バンジージャンプって人気ありますよね。

怖いけど、やっぱり楽しいんです。
そしてそのスリルがたまらないんだと思います。

筆者はやったことがないのですが、そういった理由で人気があるのだと思います。

一度はやってみたいような、やってみたくないような、そんな感じがしています。

そこで今回のこの記事では、

年齢制限や体重制限の理由は?
飛べなかった人の後悔や感想

ということを中心に迫っていきたいなと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

18人の購読者に加わりましょう

バンジージャンプの年齢制限や体重制限の理由は?

バンジージャンプに年齢制限や年齢制限などはあるのでしょうか?
結論から言うとあります。

体重が重すぎたり、軽すぎたりすると規定に引っ掛かり、
バンジージャンプができないということになります。

そこで実際に2つのバンジージャンプ場の制限を調べてみました。

竜神大吊橋ブリッジ

体重制限 40㎏〜105㎏

年齢制限 15歳以上

よみうりランド

体重制限 38㎏〜109㎏

年齢制限 12歳以上

このような制限が設けられている理由は、
バンジージャンプをやる人の安全を第一に考慮されているためです。

また、器具の耐久性を守るということもあります。

 

体重制限に関して

体重制限に関しては、最低の体重は40㎏前後から、
最大体重は差はあるものの105㎏以上はできないということになっています。

この規定はいい以外の体重に該当しそうな人は、事前に調べてから行くべきです。

行ってできないではとても残念ですからね。
2,3㎏オーバーであれば、やらせてくれるところもあるかもしれませんので、
ほんのちょっとだけ制限外の場合には事前に問い合わせてみるのも良いでしょう。

体重制限が設けられている理由は、重すぎるとバンジージャンプの器具に、
悪影響を及ぼすという理由が考えられます。

そういった理由で、この制限が設けられているのだと思われます。

また、体重が軽すぎる場合には、
体が小さすぎるということになるので、バンジージャンプの器具がしっかりと
体を支えられないということになるために、最低体重制限も設けられていると考えられます。

 

年齢制限に関して

上述のように年齢制限も設けられています。
12歳とか15歳といった年齢が最低の年齢として設けられています。

また、18歳未満の場合には保護者の同伴と許可が必要になる場合もあるので、
事前に調べてから行くのが良いでしょう。

また、上限に関しては規定されていないのですが、
これはその人の血圧や心臓疾患などを含めた健康状態が大きくかかわってきますので、
もしそういった点に問題がある場合には、事前に確認しておくことをお勧めいたします。

 

身長制限に関して

実は、体重制限年齢制限以外にも、身長制限も存在します。

大体は90㎝〜120㎝が最低身長とされています。

 

ウエスト制限に関して

ウエスト制限が存在するところもあります。

こちらは105センチ前後で設定されているところが多いです。
これ以上のウエストの人は、器具が支えきれないということなので、
バンジージャンプができないということになります。

 

スポンサーリンク




飛べなかった人の後悔や感想

バンジージャンプにいって飛べなかった人はいるのでしょうか?

おそらくそういう人はいると思います。
そこでそういった人が、飛べずに後悔したのかなど。

そうしたらあるYOUTUBE動画を発見したのです。

それはあるアイドルグループがヒット祈願でバンジージャンプに行ったのですが、
そのうちの2人のメンバーが飛べなかったのです。

その2人の代わりに、別なメンバーが飛んであげたというものです。

その飛べなかったメンバー2人は、飛べなかったということに関して、
非常に残念で、後悔しているようです。

そして2人はファンに対して謝罪をしていました。
とても悔しかったようです。

このグループの場合には、ヒット祈願として全員で飛ぶというのことで行ったので、
飛ばなければいけないというプレッシャーも、
一人一人にのしかかって、とても大きなものだったのかもしれません。

そんな中で飛べなかったというのは、非常に残念で後悔したようです。

ただ、代わりに飛んであげたメンバーは飛べなかったメンバーを責めることはせずに、
思いやりのある言葉でかばってあげていました。

この出来事によって、このグループの結束は以前より固まったように感じられます。

これは高いところから飛び降りるので、苦手な人にとっては
本当に苦手なものだと思います。

高所恐怖症の人もいるくらいですので、ある程度仕方のないことだと思います。

だからもし、誰かが飛べなかったとしても、
それを責めるのではなく、優しく見守ってあげることが大切です。

まとめ

バンジージャンプって怖いけど楽しそうですね!

でも、行ってから制限に引っ掛かってできないと言われることがないように、
事前にしっかりとその辺を調べてから行くようにしましょう。

そしてバンジージャンプを思う存分楽しんでみてください。

スポンサーリンク







おすすめの記事