大谷義夫という医師を知っていますか?

彼は本当に素晴らしい医師なんです。

そして彼の活躍は実際の医療現場だけにとどまらず、
本の執筆やテレビにまで及んでいます。

 

大谷義夫ってどんな人なのかが気になりますよね!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

大谷義夫のプロフィール

大谷義夫

1963年10月21日生まれ

東京都出身

群馬大学医学部卒業

九段坂病院内科医長

東京医科歯科大学呼吸器内科医局長

池袋大谷クリニックを開院(2009年)

 

素晴らしい経歴ですね!

まさに人生の成功者と言えると思います。

ただ、高校や身長に関しては情報がありませんでした。

 

池袋大谷クリニック

上述のように2009年に自分のクリニックを開院しています。

このクリニックには、呼吸器科、アレルギー科、ないか、咳喘息外来、
睡眠無呼吸外来、禁煙外来があります。

基本的に大谷医師は呼吸を専門にした医師なので、
呼吸に関するクリニックになっています。

 

池袋大谷クリニック

東京都豊島区西池袋1-39-4 第一大谷ビル1F
TEL.03-3986-0337
FAX.03-3986-0347

 

午前  9:30 - 13:00
午後  15:00 - 19:00

土曜日 10:00 - 14:00

休診 水曜日午前、日曜、祝日

 

 

 

院長あいさつ

東京医科歯科大学 第一内科、呼吸器内科、
睡眠制御学講座において、21年間にわたり、
内科疾患・呼吸器疾患・アレルギー疾患・睡眠医療に従事してまいりましたが、
この度、池袋駅西口から徒歩2分の地にクリニックを開設させていただきました。

これまでの診療経験を生かし、皆様とのふれあいを大切にし、
気軽にご来院いただき、不安な気持ちを解消できる、
そして患者様の健康を維持するために、お役に立てるクリニックを目指して参ります。
今後とも末永く宜しくお願い申し上げます。

(池袋大谷クリニック院長:大谷義夫)

 

書籍

これまでに大谷医師は多くの本を出版しています。

最新のものは『医師が教える「1日3分音読」で若くなる!』という本です。

本の概要

老化の現れは、足腰などの目に見える部分だけではありません。
歳を重ねるごとに声にも変化が訪れます。

 

声がだんだんとかすれてきたり、弱々しい声になってきたりと。
声をながく出し続けられない――いわゆる「声老け」というものです。

この声の老化は、喉や肺の老化と関連しているのです。
声を支えていのど・肺の筋肉が衰えてくると、声が老化してくるのです。

そこでよいのが音読なのです。

音読することによって、声・のど・肺をカンタンに鍛えることができるのです。
このところ話題となっている、誤嚥性肺炎を予防するにも最適なのです。

1回1分×朝昼晩3回の音読することによって、若さと健康を保つことが可能です!

本のレビュー

普通、男性は女性と比べて口数が少なく、
特に定年してからはおしゃべりが極端に少なくなるのです。

こうなってくると声帯を使わないから、のどがどんどんと弱ってきます。
そうなると風邪やインフルエンザに罹りやすくなるのです。
そして誤嚥性肺炎にも罹りやすくなるのです。

大谷医師はのどには、免疫の最初の関門として大切な使命があり、
口呼吸をするとそれがダメになってしまうと言っています。

声を出して喉を鍛えることがこんなに効果があるとは知りませんでした。

多くのテレビ出演

本当に大活躍ですね!
凄すぎます。

 

スポンサーリンク




大谷医師の家族は

大谷医師は結婚しているのでしょうか?
色々と探してみたのですが、結婚に関する記述は一切見当たりませんでした。

よって、子供がいるのかどうかもわかりませんでした。
しかし、年齢から考えると、
結婚して子供がいてもおかしくない年齢だと思われます。

大谷医師の収入は

自分で開業をしているこの大谷医師です。
素晴らしく成功した人生であると思われます。

そうなってくると、彼の年収などが気になりますよね。

そこで、開業医がどれくらい稼いでいるのかを見ていきましょう。

東洋経済オンラインによると、
開業医は勤務医の1.7倍の収入になっていると言われています。

 

勤務医の平均年収は1479万円であるのに対して、
開業医の平均年収は2500万円となっています。

 

ただ、大谷医師の場合には本業以外にも、
本の執筆やテレビ出演、それに講演などもありますので、
そういったものを加えると年収4000万くらいはいっているのではないでしょうか?

羨ましい限りですね!

まとめ

大谷医師って素晴らしい医師です。

今までに音読の大切さなど、あまり知らなかったことを
私たちに教えてくれましたからね。

 

これからも日本の呼吸器系を引っ張る第一人者として、
頑張っていって欲しいですね!!

スポンサーリンク







おすすめの記事