松方弘樹ってものすごいスターでしたよね。

素晴らしい俳優でした。
日本が誇る俳優でした。

そして酒を愛し、女を愛した俳優でもあったのです。

その遊び方はもう、伝説となっています。
それくらい凄いものがあったのでした。

ということで、今回は松方弘樹について迫ってみましょう。

 

スポンサーリンク







松方弘樹のプロフィール

松方 弘樹

まつかた ひろき

本名は目黒 浩樹

めぐろ こうじゅ

1942年7月23日生まれ

2017年1月21日没(74歳)

173㎝

明治大学付属中野高等学校卒業

東京都出身

やっぱりかっこいいですね!
昭和の役者って感じがします。

数々のテレビや映画で見せた演技が本当に素晴らしかったです。
迫力のある演技でした。

元々は役者ではなく、歌手志望だったので、
五木ひろしと一緒に歌を学んでいたのですが、
五木の凄すぎる歌声を聞いて自信を無くしたそうです。
そのために、父親とおなじ俳優の道へと入ったそうです。

役者の道に入ると、あの北大路欣也がライバルになりました。
北大路欣也としのぎを削る中、数々の映画やドラマに出演していったのです。

『893愚連隊』『昭和残侠伝シリーズ』『人形佐七捕物帳』など、
主に時代劇やヤクザ映画で大活躍したのです。

その中でも佐七は松方弘樹の当たり役でした。

このように本格派俳優としてのキャリアを築きながらも、
バラエティー番組への出演もこなしていったのです。

その代表作としては、あの『天才・たけしの元気が出るテレビ!!』だったのです。

この番組で松方は役職としてはたけしの一つ下の、
部長的なポジションをこなしていました。

それまでには見られなかったお茶目な一面を見せて、
お茶の間の人気をさらっていったのでした。

これを機にバラエティー番組にも色々と出演するようになっていったのです。

松方弘樹は豪快

松方弘樹は本当に豪快で、何もかもが規格外だったそうです。
もう、驚くほどのお金の使い方でした。

渡辺裕之の証言

俳優の渡辺裕之もそんな松方弘樹に圧倒された一人です。
撮影が終わるとみんなを色々なところに連れていってくれたそうです。
しかも全部松方のおごりという大盤振る舞いだったのです。
でもその中でも、松方弘樹が一番飲んでいたそうです。

その後、京都の自宅に行ったら、またお酒が出てきたそうです。
次の日そこから帰ろうとすると、車の手配までしてくれたのです。

また、撮影中は毎日キャストやスタッフに差し入れをしてくれたそうです。

高級ステーキ屋のカツサンドがあり、1箱1万5千円もするものだったのですが、
それが人数分用意されていたのです。

 

元映画会社スタッフの証言

1991年に松方弘樹がプロデュースした映画『首領になった男』が大ヒットしたのです。
その時のエピソードは有名だそうです。

その時にお世話になったスポンサーとその家族まで連れて、
加賀に2泊3日の旅行に連れていって大豪遊をしたのだとか。

その時に1000万円くらい持っていったのですが、
手元に残ったのがたった30万円だったようです。

このように、自分が稼ぐだけではなくて、
スポンサーを喜ばせて楽しませて、
また次の映画に協力してもらうことが大事だと考えていたのです。

 

千葉真一の証言

あの千葉真一も松方弘樹の豪遊ぶりを語っています。
とにかく女性関係も凄かったそうです。

ある時、松方弘樹の愛人が千葉真一のところに相談に来たそうです。
そこで「弘樹を売らんじゃだめだ、彼は大スターなんだから」といって諭したそうです。

 

 

芸能界の女性関係も派手だったようで、美人女優や美人歌手、
歌謡界の女王と言われる人まで含めて、
50人以上もいると雑誌の対談で松方弘樹本人が語っていました。

 

スポンサーリンク




松方弘樹の釣りについて

松方弘樹と言えば、釣りが有名です。
これまで世界33か国に出向いて、カジキを350本も釣ったのは凄いことです!

マグロに関しては300㎏以上を3本も釣っていたのです。

また、専門家の間でも松方弘樹の釣りは、芸能界の釣り師としてではなく、
釣り師の中でもトップクラスだと言割れています。

そして松方弘樹のスケジュールは、年の3分の1が釣りで埋まっていたそうです。
しかも携帯電話の登録先はそのほとんどが漁師だたと言います。

巨大マグロを釣った時も、セリで何百万円で売れました。
松方弘樹はそれでも赤字なんだそうです。
それは道具にお金をかけているし、またそのお祝いに漁師と大宴会をするからなんだそうです。

松方弘樹の映画について

松方弘樹となんども仕事をしてきた中島貞夫監督も、
彼を高く評価しています。

松方弘樹は根っからの役者だそうです。
役が常に自然体で、役の勘所をすぐに掴んでしまうそうです。
だから役の説明なんかいらなかったそうです。

そして研究熱心で、常に新しいものを取り入れていたようです。

また別のベテランプロデューサーは松方弘樹の殺陣の凄さを語っています。

30人相手の殺陣でも、殺陣師が2回手本を見せればすぐに割ってしまうそうです。
そして松方が使った刀は一切刃こぼれしていなそうです。
その理由は、相手の5㎜手前で刀を止めて殺陣を演じているからなんだそうです。

そんな凄い役者は松方弘樹以外にも、ほんの数える程度だそうです。

『仁義なき戦い』を今すぐ無料で視聴する方法

『仁義なき戦い』の動画を今すぐ無料で観るには、U-NEXTを利用するのが最もオススメな方法となります。

複数のVODで配信されていますが、

1.無料登録がカンタン
2.無料キャンペーン期間が31日と長い
3.作品の豊富さ
4.解約がすぐにできる

以上のような理由から、一番オススメな動画配信サイトはU-NEXTです!



スマホで簡単登録

31日間無料お試しキャンペーン実施中!

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません

 

松方弘樹の遺産は?

これだけの豪快な大スターでしたので、
遺産も莫大なものになっていたのではと考えられます。

女性自身の掲載した記事によると、最期は金銭的には苦しかったと言います。

病院でも最初のころに入っていた
1日10万円の個室も出て、一般の個室に移っていたそうです。

また、麻布の事務所兼自宅の高級マンションに就きに100万円払って住んでいたのですが、
その後は家賃30万円のところにランクダウンしたそうです。

松方弘樹の親の建てた京都の大豪邸もだいぶ前に処分していたそうです。

最近の収入はそんなに多くなかったと、関係者は言っています。

ただ、そういった遺産相続でもめることがないのが松方弘樹の人徳なのかもしれません。

松方弘樹が残した数々の豪快な伝説、それが最大の遺産なのかもしれません。

スポンサーリンク







おすすめの記事