オーガニック食品ってありますよね。
体には良いんだろうけど、確かに値段も高いし、
効果のほどってどうなんでしょうか?

 

本当に良いのであれば買ってもいいけど、
実際の違いってなかなか分かりにくいものですよね。

そこでスウェーデンで行われた実験があったのです。

そしてその結果は驚愕のものでした。

ということで今回は、オーガニックフードの効果について迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

オーガニック食品について

オーガニック食品は、世界各国で厳しい条件で生産されています。
そのために出生産量も限られて、高値段が高くなるのも事実です。

日本においては「有機JASマーク」が農産物加工食品や農産物の
オーガニックを証明するものになっています。
この有機JASマークをつけることは簡単ではなく、
JAS規格に則った生産が行われていると認められた
生産者だけがこのマークを貼ることができるのです。

オーガニック食品の効果は?

これだけオーガニック食品の重要性が叫ばれている中で、
その効果ってなかなか分かりにくいものですよね。

確かに、食べていい感じはしますが、即効性のあるものではありません。

ハッキリ言って、なかなか感じられないというのが本音だと思います。

しかしそれをスウェーデンのある食品会社が実験を行ったのです。
それはスウェーデンのスーパーマーケットチェーンのCOOP(クープ)という会社です。

これはオーガニック栽培を長きに渡ってサポートしたいという思いからでした。

そこで一つの家庭が選ばれたのです。
それは両親と子供たち3人の一般的な家庭でした。

Mats、Anetta夫婦と、
長女のVendela、次女のEvelinaと末子で長男のCharlieでした。

この家庭ではオーガニック食品を食べる習慣がありませんでした。
それは一家5人といういう現代では大きな家族になるために、
経済的に余裕がないという理由からでした。

この実験を担当したのは、Jörgen Magnérです。

実験に当たって、家族全員の尿検査が行われました。

その結果を見ると、この家族の体内からは
殺虫剤や殺菌剤、成長促進剤など化学物質が検出されたのです。

これを目の当たりにした家族は、愕然とした表情を浮かべていたのです。

 

スポンサーリンク




2週間にわたるオーガニック食品だけでの実験

この実験はその後2週間にわたって、オーガニック食品だけを摂るというものでした。

この家庭の食品棚にあった食品は、全てオーガニック食品に取り換えられたのです。

この2週間、家族はきちんとオーガニック食品だけを食べてもらいました。
そして再び家族全員の尿検査が行われたのです。

分析の結果、この家族の体内からはほとんどの化学物質が消えていたのです。

 

この結果に、担当したJörgen Magnérも驚きを隠せませんでした。
それは、それはたった2週間という短い間に、
この家族の体の中から、大幅に化学物質が消えていたのです。

しかもこれは実験を始めた初日には、すでにその違いが分かるようになっていたのです。

ということで、今後もっと長期間にわたって実験を行えたら、
さらに興味深い結果を得られるのではと考えています。

特に興味深ったのが、子供たちの体から
大人よりも効率よく殺虫剤が減少していたことです。

実験を終えた家族の感想

この実験結果を受けて、母であるAnettaは、
もう、普通の食生活に戻りたくないと述べています。

家族を食の危険から絶対に守りたいと考えているからです。

まとめ

このようにしっかりと実験結果が出ると納得できますね。

やっぱりオーガニック食品は体に気がするだけでなく、
本当に良いということが 証明されて、本当にうれしく思います。

これからも、オーガニック農業をしている生産者の方には、
ずっと継続していってほしいですね!

このような実験結果が出ると本当に励みになります。

スポンサーリンク







おすすめの記事