井森美幸ってキレイですよね!
全然劣化しない美しさです。

そして気取らないところがまたいいですよね。

でも、昭和にデビューしたての頃はかわいかったのですが、
あか抜けしていませんでした。

その後、どんどん変わっていって、どんどんきれいになっていったのです。

ということで今回は、井森美幸について迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

4人の購読者に加わりましょう

井森美幸のプロフィール

井森 美幸
いもり みゆき

1968年10月26日生まれ

群馬県出身

160㎝
A型

堀越学園高校出身

井森美幸が15歳の時、1984年(昭和59年)のスカウトキャラバンでグランプリを獲得しました。
それはなんと、12万人の中からのグランプリだったのです。

そして翌年には歌手としてデビューしたのです。

この時のデビュー曲は『瞳の誓い』でした。
そして1986年のドラマ『遊びじゃないのよ、この恋は』の主演をしたのです。

アイドル歌手として、ホリプロからも大きな期待と予算を持って売り出されたのですが、
そういった路線では芽が出ませんでした。

その後、山瀬まみに代表されるバラドルに路線を変更していったのです。
そうしたら、彼女のひょうきんさと才能が発揮されて、
現在の地位を築くまでに至ったのでした。

それにしてもきれいですよね!
見とれてしまうような美しさですね。

あの15歳の時とは考えられない美しさですよね。

でも、この化けるであろう才能は見抜いて、
スカウトキャラバンでグランプリに選んだ審査審たちも凄いですね。

井森美幸のダンスが封印されたワケ

あの「井森ダンス」はあまりにも有名です。
何度もテレビで流されて、日本中の人が知っているといっても過言ではありません。

それは井森美幸が15歳の時にグランプリに輝いたスカウトキャランバンの、
オーディションの時に披露したダンスです。

あのダンスは決してうまい訳ではなく、逆に笑える感じのものです。
しかもちょっとなと思ってしまうレオタード姿で、とにかく笑えます。

この映像は現在バラドルとして活躍する井森美幸にとっては、絶対に美味しいものです。

でも、その美味しいはずの映像を事務所のホリプロが封印してしまったというのです。

 

「井森ダンス」を封印したワケとは?

バラドルとして成功している井森美幸ですから、
いまさらあのダンス映像でイメージダウンというのは考えられないでしょう。

ではどうして今さらあのダンスを封印したのか?
それについて、「水曜日のダウンタウン」で取り上げられたことがあります。

番組スタッフがそれを取材するためにホリプロに電話をしたのです。
そして直接尋ねたところ、あの井森ダンスは何度も何度もテレビで使われたために、
これ以上放送されると、飽きられてしまい、
笑いが取れなくなる可能性がるという理由でいったん封印することが決まったというものでした。

ホリプロはあのダンスネタで、再び大爆発を狙っているようです。

 

スポンサーリンク




井森美幸が老けない理由は

現在50代に突入した井森美幸ですが、
本当に変わらない美しさを保っていますね。
老けない理由はいったいどこにあるのでしょうか?

それはシワ・たるみ・シミ・くすみを作らないためのスキンケアが上手だから!

若い頃は水分量が多いのですが、50代になると徐々に水分がへってきて、
肌が乾燥してくる人が多いのです。
そのために肌が荒れたり、荒れた後のケアができていないために、
シワ・たるみ・シミ・くすみになってしまうのです。

でも、井森美幸はきちんんと手入れをしているので、
あの美しい肌を保つことができるのです。

また、井森美幸はバランスよく食べることにも気を使っています。

井森

「食べないと疲れやすくなるし栄養不足や栄養バランスも偏ってしまうため、食べるようにしている」

そしてきっと彼女はスキンケア、運動など、
目に見えない努力をたくさんされているのだと思います。

やはり人一倍の努力を、人が見えないところでしているのでしょう。
そうでなかったら、あの美貌を50代になってまで保つことは不可能です。

井森美幸が結婚しない理由

井森美幸がデビューした時のキャッチフレーズは
「まだ誰のものでもありません」というものでした。

ただ、50代に突入した現在でも「まだ誰のものでもありません」なのです。

そこで、バラエティー番組でよく結婚のことで突っ込まれています。
井森美幸が結婚しない理由というのは何なのでしょうか?

これには2つの理由があるようで、潔癖症と強すぎる嫉妬心だそうです。

 

潔癖症について

井森美幸には、15年間付き合ってきた彼氏がいました。
彼が家に来ると、風呂場に直行させて全身を消毒するのだそうです。

家に上がってきて、すぐにこれでは彼氏もがっかりだったのかもしれませんね。

 

強すぎる嫉妬について

井森美幸は彼氏を相当束縛していたようです。
そして彼のほうはだんだん息苦しくなってきて、
しまいには彼氏のほうから離れていったということです。

 

嫉妬心が強すぎる人っていますよね。
きっとわかっていてもやめられないのだと思います。

まとめ

でも、井森美幸って本当にきれいですよね!

あのデビュー当時からは想像できないくらい美しくなりました。

上述もしたように、この変化できる素質を見抜いた審査員は凄いですね。
さすがは審査員の眼力です。

これからもどんどん美しさに磨きをかけて、
バラドルとしてもっともっと活躍していってほしいと思います。

井森美幸を応援しています!

スポンサーリンク







おすすめの記事