ねるとん紅鯨団って人気ありましたよね。

今でいう婚活パーティーと言ってよいのでしょう。
毎週土曜夜の11時という時間帯ながら、
かなりの高視聴率だったらしいですよ。

筆者も子供ながらに毎週絶対に見ていました。
そして次の週の学校での話題は必ずねるとんでした。

懐かしい番組ですね。

といった訳で今日は、ねるとん紅鯨団に迫っていきます。

 

スポンサーリンク







ねるとん紅鯨団について

『ねるとん紅鯨団』はフジテレビ系列で
1987年10月3日から1994年12月24日まで、
毎週土曜日の夜11時から放送されていたお見合い系のバラエティ番組である。

司会はとんねるずが担当していて、ゼネラルディレクターはテリー伊藤。

この「ねるとん紅鯨団」という番組のタイトルはちょっと不思議ですね。
この番組タイトルになった理由は、片岡鶴太郎が司会を務めていた
前番組『上海紅鯨団が行く』のタイトルの一部だった「紅鯨団」と、
とんねるずの倒語である「ねるとん」を組み合わせたものなのです。

「ねるとん紅鯨団」の放送開始当初の20回くらいは、
『上海紅鯨団が行く』の内容を引き継ぎ、
毎回のように放送の内容が異なっていたのですが、
とんねるずが司会をした時の集団見合い企画が好評だったので、
途中から集団お見合いになったのです。

この番組は大人気番組となり番組全体の平均視聴率17.3%、
最高平均視聴率24.7%という数字を叩き出して、
土曜日の午後11時という深夜枠ながら常に高い視聴率をマークしていました。

そしてこの「ねるとん」という言葉は集団見合パーティーの代名詞にもなったほどでした。

また、この番組のナレーションにもちょっとした逸話がありました。

この番組のナレーションは3人が務めました。
皆口裕子(初代)、浅木舞(二代目)、橋本由香(三代目)といった面々です。

この番組の趣旨は、すれていない若者の視聴者参加番組ということが一番の趣旨であったために、
ナレーションもできるだけ素人臭い人にしたいということで、
オーディションで一番下手だった女性が選ばれていたのです。

 

スポンサーリンク




「ねるとんの中森明菜事件」とは

 

実はあの大人気番組だったねるとんに、中森明菜が出演した時の事件があるのです。

これは1988年から1989年にかけて起きた誘拐事件と関連するものなのです。
あの当時はこの連続誘拐事件が起こり、
その事件が世間を騒がせていた当時のことで、犯人はまだ捕まっていませんでした。

 

時は1989年6月17日の放送で、ゲストは中森明菜でした。

実はこの日に放送されたねるとんにて、
画像が大きく乱れる放送事故が発生したのです。

 

そのために番組は途切れ途切れになり、
まともに見ることができない状況になってしまったのです。

そして大きく乱れていた画像が戻った時に、
ようやくスタジオの中が映し出されたのです。

そこでは、とんねるずの石橋が、この放送回のゲストだった中森明菜と
いつもながらのやり取りをしていたのです。

そして理想の男性のタイプなどを聞いたのです。

 

石橋貴明「あの、明菜さん、理想の男性のタイプは?」
中森明菜「あの、ミヤザキツトムさんです!」
石橋貴明「??え、(俳優の)山崎努の間違いじゃないんですか?」
中森明菜「あ、なんでだろう、ミヤザキツトムって...」

 

このような一幕があったのです。
後日フジテレビはこの画像が乱れるという放送事故を謝罪したのですが、
それまた数日後に、緊急ニュース速報が流れました。

さらにここからしばらくして急展開があったのです。
それからしばらくして、日本全国に緊急速報が流れたのですが、
その内容とは世間を騒がしていたあの誘拐犯が逮捕されたというものでした。

この速報に日本中は釘付けになったのですが、
なんとその犯人の名前はなんと「宮崎勤」という名前だったのです。

だからあの日の中森明菜が言い間違えた、「ミヤザキツトム」という名前だったのです。

これは現在では都市伝説と化しており、
放送事故が犯人逮捕を予告したと言われているのです。

この画像が乱れる放送事故も事実で、
1989年6月18日の読売新聞や他の新聞でも報道されたほどです。
当時を伝えた新聞によると、ねるとんの放送中に
約10分ほど映像と音声が乱れる事故が発生たとのこと。
その原因は、電波を出している関西テレビのプログラムが異常をきたしたということでした。

まとめ

このねるとんの放送回はとても波乱に満ちていましたね。

先ず、のっけから画像が乱れる放送事故。
そして中森明菜があの名前を口走ってしまうということ。

なにかただならぬ事態に満ち溢れていたのは事実です。
波乱に満ちた放送ですね。

なにか大きな力が中森明菜の口を使って、
何かを言わせたとも考えられるとても不思議な放送だと考えられます。

スポンサーリンク







おすすめの記事