) - 彩慶 役
土曜ワイド劇場「弁護士・今田一平5」(1989年7月15日、朝日放送・テレビ朝日系列)

マリアンの子供や夫について

マリアンは1987年に結婚しています。
その相手は、実業家の佐藤友久という人物でした。

その結婚式の費用はなんと3億円という、とても豪華なもので、
当時はそのことでも大きな話題になりました。

佐藤友久との間には、3人の子供を授かりました。

しかし1998年にはマリアンと佐藤友久は別居になり、
しばらくして離婚という結果になったのです。

離婚の際5億円の慰謝料と、また月々の高額な養育費を請求したことで、
ワイドショーでも放送されて、大きな話題になりました。

ただ、この慰謝料請求の件で、マリアンのタレントとしてのイメージはがた落ちしています。

「金に汚い女」という評価になってしまったのです。

さらにその後は、息子の親権を巡って元夫と新たな争いになったという報道をされてしまったのです。

その報道の内容は、息子の親権を3億5千万円で元夫である、
佐藤友久に譲渡したというものだったのです。

そお報道でさらに彼女のイメージは悪くなったのですが、
この報道は事実無根のデマだったのです。
そのため、マリアンはその記事を書いた記者に、ビンタをしたと言われています。

上述のようにマリアンには3人の子供がいます。

長女のERICAと次女のAmiは日本でモデルの仕事をしています。
しかし、息子は一般人であるために、
彼に関する情報はほとんど出ていません。

 

スポンサーリンク




マリアンの再婚は?

マリアンは結婚してからしばらくはハワイに住んでいました。
しかし、娘二人が芸能活動をしていることから、
現在は日本に住んでいます。

ハワイ在住のころは恋人はいたようですが、現在は恋人もいないようです。

でも、まだまだこれだけの美貌があるので、
これからに期待できそうです。

マリアンの母の衝撃の事故について

実はマリアンの実の母は悲しい事故で亡くなっています。

それは1991年5月7日12時15分ごろのことでした。

マリアンの実母であるジーン・メイ・パットン(当時65歳)は、
マリアン夫婦が住む東京広尾のマンションの前に立っていたのです。

それは旦那の母親A(マリアンの義母)がこの日、
マリアンの実母を病院まで車で連れていくことになっていたのです。

マリアンの実母と義母は、食事に出かけたりおしゃべりをしたりするなど非常に仲が良かったのです。

この日も病院に行った後は、一緒にランチを食べる約束をしていたのです。

しかし、そこで思わぬ事態が発生したのです!!

詳細は省きますが、マリアンの義母が運転する車が、
間違って送迎を待っていたマリアンの実母を轢いてしまったのです。

この衝撃でマリアンの実母は帰らぬ人となってしまったのです。

言い換えれば、義母の車で実母が轢かれてしまったのでした。
マリアンは実母とはとても仲が良く、一卵性双生児とまで言われていました。

しかし、この相手が義母ということで、悔やむにも悔やみ切れないものでした。

まとめ

あの明るい笑顔のマリアンからは
想像もつかないようなことがあったんですね。

彼女も彼女なりにいろんなことを乗り越えてきたんですね。

だから今の彼女は、今までよりもっと違った魅力があるのかもしれません。

今後のマリアンに期待していきましょう!!

スポンサーリンク







おすすめの記事