あべ静江って知ってますか?
こんなきれいな人がいるのかと思うくらい、びっくりするほど美しい人でしたよね!

そして本当に人気がありましたよね。
みんな彼女が大好きだったと言っても過言ではないと思います。

ということで今回は、あべ静江について迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク







あべ静江のプロフィール

あべ静江
本名:阿部 静江

1951年11月28日生まれ

三重県松阪市中町出身

A型

三重高田高校
東海学園女子短期大学
ニックネームは『しーちゃん』

 

本当に美しい人でしたよね!!
これなら大人気になるのも理解できます。

こんな美しい人が世の中に存在しているのかと、
思わず目を疑ってしまうくらいのビューティーです!

あべ静江の父親はミュージシャンで、ラジオ三重と専属契約をしていました。
そしてアコーディオン、ギター、バイオリン、ピアノなどを演奏出来たというのですから驚きですね!

才能のある人っていうのは違うんですね!
音楽にたけているのが窺えます。

そして母親も凄い人なんです!
実は東海ラジオの専属歌手だったんです。

そしてNHKのど自慢大会に参加して見事優勝してしまったくらいの実力の持ち主だったんです。
それから歌手としてデビューする筈だったのですが、静江がおなかにいたので断念したのです。

だから、あべ静江の芸能界入りは、一家の夢を実現させたような感じですね!
音楽と芸能の申し子といっていいと思います。

あべ静江は東海学園女子短期大に通いながら、東海ラジオでDJの仕事をしていました。
それで徐々に人気DJとしての地位を確立していったのです。
遂に1973年5月25日に『コーヒーショップで』で歌手デビューを果たしました。

この時のキャッチフレーズは『フリージアの香り』でした。

このデビュー曲でいきなりオリコンでベスト10に入り、
これはあべ静江の最大のヒット曲となりました。

そして1973年の第15回日本レコード大賞では、
この『コーヒーショップで』で見事新人賞に輝きました。

 

あべ静江の現在画

IMG_0001

写真出典元 https://be-power.jp/lecturer/2103/

今でもとてもお美しいですね!
若干の変化はあるものの、それは致し方ありません。

キレイな人はいつまでたてもキレイなんですね。
でも、きっと陰で相当な努力をされているのだと思われます。

そうでなあったら、この美しさを保つことは不可能ですから。

それにかなりダイエットにも成功されて、またまた若返ったような感じです。
頭が下がりますね!

 

スポンサーリンク




あべ静江は結婚しているの?

あべ静江はこれだけの美貌がありながら、結婚したという歴史はありませんでした。

もちろん、かなりモテたと思いますが、結婚したことは一度もないようです。

ただ、婚約破棄は一度ありました。

それはあべ静江が30代半々の時に交際していた、
スタジオミュージシャンのギタリストでした。

二人の交際が発覚したために、交際会見を行いました。

ところがです、この会見を開いた後に別の3人の女性が、
自分たちもそのミュージシャンと付き合っていると言いだしてきたのです。

そして結局、このミュージシャンが4股をかけていたということになり、
婚約破棄という事態にまで至ってしまったのです。

そしてこれ以来、この彼とは連絡がつかなくなってしまったようです。
しかし、相当後になってからこの彼とあべ静江は再会することになったようです。

ただ、この時の彼は当時の彼とは全然違っていて、
全くの別人のように年老いてしまったみたいです。

あべ静江はこの彼よりも前に、一人彼氏がいたようです。
それは短大生のころですが、別の大学に通う大学生だったようです。

交際はとても順調だったようですが、
あべ静江の歌手デビューなどですれ違いが多くなり、破局になったようです。

デビュー当時は相当忙しかったようなので、
会う時間が持てなくなるというのは納得できますね。

このように、あべ静江はかなりモテたようですが、
結婚というものには発展しなかったようです。

結婚というのはタイミングなどもありますから、
そういった面での折り合いがつかなかったのだと思われます。

でも、結婚をしているから良いとか悪いというのはないので、
それは彼女の選んだ人生だったのだと思います。

あべ静江アンソロジー【演歌・歌謡曲 CD】

価格:3,456円
(2019/3/16 14:30時点)
感想(0件)

西城秀樹との関係は?

あべ静江は西城秀樹ととっても仲が良かったようです。
同じ時代を一緒に戦い抜いた戦友という感じで、
そこには素晴らしい友情と絆があったみたいです。

昭和の人気歌手が勢ぞろいしたコンサートで度々顔を合わせていた二人です。
西城秀樹の生前最後のコンサートになった、
2018年4月14日の公演でも同じステージに立っていました。

西城は脳梗塞に襲われて、晩年は色々と大変でした。
しかし彼が懸命に努力する姿を見ていたと言います。

エレベーターを使うことができても、
リハビリの一環としてわざわざ階段を使っていたのです。

こういった彼の姿勢に胸が打たれたと言います。

また、プロとして尊敬する以外にも、仲の良い友人でもあったようです。
西城秀樹は、クッキーを持ってあべ静江の楽屋を訪れたりして、
ざっくばらんに話ができる、数少ない間柄だったみたいです。

そして西城秀樹の死には大きな悲しみを表していました。

まとめ

あべ静江って本当にきれいでしたね。

そして、今でもきれいです。
ある意味どんどんきれいになっていくような気がします。

もしかしたら、この先いつか結婚という話が聞けるかもしれませんよ。

この年齢でこの美しさですから、可能性はあります。

スポンサーリンク







おすすめの記事