氷室京介って本当にかっこいいですね!
そして彼の若い頃の伝説も凄いものがあります。

 

BOOWY時代からのファンであれば少しは聞いたことがあると思います。

歌だけじゃなくて、そんな彼の生き方も凄くかっこいいと思います。
でも、具体的に一体どんなことがあったのでしょうか?

 

そこでこの記事では、

・氷室京介の若い頃の喧嘩最強列伝とは?
・吉川晃司の布袋寅泰もヤバいと証言!

ということを中心に見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

14人の購読者に加わりましょう

喧嘩最強だった氷室京介

こちらが氷室さんの若い頃の写真です。

なんだかちょっとやばくて怖そうな感じですね。
地元でも、喧嘩が強い事で知れ渡っていたようです。
そんなやんちゃな人物が、
後に伝説的なミュージシャンになるとは、誰も思っていなかったでしょう。

 

吉川晃司がプロと認めたぐらい喧嘩強かった!

芸能界でも喧嘩がとても強い事で有名な吉川晃司ですが、
バラエティ番組で氷室京介の事を、「路上のプロ」と評したそうです。
氷室京介には色々武勇伝もあるようで、本当に強かったんですね。

 

布袋寅泰は学生時代、怖くて避けていた!

同じ地元で、バンドのメンバーだった布袋寅泰は、当時周りの人は氷室京介を避けて通っていた、
そして昔の氷室京介は、ただただ怖いイメージだったと語っています。
高校卒業後、氷室京介に電話で呼び出された時は、殴られると思ったそうです。
勿論殴る為に呼び出された訳ではなかったのですが、それ程怖かったという事ですね。

地元は群馬県倉賀野町、現在の高崎市

地元は群馬県倉賀野町、現在の高崎市

氷室京介は群馬県高崎市の出身で、倉賀野中学校に通いました。
小さい頃から絵を描くのが好きだったそうです。
実家は寺西精肉店を営んでいます。
父親も昔不良だったそうで、氷室京介は放任主義で育てられました。
警察に捕まっても、何も言われなかったそうです。

週刊誌フライデーに『前科がある』と掲載された

何度も警察に捕まった過去がある事から、ある日週刊誌に、
前科があって殺人を犯した事があるという記事を書かれてしまいました。
勿論これは嘘の記事だったのですが、氷室京介はこれを逆手にとってネタにし、
ライブのMCで「前科がある」と自己紹介していました。

 

スポンサーリンク




中学で先輩を倒して喧嘩に目覚める

改造した制服のズボンをはいていたら、
上級生に呼び出しを食らったのですが、氷室京介はそれを返り討ちにしてしまったのです。
それからは喧嘩に目覚めてしまい、高校入学後も、喧嘩ばかりしていました。
売られた喧嘩は必ず買う、というポリシーだったようで、皆から恐れられていました。
高校時代の写真ですが、皆さんなかなか強面ですね。

暴走族のメンバーだった!

中学の頃からバイクに乗っていたそうで、
高校生の時にブラックエンペラーの支部のメンバーになりました。
でも、組織の一人というのが性に合わなかったようで、すぐにやめました。

ブラックエンペラー

1960年末頃から1992年にかけて活動していた暴走族です。
1970年代に、マッドスペシャル、上町小次郎、
鬼面党と一緒に、関東連合という暴走族の連合体を作りました。
1970年末には2000人以上のメンバーがいました。
後に総本部を国立市から新宿へ移しました。
神奈川県、茨城県、静岡県、愛知県にも支部がありました。
世田谷区下北沢が1980年代には総本部でしたが、
1992年25代目総長を最後に、総本部は解散しました。

 

歌手じゃなかったらヤクザになっていたかも

Boowyのマネージャーの土屋さんはラジオ番組で、
氷室京介は音楽やっていなかったらヤクザになっていただろう、と語っています。
氷室京介もこの言葉は否定していません。
暴走族のメンバーになったり、喧嘩ばかりして警察に捕まったり、
社会の底辺にいた氷室が、音楽でのし上がっていく姿に大衆は惚れたのかもしてません。

まとめ

やっぱり氷室はかっこいいですね!

歌や見た目だけじゃなくて、
彼の信念を曲げない生き方もかっこいいです。

そんなところに多くのファンは惹かれているだと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事