マルシアの娘・弥安(びあん)ってご存知ですか?
マルシアの娘ということは、あの大鶴義丹の娘でもあるんです。

マルシアは大鶴義丹とは離婚しています。
ししかしその後は女手一つで、娘を育ててきました。

日本でデビューしてから30周年にもなるマルシアは、
女優、歌手、タレントなどその活躍の場はどんどん広がっています。

そんな二人の娘も今ではかなり大きくなってきています。

この娘なので、芸能界デビューするのではないかといわれています。

そしてお父さんの大鶴義丹との関係はどうなっているのでしょうか?

今回は、マルシアの娘・弥安(びあん)に迫ってみたいと思います。

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

弥安(びあん)プロフィール

本名    大鶴弥安(おおつる びあん)
生年月日 1997年10月16日
特技    アコースティックギター
将来の夢 舞台制作、ミュージカル女優
専攻    日本史

断然お父さんの、大鶴義丹に似てますね!

2018年12月にはマルシアと一緒に『徹子の部屋』に出演します。

しかしまだ大学生という事で、
本格的な芸能活動はほとんどしていないみたいです。

事務所などからの公式のプロフィールも出ていない状態です。

現在もマルシアと一緒に住んでいるので、
どこか東京都内の大学に行ってるように思います。

また、特定の大学名も公開されていませんが、
大学では日本史を先行しているという情報が入っています。

マルシアと大鶴義丹の娘が日本史を専攻するというのはちょっと意外な感じがします。

もしかしたら、マルシアというブラジル出身の母親の影響で、
日本という国の歴史にさらに興味を持ったのかも知れませんね!

しかし将来の夢は舞台制作とう裏方にまわったり、
ミュージカル女優になりたいそうです。
ということで、徐々にメディアへの露出も増えていく可能性があります。

マルシアのメインの仕事は歌手です。
父の大鶴義丹は演劇です。

だからその2つをちょうど足して割ったのがミュージカル女優なのかもしれません。

特技はアコースティックギター

アコースティックギターが得意で、彼女の伴奏に合わせて
マルシアがよく歌っているみたいです。

今回徹子の部屋に出演するときも、
アコースティックギターを弾いて、
それに合わせてマルシアが歌ったようです。

でも、出だしが分からなくて、母娘でとてちょっと揉めていたらしいです。

なんとも仲睦まじいい間柄ですね。

そのやり取りから、仲の良さがうかがえます。

でも、弥安はきっと歌もうまいはずです。
それはマルシアも歌手ですし、
父も演劇でそれなりに歌を歌わなくてはいけないので、
その娘なので絶対に素質はあるはずです。

今後は歌にも力を入れていって欲しいですね!

弥安に彼氏はいるのか?

弥安はとても可愛らしい感じの女の子です。

しかし、彼氏に関する情報も一切出てきませんでしたが、
いてもおかしくはないですね。

とても可愛らしい女性ですから!

まあ、結婚はまだ先になりそうですが。

ちなみに母のマルシアは離婚してからまだ独身です。

というのは、マルシアと大鶴義丹が離婚した際に、
娘のことを考えて再婚しないという約束をしたそうです。

そのためにマルシアはその後もずっと独身を貫いているようです。

しかし、大鶴義丹はその約束を破り再婚をしてしまいました。
そのときに、マルシアは凄く怒ったようです。

スポンサーリンク




弥安の性格は?

弥安の性格はおとなしい感じのようです。

それは両親が芸能人ということで、
それなりにいじめに遭ってきたために、
ちょっと引っ込み思案になってしまったようです。

そのいじめは彼女が高校を卒業するまで続きました。

でも、彼女は母のマルシアが一生懸命に自分を育ててくれている
ことを知っていたので、一切いじめについては言わなかったそうです。

芸能人の子供たちは、
親の職業のためにいじめられたりすることがけっこうあるようです。

例えば、加山雄三も同じことを言っていました。
それにあの三冠王・落合博満の息子の、
落合福嗣もひどいいじめに遭ったといっていました。

そして落合姓を変えたいとまで思っていたそうです。

こどもは正直で残酷ですから、子供の世界にいじめは絶えないみたいですね。

もう後がないと思って自殺したり、
引きこもりになってしまったり、
そういったもったいない形で人生を棒に振るのはやめて欲しものです。

でも、弥安は芯の強い子供だったので、
それを乗り越えることができました。

素晴らしいですね!

今後はその強さを違う面で発揮して欲しいものです!

マルシアについて

最近はテレビであまり見なくなったようですが、
活躍の場をミュージカルに移していました。

マルシアの歌と演技は圧巻で、観客は大きな感動に包まれるようです。

マルシアは日系三世でブラジルのサンパウロで生まれ育ちました。

一枝という日本名もあります。

マルシアの祖母が美空ひばりのファンで、

美空ひばりの本名である和枝から取られたそうです。

「TBS歌謡選手権」が1985年にブラジルで開かれ準優勝しました。

その時の歌唱力が当時審査員をしていた
猪俣公章にスカウトされて来日しました。

そして来日して歌の猛特訓をしました。
1989年に「ふりむけばヨコハマ」で見事歌手デビューしています。

その後の活躍はご存知の通りです!

まとめ

今回はマルシアろ大鶴義丹の娘である
弥安について書いてみました。

この二人の娘ですから、
素晴らしい才能の持ち主であることには違いありません。

その素晴らしい才能を今後も遺憾なく発揮して欲しいものです。

彼女の数年後の大躍進を早く見てみたいものです。

スポンサーリンク




おすすめの記事