天海祐希ってキレイですよね!
素晴らしい女優で、とにかくかっこいい。

女性でもかっこいいという形容詞がとても似合うスターです。

その素晴らしいルックスと演技力で、
宝塚時代には様々な伝説を作ったみたいです。

ということで、今回は天海祐希について迫ってみましょう。

 

スポンサーリンク







天海祐希のプロフィール

天海祐希

あまみ ゆうき

 

本名 中野 祐里

なかの ゆり

1967年8月8日生まれ

東京都出身

171㎝

O型

宝塚出身

やっぱりカッコよかったですね!
これなら宝塚の俳優としてとして絶対に人気が出ます。

本当に男役が似合いますね。

天海祐希はあるいみ子供のころから女優を目指していたようです。
そこで、中学で演劇部に入ったのです。

そして2年生になると、宝塚ファンだった当時の担任に勧められて、
天海祐希も宝塚歌劇団に入りたいと思うようになったのです。

そして高校生になると、宝塚音楽学校の受験へ向けて本腰を入れます。
「大滝愛子バレエ・アート」でバレエや宝塚合格へ向けて、色々なことを学び始めたのでした。

芸名に関しては、父親と色々と相談したようです。
ただそこには3つの条件があったようです。

条件1 「希」という字を使うこと
条件2 本名から1字取ること
条件3 姓名判断で強運と言われた本名と同じ画数

この3つの条件から、「天海祐希」「木条祐希」の2つの候補に絞られました。
そこで男役らしい「木条祐希」という名前を選ぼうとしたのですが、
副校長が「天海祐希」のほうがスケールが大きいという助言で
現在の「天海祐希」を選択したのでした。

そこから天海祐希は多くの伝説を作っていくことになるのです。

主な作品

舞台

『ロミオとジュリエット』
『ベルサイユのばら -オスカル編』
『風と共に去りぬ』
『ミー・アンド・マイガール』
『オケピ!』

ドラマ

『離婚弁護士』
『女王の教室』
『トップキャスター』
『Around40〜注文の多いオンナたち〜』
『BOSS』など

映画

『クリスマス黙示録』
『バッテリー』

天海祐希の宝塚時代の伝説について

伝説1 宝塚音楽学校を首席で卒業

宝塚歌劇団に入団する前段階として、
宝塚音楽学校を卒業する必要があります。

この学校を卒業した人だけが、宝塚の舞台に立てるという段階があるのです。

宝塚音楽学校ではとても厳しい教育があるのですが、
卒業するときの席次はその人のステータスとして永遠に残るのだそうです。

天海祐希の音楽学校卒業時の席次というのが、
実はその学年トップの首席だったのです。

ここを首席でというのは相当難しいことだと思いますが、
天海祐希は入学したてのころから群を抜いていたようです。

一人だけ他よりも圧倒的に飛びぬけていたと言います。

そして音楽学校の先生が天海祐希の母親に
「よくぞこんな素晴らしい娘さんを産んでくださいました」といったそうです。

もう、才能の塊みたいな人ですね!!

 

伝説2 入団10か月で新人公演の主役に抜擢

宝塚の新人公演というのは本公演と同じ内容のものを、
入団1年目から7年目までの新人だけでやる公演のことを言います。

その中でも入団1年目の超新人が主役に抜擢されることは
本当に、本当に珍しいことなのです。

その筋にいないと判断された人などは、主役や準主役など、
一度も抜擢されないこともあるのです。

ですから入団10か月での抜擢は、とにかく異例中の異例で、
この時初めて天海祐希を見た上級生は「誰?」といったくらいです。

ここからトップスターになて、異例の大出世を見せたのでした。

伝説3 トップに上り詰めるのも早かったが去るのも早い

天海祐希の出世のスピードは驚異的なものでした。

天海祐希が月組のトップスターになったのは、
初舞台から6年半後というまさに音速での出世でした。

このトップスター就任は、当時かなりの話題になったのです。

しかし、彼女が起こした話題はそれだけではないのです。
なんとトップスターになってから僅か2年で、あっさりと宝塚を退団してしまったのです。

上述したように、一生トップスターになれない人もいるのですが、
天海祐希は入団早々に新人公演で主役を演じて、
そしてトップスターにやり、そして退団と、全てが音速でした。

また、その潔さが天海祐希らしくてとてもかっこいいですね!!

 

スポンサーリンク




天海祐希は結婚しているの?

天海祐希は結婚していません。

そして全く結婚する気はないみたいです。

これまでにも結婚しないことをはっきりと公言しています。

2016年のモントリオール世界映画祭では、

「結婚する気は、1ミクロンもありません。」
「相手もいません。」
「仕事で疑似体験させてもらっているから必要ない」

などとはっきりと宣言しています。

その後には、
『天海祐希・石田ゆり子のスナックあけぼの橋』というバラエティー番組で
バナナマンの設楽統が「結婚観について聞いていいですか?」と、
天海祐希に聞いたところ、

「結婚する気は全くございません」

と再び独身宣言をテレビの前でしていたのでした。

このようにテレビや公の場で何度も独身宣言をしていることから、
一生結婚する気はないようです。

吉川晃司との関係は

天海祐希の昔の彼氏の一人が、ミュージシャンの吉川晃司です。
二人の交際期間は2003年から2007年と言われています。

当時の天海祐希も吉川晃司も、堂々二人の交際を宣言していました。

天海祐希は吉川のことをだとベタ褒めして、
「サムライのような人」と形容していました。

吉川は既に天海祐希の両親に会っており、2人は結婚が近いと言われていたのです。

しかし、2人の間に亀裂が生じる出来事があったのです。
それは共通の知人の冠婚葬祭の件で、
天海祐希がそういったことよりも仕事を優先させたことが原因でした。

こういったことがきっかけで、徐々に2人の関係はうまくいかなくなり、破局してしまったのです。

交際期間は約3年以上で、結婚も差し迫っていると
言われていたので、2人の破局は衝撃的でした。

これ以外にも、破局の原因は二人がお互いに二股をかけていたと言った噂もあります。

まとめ

やっぱり天海祐希って、きれいでかっこいいですね!

きれいとか美人と言える女優はたくさんいますが、
かっこいいという形容詞の着く女優はあまりいないと思います。

だからやっぱり天海祐希は凄いんです。
天賦の才能の持ち主なんです。

これからも思う存分彼女の才能を発揮して、
多くの伝説を作っていって欲しいですね。

ハリウッドに進出したり、今後も更なる飛躍を期待しています。

スポンサーリンク







おすすめの記事