笑っていいともって国民的な番組でしたね!
日本のお茶の間を大いに笑わせてくれた番組とで、
みんな見ていたといっても過言ではありません。

本当に素晴らしい番組でした。
タモリの安定感のある司会以外にも、
色々なゲストが登場して、楽しませてくれました。

といった訳で今日は、笑っていいともに迫っていきます。

 

スポンサーリンク







笑っていいともについて

笑っていいともの正式名称は『森田一義アワー 笑っていいとも!』

1982年(昭和57年)10月4日から2014年(平成26年)3月31日まで、
31年半にわたって続いたモンスター番組でした。

放送の時間帯は毎週月曜日から金曜日までの12:00 - 13:00でした。

タモリの冠番組で、『タモリ倶楽部』の次の長寿番組でした。

1982年10月4日に『笑ってる場合ですよ!』の後の番組とし放送が開始されました。
また、1982年10月24日(日曜日)には、
毎週日曜日放送の『笑っていいとも!増刊号』がスタートしました。

全番組の『笑ってる場合ですよ!』では、
当時人気があったお笑いタレントが勢ぞろいしていました。

しかし、笑っていいともでは、当時は深夜といういイメージが強かったタモリが、
なんと昼の番組の司会に大抜擢されてたのです。
こういった事情で、視聴率的には低迷すると予想されており、
タモリ自身も半年持てばいいと予想していたのです。

しかし、番組が始まって半年も経たないうちにどんどん人気が上がっていったのです。
平日の12時台という時間帯の年間平均視聴率では、
1989年の調査開始から2013年までの25年間、
ずっと1位を獲得し続けたというものすごい記録を持っています。

ギネス世界記録に認定

2002年4月5日、放送開始5000回目達成記念に森田一義(タモリ)が
単独司会者による生放送の長寿記録として、2003年版のギネス世界記録に認定され、
2015年現在においても掲載されている(番組自体が申請した)。
2014年3月31日(最終回)では、放送開始通算8054回という放送回数により、
森田一義(タモリ)が「生放送バラエティー番組 単独司会最多記録」(記録更新=8001回)、
当番組が「生放送バラエティー番組放送回数最多記録」にそれぞれ認定され、
番組エンディング内で認定式が行われた。

 

スポンサーリンク




笑っていいともに不審者の乱入事件とは?

実は、非常に衝撃的な不審者乱入事件がありました!

これは1983年12月1日の放送で起こったハプニングで、
名物コーナーテレフォンショッキング直前に謎の男がスーッと入ってきて、タモリの横に座ったのです。
最初にタモリはどう対応していいのか分からず、
半分戸惑いながらも、対応していました。

そしてそれをおかしいと思ったスタッフが駆け寄ってきて、
男を取り押さえて連れ出したのです。

 

タモリ「しゃべったことある?あれ、ん、ん??何しゃべるの?」

スタッフ「すいません」

不審者「いいんだよ」

スタッフ「すいません」

不審者「いいんだよ!!」

 

そして会場もこれが完全な不審者の乱入であったと気づき、
悲鳴があがり、場内騒然となったのです。

カメラはその不審者の男をできるだけ映さないようにして、
タモリを中心にカメラワークをしていたのです。

男は後にこの乱入の理由を、
「芥川賞の選考結果」について意見を述べるために乱入したと説明したそうです。

そしてこれ以降、スタジオの警備が一層強化されることになったのです。

笑っていいとものその他の放送事故について

矢田亜希子

女優の矢田亜希子はタモリと話が色々と盛り上がりました。
そしてとうとう、友達紹介の時間になったのです。
そして矢田希子は「友達ではないのですが、大先輩の女優さんで大竹しのぶさんを」
と言って電話口で大竹しのぶに挨拶したのです。

その一言が、「初めまして、矢田亜希子と申します。」

友達の輪なのに、面識さえなかったの!!!

 

やらせ子役

子供が夢を語る「ドリームズカムチャイルド」という素人参加型コーナーがありました。

そこに登場した4歳の女の子が「キリンプロの〇〇です」と
自分が所属する子役事務所の名前を言いながら、自己紹介したのです。

タモリは「キリンプロ」がよく聞き取れず、「キンプラってなんだ?」とその子供に聞くと、
その前に登場した子供が急にこう言ったのです。

「キリンプロっていうのは、レッスンのこと。〇〇ちゃんのお母さんが言っちゃダメって言ってる

子役で売れたい親が、この子を番組に出演させたようですね。

 

間違い電話をかけた

これは1984年4月23日の放送でした。
泰葉が友達を紹介するために電話をかけたのですが、
これが番号を間違えたらしく、普通の一般の人の家にかかってしまったのです。

そしてタモリが電話に代わって、その一般の主婦の人と次のような会話をしたのです。

タモリ「笑っていいともなんですが、明日来てくれるかな?」

主婦「いいとも!!」

このハプニングにうまく乗ったタモリは、会場と視聴者の大きな笑いを誘ったのでした。

まとめ

笑っていいともは本当に素晴らしい番組でした。
そして長かった分、本当に色々あったんだと思います。

でも、とにかく日本のお昼を笑いの渦に巻きこんでくれた、
本当に素晴らしいテレビ番組でした!

だから終わったことは悔やまれ、
復活待望論が絶えないのも事実です。

特番でもいいので、是非また笑っていいともを見てみたいですね!

スポンサーリンク







おすすめの記事