卵って我々の生活には欠かせない食品です。

昔は巨人、大鵬、玉子焼きと言われるくらいのご馳走だったのです。
そんな卵ですが、どんな栄養素が含まれているのでしょうか。

すっごく気になりますよね。
そこでこの記事では、卵について調べてみました。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

55人の購読者に加わりましょう

卵にはメリットがいっぱい

卵はビタミンCと食物繊維以外の栄養素を全て含んでおり、完全栄養食品と呼ばれています。
手軽に摂取できるタンパク質源であると同時に、ビタミンA、D、B12などの必須栄養素やコリン(細胞膜や神経組織を構成するレシチンの材料になる物質)を豊富に含んだ栄養価の高い食品です。
優れた美容と健康効果が期待でき、しかもスーパーで気軽に買えるという、私達にとって強い味方の健康食品です。

卵は腹持ちが良く、食欲を抑える働きがあります。
ダイエットにぴったりの食べ物ですね。
以前、ゆで卵ダイエットを実践された方も多いのではないでしょうか?

 

コレステロールが心配ですか?

毎日10個以上の卵を5日間に渡って食べ続けるという実験が行なわれた結果、血中コレステロールの値はほとんど変化しないことが証明されています。

 

生活習慣病予防に効く

糖尿病などの生活習慣病を患った患者さんの減量食に全卵を加えた所、脂質バランスが改善されました。
糖尿病の原因となるインスリン抵抗性が改善されたことが証明されています。

ミズーリ大学・ヘルスケアシステム部門の臨床栄養士であるミシェル・ホーイング・バウシュさんは、
ビタミンB群に属するコリンを卵などの食品から摂取すると、循環器疾患、認知症などの初期脳機能障害、脂肪肝などの予防効果が期待できる、と言っています。

コリンはサプリメントで摂取しても、健康効果が低いことが特徴です。
バウシュさんによると、ほとんどの栄養素は、他の栄養素との相乗効果によって作用し、コリンだけを単独で摂取しても予防効果は少ないとの事です。

卵を他の食品と一緒に食べるとより効果的だそうです。

また、妊娠中にコリンを摂取すると、胎児の脳の発達を促進し、先天性欠損症の予防に効果があるとの事です。

コリンは乳製品、牛レバー、しいたけ、脂肪分の多い鮭、豆類、マメ科の植物、アブラナ科の野菜などにも少量含まれています。

卵はコレステロール含有量が高いので、1日2個以上食べると体に良くないと思われている方もおられる事でしょう。
でも一日3個までなら大丈夫です。
と言っても、これはあくまでも目安であって、人によって異なります。
食べ過ぎには注意しましょう。

卵はダイエットに欠かすことができない食品です

ダイエットで一番問題になるのは、たんぱく質不足です。
でも、完全栄養食品の卵を食べることによって、良質のたんぱく質を摂取することができます。
また、GI値が低い点も大きなメリットです。
栄養バランスを考慮して食べる必要がありますが、1日3個までなら問題ありません。
どうしても気になるようでしたら、ダイエット中は1日1個だけ食べるようにしてみましょう。

 

スポンサーリンク




ダイエット効果が高い理由

卵は完全栄養食品なので、ダイエットによる栄養バランスが偏るのを防いでくれます。
また、卵には食欲を抑える働きがあるので、ダイエットのストレスを抑えてくれます。

ルイジアナ州立大学の研究チームの研究によると、朝食に卵を食べると、その日は空腹を感じにくくなり、昼食の量も少なく済む傾向があると報告されています。
昼食後の血液検査では、グレリンという食欲を増進させる働きを持つホルモンが少なく、PYYという満腹になると分泌されるホルモンの値が高かったことが分かりました。

脂肪をたっぷり含んだ肉類よりもカロリーが控えめなのも嬉しいところですね。

 

卵のダイエット効果を高める方法

卵黄に多く含まれているオレイン酸やレシチンは善玉コレステロールの量を増加させる働きがあります。
卵を食べることによって、良質のコレステロールを摂取することができます。

完全栄養食品と言われている卵ですが、ビタミンCと食物繊維は含まれていません。
これらの栄養を補う食品と一緒に食べて、栄養バランスをさらに良くしましょう。

 

ダイエットの捕食に卵を

スポーツ選手の中には、試合前のウエイトコントロールの為に卵を取り入れている方がいます。
短期間で体重を絞らなければならない場合、体に大きな負担をかけることになります。
でも、卵を他の食品と組み合わせれば、良い栄養バランスを保ちながらダイエットすることが可能になります。
ダイエットには、是非ゆで卵を取り入れてみて下さい。

 

目にも良い卵

ワシントン大学の栄養科学部門のアン=マリー・グロスター博士によると、
「卵は果物や野菜に含まれていることで知られるカロチノイドを含有し、免疫系機能を強化してくれる働きがある」との事です。

また、卵に含有されているルテインとゼアキサンチンは、目の健康を維持する役割も果たします。
2019年に発表された研究によると、ルテインは目の認識力に効果を発揮するとの事でした。

「テレビやパソコンから放出するブルーライトを自然にフィルタリングし、また白内障や視野狭窄(視野が狭くなる)の予防の役割も果たします」
とグロスター博士は解説しています。

 

まとめ

やっぱり卵って、素晴らしい食品ですね。

一般的になりすぎて軽視されがちなものでしたが、なくてはならないものです。

これからも卵を食べていきましょう。

 

スポンサーリンク







おすすめの記事