古手川祐子ってきれいでしたよね!

本当に品があって、素晴らしい女優でした。
それにとても着物がよく似合っていた印象があります。

間違いなく昭和女優の代表です。
しっとりと穏やかで、美しい女優です。

見ていて、飽きない美しさです。

ということで今回は、古手川祐子について詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

古手川祐子のプロフィール

古手川 祐子
こてがわ ゆうこ

1959年7月16日生まれ

大分県出身

158㎝

B型

配偶者  田中健(1986 - 1999年)

古手川祐子が芸能界入りするきっかけは、
三浦友和の相手役を選ぶという、「ミス・サラダガール・コンテスト」でした。

このコンテストは、1976年8月2日にカネボウ化粧品と東宝との共催で開催されました。

全国大会において古手川祐子が1位を獲得し、
見事、東宝芸能へ入社したのです。
ちなみにこの時の2位は名取裕子でした。

それから古手川祐子はカネボウのCMに出演しました。
また、三浦友和が主演する『星と嵐』で映画デビューも果たしたのです。

そして1977年には『幕末未来人』に出演して更なる人気を獲得したのです。

その頃から徐々にアイドル的人気から「清純派」で、
かつ美人本格派女優として認知されるようになっていったのです。

それも彼女の素晴らしい演技力がそうさせたのでした。

またCMでは長年に渡って、
『はごろもフーズ』のイメージキャラクターとして出演していたのです。

主な作品

テレビドラマ

『幕末未来人』
『峠の群像』
『炎立つ (NHK大河ドラマ)』
『ゲゲゲの女房』
音の犯罪捜査官・響奈津子

映画

『あゝ野麦峠 (1979年の映画)』
『細雪』

『細雪』を無料で視聴する方法

古手川祐子の映画で一番印象に残っているのが、
この『細雪』かもしれません。
岸恵子、佐久間良子、吉永小百合、古手川祐子といった
豪華4大女優が主役を張っているのは凄いものです。

U-NEXTは無料トライアル期間が31日間設定されており、
この期間に解約をすれば料金は一切かかりません。

古手川祐子の現在は?

ここ数年、古手川祐子は体重が少し増えてしまったようです。
でも、それは人間ですから致し方ありませんね。

ではここ数年のドラマ出演を見てみましょう。

「そんじょそこら商店街」(2014年)
「ゆとりですがなにか」(2016年)

それ以外はドラマに出演していません。
そして2017年以降は全くメディアにすら出ていない状況です。
とても心配ですね。

なにかお母さん役などで、ドラマ出演してほしいのですが。

また戻ってきて、彼女の確かな演技を見せて欲しいと思います。
だって本当にうまい女優なのですから。

 

スポンサーリンク




古手川祐子の娘は誰?

古手川祐子は元夫の田中健との間に、娘一人をもうけています。

1987年に誕生した彩那(あやな)と言います。

かなりの美人で、どちらかというと田中健の顔に近いのではないでしょうか?
彩那(あやな)は母である古手川祐子と同じ事務所に所属して、
着実に女優活動をしています。

まだ独身で、キャリアに専念しているようです。

趣味はアニメ、ゲーム、コスプレなんだそうです。
きっとすごくクリエイティブな頭脳の持ち主なんだと思います。
その才能を今後、もっともっと発揮していって欲しいですね!

古手川祐子の妹は誰?

古手川 伸子

こてがわ のぶこ

1962年3月22日生まれ

短大を卒業した後、2年間のOL生活を送っていました。
しかし姉の古手川祐子と同じ芸能の道を志し1984年3月に退社しました。
それから古手川祐子のマネージャーのように、
身の回りの世話をしながら、色々なオーディションを受けていたのです。

そして1984年3月のフジテレビで生放送された、
「オリンピックを100倍楽しむ法」で遂に海外リポーターとしてデビューしたのです。

その後も他の番組でリポーターを務めました。

そして遂に1986年に日本テレビ「妻たちの課外授業II」で女優デビューしたのです。
その後は舞台「京都物語」や「真砂屋お峰」などに出演して
女優としての地位を着実に築いていったのです。

この後も女優としてもっと大活躍していって惜しかったのですが、
1995年に芸能界を引退してしまいました。

元旦那の田中健とASKAとの関係は?

古手川祐子は1986年に俳優の田中健と結婚をしています。
1980年放送のドラマ、「夜の傾斜」で共演したのがきっかけで、二人は知合いました。

その6年後の1986年にめでたく結婚しました。

彼は俳優としての顔を持つだけでなく、ケーナという楽器の奏者でもあるのです。
コンサートなども開催するくらいの実力の持ち主です。

そんな幸せに見えた二人ですが、1999年に離婚しました。

離婚理由その1 古手川祐子が女優を優先

その理由は、古手川祐子は結婚後、妊娠、出産を経てすぐに女優に復帰したのです。
家事は夫である田中健と両親にまかせっきりになってしまったのでした。

それを見ていた古手川祐子の父は、男が家にいることをよしとしない年代だったので、
田中健のことをよく思わなくなっていったのでした。
そして田中健と古手川祐子の父との関係は徐々に悪化していったのです。

 

離婚理由その2 古手川祐子とASKAとの関係

また一時期、古手川祐子はASKAと関係があたとも噂されていました。
ASKAが古手川祐子のアルバムに、曲を提供したのがきっかけだったと言わています。

古手川祐子はASKA会という会を立ち上げて、定期的に飲み会を行っていたのです。

このように、古手川祐子がASKAと親密な関係になったことも離婚の原因と言われています。

 

ただ、田中健は離婚から1年後の2000年に、
あの女優加賀まりこの姪に当たる女性と結婚しています。

まとめ

古手川祐子は素晴らしい女優です。
本物の演技ができる本格派女優です。

だからこそまたあの素晴らしい演技を我々に見せて欲しいと思います。
まだまだ、大きな飛躍ができる可能性も秘めています。

今後の古手川祐子にさらなる飛躍を期待したいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事