裴英洙って知ってますか?

 

読みは、(はい えいしゅ)と言います。

 

テレビ出演も多く、
結構有名な医師です。

 

実は在日コリアンである彼です。

そんな彼が、どうやってこんなに有名になって、
大活躍をしているのかとっても気になりますよね。

ということで今回は、
裴英洙に迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク







 

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

裴英洙プロフィール

裴英洙
はい えいしゅ

医師・医学博士、MBA

1972年生まれ
奈良県出身
在日韓国人

金沢大学医学部卒業(1998年)
金沢大学大学院医学研究科で病理専門医を取得
慶應義塾大学大学院経営管理研究科卒業(2009年)

金沢大学第一外科
金沢大学附属病院
福井県立病院
厚生連高岡病院に外科医
近畿地方の自冶体病院
メディファーム株式会社を設立(2009年)

 

写真出典元 http://coffeedoctors.jp/doctors/2229/

 

しかし、すごい経歴ですね!

あまたが良い、インテリな人っているんですね。

それに俳優の金子賢にも似た、イケメンですね!

金子賢も韓国人ですから、
それと似たところがあります。

イケメンで頭もよい人って、なかには存在してるんですね!

 

著書
『なぜ、一流の人は「疲れ」を翌日に持ち越さないのか』
『MBA流ケースメソッドで学ぶ医療経営入門』
『医療職が部下を持ったら読む本』
『一流の人はなぜ風邪をひかないのか?』
『一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』

裴英洙は結婚してるの?

この件に関してリサーチしてみたのですが、
一切、結婚に関する情報は出てきませんでした。

ただ1972年生まれという年齢で、
成功者のイケメンですので、
結婚していてもおかしくないはずです。

きっと引く手あまたの人気者に違いないと思います。

 

スポンサーリンク




裴英洙が医師になった理由

裴英洙が医師を志したのは、中学生の頃でした。

それは在日韓国人ということで、
国籍がなく彼自身、とても苦労していたからです。

在日外国人ということで差別されて、
就職などが困難にな時代があり、
親戚などはとても苦労していたのです。

そんな時に彼の父から、
「技術を人が評価してくれる職業を選びなさい」
とアドバイスされたのでした。

そして彼は「医師になりたい」と思ったのでした。

実は彼の父は、彼が物心ついたときから、
寝たきりになっていたのです。

それもあって、自分が医師になって
いつか父の病気を治したいと思うようになっていったのです。

それが医師になったきっかけでした。

裴英洙の睡眠に関する本が話題

『一流の睡眠―――「MBA×コンサルタント」の医師が教える快眠戦略』

これは積極的な睡眠法が書かれた本です。

優秀な医師である、裴英洙が書いた本なので、
とても読みごたえがあります。

外科手術を担当していた頃は
慢性的に睡眠不足だったようです。

深夜の急患で呼び出されることもあったようです。
ドラマの世界って本当なんですね。

 

この本の2つのポイント

ポイント1 熟睡習慣は睡眠時間より重要

睡眠時間が長いからと言って
疲れが取れるということではありません。
それよりも、しっかりと熟睡できるかのほうが大事なのです。

ポイント2 起床時より就寝前に一日を始める

1日の予定は、就寝前から時間から書くようにしたほうが良いということです。
そうすると、効率的に睡眠時間が確保できます。

 

とにかく、人間にとって睡眠はとても大切なものです。
良い睡眠をとって、素晴らしい人生を
歩んでいけるように心がけていきましょう!

まとめ

今回は裴英洙について迫ってみました。

彼は自分自身の逆境を
見事はねのけた素晴らしい人物ですね!
逆境にやられてしまう人間も多い中、
彼はそれを見事自分の力に変えていったのです。

そして今日の成功を収めたのですから、
素晴らしいとしか言いようがありません。

 

今後も彼の活躍に期待していきたいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事