田中好子って本当に素晴らしい歌手でしたよね!
キャンディーズを卒業してからは本当に素晴らしい、
日本を代表する女優になったと思います。

そして早すぎる死が、私たちを大きな悲しみに包みました。

彼女がいてくれたからこそ、ドラマや映画で感動できた。
本当はもっと生きて、私たちを楽しませてほしかったです。

彼女の演技がもっと見たかったです。

ということで今回は、田中好子について迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

田中好子のプロフィール

田中 好子
たなか よしこ

本名は小達好子
おだて よしこ

ニックネーム スーちゃん

1956年4月8日
2011年4月21日(55歳没)

東京都出身
A型

155㎝

可愛い人でしたね!
とってもキュートです。

田中好子は幼いころから芸能に興味を持っていました。
歌唱力はデビュー当時から凄かったのです。
それもそのはず、小学校4年生の時にはすでに、町の民謡研究会に所属して、
民謡を練習していたのです。

その民謡研究会の発表会で「ソーラン節」を歌い、
それは素晴らしい歌声だったようです。

この時すでに、才能の片鱗をうかがわせていたと言います。

そして1969年には東京音楽学院に入り、スクールメイツのメンバーに選ばれたのでした。
あの田中好子がスクールメイツ出身というのはちょっと意外な感じがしますね。

そしてキャンディーズとして1973年にデビューして、
その後は日本中を席巻することになったのでした。

ニックネームのスーちゃんというのは、
好子の「好」から派生して、スーちゃんとなったのでした。

しかし1978年にキャンディーズは解散しました。

そして1980年に芸能界に復帰して、ソロ歌手として活躍しました。
その後は本格的な女優としてテレビや映画に引っ張りだこになっていったのです。

主な作品

テレビドラマ

『虹子の冒険』
『おしん』
『家なき子』
『大地の子』
『神様、もう少しだけ』
『ちゅらさん』シリーズ

映画

『黒い雨』
『鉄道員(ぽっぽや)』
『リング0 バースデイ』

女優になってからはとっても品のある、そして着物も似合う人になりました。

田中好子の夫は?

田中好子の夫は小達一雄という人です。
彼はあの大女優、夏目雅子の実の兄になります。

ですから、夏目雅子は田中好子の義理の姉妹ということになります。

田中好子と夏目雅子の関係は?

田中好子と夏目雅子は大親友だったそうです。
田中好子が小達一雄氏に会うために小達家に行った際に、夏目雅子と出会いました。

何度か会っていると仲が良くなり、最後には大親友になったようです。

田中好子はとても面倒見の良い女性だったので、
きっと夏目雅子のことも実の妹のように可愛がっていたのでしょう。

そして芸能界のことも語り合える、数少ない貴重な存在だったようです。

 

スポンサーリンク




長い闘病生活

皮肉なことに、結婚した翌年の1992年には、
既に乳がんが見つかっていたのです。

それが幾度か再発しては治療を繰り返していたのです。

早期発見をされていたので、
ガンのことは隠しながら芸能活動を行っていたのです。

こういったことはずっと隠されていて、
この事実が明かされたのも、田中好子が亡くなった後の記者会見で、
ようやく夫の小達一雄から語られたものでした。

闘病の事実は近しい家族にだけ明かされていて、
キャンディーズで一緒だった伊藤蘭、藤村美樹に伝えられたのも、
田中がこの世を去る約3年前だったと言います。

そして2011年4月22日に、19年にわたる闘病生活の末に、
田中好子はこの世を去ってしまったのです。
とてももったいない、早すぎる死でした。

日本の宝を失ってしまったという喪失感を私たちは覚えました。

田中好子の最後のメッセージ、最後の言葉

2011年3月14日に夫の小達一雄がと余命の可能性を伝えたところ、
夫とマネージャー立会いで最後のたメッセージ、
最後の言葉が病室で録音されました。

きょうは3月29日、東日本大震災から2週間が経ちました。
被災された皆様のことを思うと、心が破裂するような……、
ご冥福をお祈りするばかりです。
わたしも一生懸命病気と闘ってきましたが、もしかすると負けてしまうかもしれません。
その時は必ず天国で、被災された方のお役にたちたい……。

きょうお集りいただいている皆様にお礼を伝えたくて、このテープを託します

キャンディーズでデビューして以来、本当に長い間お世話になりました。
幸せな幸せな人生でした。心の底から感謝しています。
とくにランさん、 ミキさん、ありがとう。
2人が大好きでした。
映画にもっとでたかった。テレビでももっと演じたかった。
もっともっと女優を続けたかった。
お礼の言葉をいつまでも皆様に伝えたいのですが、 息苦しくなってきました。
いつの日か、妹夏目雅子のように、支えてくださった皆様に、
社会に少しでも恩返しができるように、復活したいと思っています。

まとめ

 

とにかく彼女は素晴らしい歌手で、素晴らしい女優でした。

筆者も個人的に彼女のファンで、
キャンディーズ時代から色々と映像を見ていきています。

やっぱり一番のお気に入りは、『春一番』ですね!

それからNHKどらまの『おしん』での名演技も忘れられません。
たくさんのドラマに出て、たくさんの名演技を見せてくれました。

これからも田中好子の出演作品をたくさん見ていこうと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事