有森也実って人気ありましたよね!

すごくきれいなんだけど、独特の存在感がありました。
その存在感で素晴らしい演技の数々を見せてくれました。

『東京ラブストーリー』での演技がとても光っていました。
あれはみんなの思い出に残っています。

ということで今回は、有森也実について詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

有森也実のプロフィール

有森也実
ありもり なりみ

1967年12月10日生まれ

神奈川県出身

明治大学付属中野高等学校定時制卒業

中学3年生の時にファッション雑誌の専属モデルとしてデビュー。

本当に美しかったですし、独特の存在感がありました!

1986年という年は有森也実にとって、大きなターニングポイントとなる年でした。

1986年に映画『星空のむこうの国』で、ヒロインを演じて映画デビューを果たしたのです。
また、『キネマの天地』でもヒロイン役を演じ、
第10回日本アカデミー賞新人俳優賞と
第29回ブルーリボン賞新人賞を受賞したのです。

もう、盆と正月が一緒に来たような年でした。
そして有森也実の勢いは止まりません。

1991年にはあの大ヒットドラマ『東京ラブストーリー』に出演して、
多きな注目を集めると同時に、売れっ子女優へと駆け上がっていったのです。

その後も着実に女優としての実力をつけて、
主に助演女優として確固たる地位を築いていったのです。

また、森光子主演の『放浪記』などの舞台でも、確かな演技力を見せています。

あれからどんどん実力をつけて、本物の女優になったという感じですね!

有森也実の現在は?

今でもとってもおきれいですね!
品があります。

ある番組に46歳の時に出演した際は、骨年齢が20歳と言われたそうです。
やはり子供のころからバレエで鍛えた体は劣化しないんでしょうね!

さて、これだけの美人ですから結婚しているのかどうかが気になります。

それを調べてみたのですが、これまでに一度も結婚歴がありません。
こんなにきれいなのにどうしてと思ってしまいます。

その理由は、結婚したら全てを
旦那様に捧げてしまうというメンタリティーなのだそうです。

だからなかな結婚にまで踏ん切りがつかないのではないでしょうか?
考え方としては、オールオアナッシングという感じなのでしょう。

でも、まだ現在も独身なので有森也実ファンはまだ希望がありますね。
勇気を出してアタックしてみてはいかがでしょうか??

 

スポンサーリンク




バレエについて

140930_1627

有森也実はなんと5歳からバレエを始めています。

しかも驚いたことに、現在でも「松山バレエ団」に所属して、
熱心に猛練習を繰り返しています。

ここまでずっと継続しているって、すごいですね!

それがきっと有森也実の抜群のプロポーションんを作っているのでしょうね!
さすがです!!

『東京ラブストーリー』について

『東京ラブストーリー』は元々、柴門ふみ原作の漫画でした。

それが1991年1月7日から3月18日にかけて、
フジテレビ系で実写版のテレビドラマが放送されたのです。

このドラマで有森也実は関口さとみという女性を演じたのです。

このドラマは大人気となり、
出演者のほとんどがスターダムにのし上がっていったのでした。

もちろん、有森也実も一機に大人気女優になったのです。
しかし、あまりにもはまり役で見事に演じきったために、
一見おしとやかそうだけれども、ずる賢い女性というイメージが定着してしまい、
嫌われ女優となってしまったのです。

そのために、視聴者から実際に脅迫状が送られてきたり、
町で物を投げられたりしたことがあったそうです。

これも人気者の宿命なんでしょうか?

でも、あれはドラマの中だということをきちんと理解していただきたいですね!

 

『東京ラブストーリー』(漫画)を無料で読む方法!

『東京ラブストーリー』(漫画)を今すぐ無料で読むには、
U-NEXTを利用するのが最もオススメな方法となります。

複数のVODで配信されていますが、

無料登録がカンタン
無料キャンペーン期間が31日と長い
作品の豊富さ
解約がすぐにできる

以上のような理由から、一番オススメな動画配信サイトはU-NEXTです!



UNEXTはお試し期間が31日もあるので、その期間に解約すれば一切料金は発生しません!

まとめ

有森也実って素敵な女優さんですね!
年齢があがっても、全然劣化してません。

どんどんきれいになっているような気もします。
そして今でもバレエを続けているって凄いですね。

これからも彼女の抜群のプロポーションと
素晴らしい演技を見せていただきたいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事