畠田理恵って知ってますか?

昔とっても人気があった女優なんです。
とてもおしとやかで、しおらしくて、大和撫子って感じでした。

でも、有名になってすぐに羽生善治と結婚したので、
女優活動は短かったのですが、
清楚な雰囲気の女優として強いインパクトを残してくれたのです。

ということで今回は、畠田理恵について詳しく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

畠田理恵のプロフィール

畠田理恵
はただ りえ

1970年11月10日生まれ

A型

155㎝

配偶者 羽生善治

大阪府堺市に生まれ
大阪府和泉市に育ち
和泉市立伯太小学校卒業
箕面市立第二中学校卒業

やっぱりとてもきれいでしたよね!
かわいいし、清楚だし、まさに大和撫子って感じでした。
きっと羽生善治もそういったところに惹かれたのではないでしょうか?

この美しさならスターになるのも当たり前ですね。

デビューしたての頃、谷村新司から
「ガラスケースに入れて飾って置きたくなるような子だ」
と言われたのも納得できますね!

地元の大阪では、祖父が「たつみや」というラーメン屋を経営していたので、
学校がない週末に手伝いをしていました。

地元ではとても美人の看板娘がいるという噂が立つくらい評判だったのです。
また、畠田理恵が芸能界入りした後は、
そのラーメン屋にはさりげなくポスターが貼られていたそうでうす。

こんな美人な孫がいて、おじいさんもさぞかし自慢だったのではないでしょうか!!

1985年にはオーディションに応募して、MOMOCO賞を受賞したのです。
翌年の1986年には高校在学中に、
「第2回ミスモモコクラブ」オーディションに応募して、「ミスMomoco」グランプリを受賞しました。
これがきっかけとなり、高校を卒業して上京したのです。

そして1987年には「ここだけの話 〜オフレコ〜」という曲で、
アイドル歌手としてデビューしたのですが、
この曲の歌詞はかなり大胆な内容で話題になりました。

そして彼女の運命を変えるNHKの連続テレビ小説「京、ふたり」で
漬物屋の若女将役を演じて、彼女の人気は一気に全国区になったのでした。
素晴らしい演技でしたね!!

この作品で本当に多くのファンを獲得しました!

その後、1996年3月28日には、将棋棋士の羽生善治と結婚しました。
それと同時に芸能活動を引退したのです。

畠田理恵の現在は?

結婚してからの畠田理恵は二人の子宝にも恵まれています。
それでとっても幸せな結婚生活を、羽生善治と一緒に歩んでいるみたいです。

この表情を見てもとっても幸せそうなかんじが伝わってきますね。
それに、いつまでたってもとても美人です。
変わらぬ美しさですね!

 

スポンサーリンク




畠田理恵の娘は医学部に?

畠田理恵と羽生善治には、二人の娘と一人の息子がいるようです。
きっと母に似て美人に育ったのではないでしょうか?

長女 羽生舞花
次女 羽生桃花

この二人ですが、将棋を志したのではなく、
医学部に進学したという噂があります。

特に父親の羽生善治は日本でもトップの棋士ですから、子供たちも頭が良いはずです。
二人の娘は名門の田園調布雙葉中学校・高校で学んでいました。

その後は、医学部に進学したようです。
噂では慶応義塾大学の医学部と言われているようですが、
慶応義塾大学の医学部かどうかは定かではありません。

ただ、娘二人ともとても頭がいい秀才であることは間違いありません。
これからの日本の医学界を背負っていく人材になるかもしれませんね!

これからの二人に期待しましょう!

畠田理恵は武豊と交際していたのか?

このところ、畠田理恵結婚前に武豊と交際していたといった情報が飛び交っているようです。

しかしこれは、事実無根の情報のようです。
この情報に対して、畠田理恵は自身のツイッターでこれを完全否定しています。

そして間違った情報で大切な人を傷つけてしまう恐ろしさにも言及しています。
また、畠田理恵はこの報道から端を発して、「玉の輿狙い」などと揶揄されたことで、
本人も相当傷ついて怒りを感じているようです。

ということで、畠田理恵と武豊の交際という情報は、
100%のデマであったみたいです。

まとめ

畠田理恵って素晴らしい女性ですね!
冒頭にも述べたように、まさに大和撫子といった感じの女性です。

羽生善治とも最初からお似合いのカップルでした。

ずっと幸せそうで何よりです。
芸能界は引退しているみたいですが、
またいつの日か戻ってくることなどないのでしょうか?

淡い期待を抱いてしまいます。

スポンサーリンク







おすすめの記事