アイマスクっていいですよね!
飛行機に乗った時なんかは、欠かせないっていう人も多いと思います。

 

それに結構、リラックスもできるし、コアなファンもとても多いです。

 

そこで今回のこの記事では、

・アイマスクの睡眠効果
・寝る時のデメリットは?
・小豆(あずき)入りの作り方についても!

といったことに迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

29人の購読者に加わりましょう

アイマスクの睡眠効果

悪い口コミ

よくわからなかった
アイマスクを使ってみたのですが、あまり違いが分かりませんでした。
そういうことで、私は使用をやめました。
何も感じられなかった
効果が感じられなかったです。
別に使っても使わなくても、同じだと思います。
だから、使いません。

 

効果が感じられなかったという人もいますね。
では、逆に効果があったという口コミも見ていきましょう。

 

良い口コミ

すぐに入眠

アイマスクを使うと、すぐに入眠できます。
これは本当に凄いアイテムです。

寝つきの悪い私には必需品です。

10分で寝れる!

アイマスクをつけると、10分で眠りにつけます。
これはいいですね。
それに目の疲れも取れて、気に入っています。
目のクマが取れた

アイマスクを毎日使っています。
目のクマが取れました。
やっぱり、リラックス効果が高いんだと思います。
家族ぐるみで使ってます

アイマスクをうちは家族全員で使ってます。
本当に素晴らしい商品なので、言うことありません。
やっぱり光を遮断するって効果ありますね!

 

・すぐに入眠
・10分で寝れる!
・目のクマが取れた
・家族ぐるみで使ってます

このようにしっかりと効果を感じている人もいます。
やはりそれなりの効果があるので、
アイマスクは世界中で幅広く愛用されているのだと思います。

合う人には絶大な効果が発揮されるみたいですね。

 

スポンサーリンク




寝る時のデメリットは?

アイマスクですが、これにデメリットはあるのでしょうか?
それを一緒に見ていきましょう。

その1 締め付けの強さ

最大のデメリットはやはり何と言っても、寝る時の締め付けの強さです。

特にサイズの合わないものを購入してしまうと、
その締め付けがひどくて、大変です。

これでは快眠どころか、大きな逆効果になってしまいます。

 

その2 熱がこもる

アイマスクは言い換えれば布を目にかぶせているわけです。
ですから、冬はいいかもしれませんが、
夏は熱がこもって寝付きにくいこともあります。

そういった場合には、軽く扇風機を付けて寝るというような、
工夫もできるかもしれません。

 

その3 ねぐせがついてしまう

アイマスクのバンドの部分で、後頭部などのねぐせがついてしまう可能性もあります。
それはその人のヘアスタイルにもよりますが、
ねぐせが付くこともあるので、留意しておきましょう。

 

 

ある程度何事にもデメリットは存在してしまいます。
サイズの合ったものを使うとか、部屋の温度を調節するとか、
しっかりと対策すれば、こういったデメリットも対策できるように思います。

 

小豆(あずき)入りの作り方についても!

小豆の入ったアイマスクは、眼精疲労によく効くことで有名ですね!
でも、結構作るのが難しそうだと思う人もいるかもしれませんので、
誰にでもできる簡単な作り方をご紹介いたします。

手順

その1 型紙(18 x 6)を半分に折る
その2 両端に曲線を描きそれになぞって切る
その3 綿100%のダブルガーゼに型紙を置き形を切り取る
その4 ガーゼを裏返す
その4 眼球の部分と端を縫う
その6 小豆をロートで入れていく
その7 入れ口を縫ってふさぐ

これで完成です。

レンジで温める時の注意点は、レンジ中央で平らにしておくことです。
500wのレンジの場合には、最初の10秒、
それから5秒と徐々に様子を見ながら温めていきます。

とてもカンタンにできるので、ぜひ挑戦してみてください。
あずき入りのアイマスクで、
パソコンやデスクワークで疲れた目をいたわってあげてください。

まとめ

アイマスクって、やっぱり良いものですね!

こうしてアイマスクについて知っていくと、
なんだか今夜はアイマスクを付けて寝てみたくなってきました。

もしかしたら、ものすごく快眠できて、
目覚めが素晴らしいかもしれませんよ!!

スポンサーリンク







おすすめの記事