赤井英和って凄いボクサーでしたよね!
通称浪速のロッキーと言われてました。

こんなすごいボクサーはなかなか出てきません。

ただ残念なことに試合中の怪我で
脳の手術を受けて、ボクサーは断念しました。

それからは俳優として大活躍しています。
きっと何をやらせても凄い人なんでしょうね!

 

スポンサーリンク







赤井英和のプロフィール

赤井 英和

あかい ひでかず

1959年8月17日生まれ

大阪府出身

A型

178㎝

82㎏

赤井英和は子供の頃からめっぽう強く、
中学時代と高校時代では喧嘩に負けたことがありませんでした。

そのために、大阪のヤンキーの間にはその名が知れ渡っていたのです。

そこでかっこいいのは、自分より弱い者には一切手を出さず、
一番強い人間とだけ戦ってきたといいます。
この辺が普通のヤンキーと違うところですね!
さすが浪速のロッキーです。

同世代に同じく喧嘩に強い人間が大阪にいたのです。
それはあのプロレスラーの前田日明でした。
学年は前田のほうが一個でした。

この2人のエピソードをもとに、『喧嘩の花道』という作品が作られたのです。

また、あの亀田3兄弟の父親の兄弟もその昔大阪で、
亀田3兄弟と言われていました。
この3兄弟が高校に入ったら赤井をぶちのめすと言っていたので、
赤井は高校をさぼって、この3兄弟をどつきに行ったそうです。

 

トミーズ雅との関係

大阪府立住吉高校の受験で、
同じく試験を受けに来ていたトミーズ雅と試験会場でニアミスしたのです。
その時、2人はまだお互いのことを知らず、
さらに血の気の多い2人だったので、お互いに試験会場でがんを飛ばしあって、
一触即発の状態となったそうです。

試験会場ということで喧嘩にはならなかったのですが、
後日トミーズ雅はあれが噂の赤井だったことを知り、
喧嘩しなくてよかったと胸をなでおろし、
赤井が合格しないように祈ったそうです。

そして合格発表の日に、自分の番号よりも赤井の番号を探して、
不合格だったために安心したそうです。

この後2人は数奇な運命をたどり、
お互いがボクサーになり、
さらには同じ芸能界に進んで友情をはぐくんでいったのです。

トミーズ雅はスーパーウェルター級で、
赤井はスーパーライト級で赤井のほうが軽い階級でした。

赤井英和のヤンキー伝説!

ヤンキー伝説その1 

通学電車の座席で態度が悪いヤンキーがいると、
風紀が乱れるといって、足を蹴って回って世直しをしたそうです。

 

ヤンキー伝説その2

クラスメイトがほかの高校の奴らにやられたと泣きついてくると、
仕返しをしに行ってあげたり、
カツアゲ現場をみると、ワルを殴り倒したのです。

 

ヤンキー伝説その3

電車でお年寄りがいたら、座っているやつをどかしてまで
赤井英和はお年寄りに席を譲ってあげたそうです。

 

スポンサーリンク




赤井英和と前田日明とのタイマンを止めた有名人とは?

上述した通り、この二人は大阪でも有名なアンキーでした。
この2人のエピソードをもとに、『喧嘩の花道』という作品が作られたのです。

2人は本当に喧嘩が強く、自分より強い相手がいると聞くと、
喧嘩を売りに行くというそういう男たちでした。

そして周囲は戦々恐々としていて、
とにかくこの2人を合わせたら大阪が壊れると言っていたくらいです。

しかし、とうとうある日、この二人が顔を合わせることになったのです。

そして一触即発の雰囲気に、周りにいた人間たちはかたずをのんで見守ったのです。

これから大変なことが起こるのではと思った瞬間、
そこに迫力のある声が響き渡ったのです。

「やめ!!!」

そこで全員がその声の主を見たのです。
それはなんと、阪神で選手としても監督としても大活躍した、
あの岡田彰布が立っていたのです。

岡田彰布も大阪では名の知れた人物で、
運動神経が抜群で野球もずば抜けて上手かったのです。

この二人を止められるのは、岡田彰布しかいなかったのだと思います。

プロボクサーとして浪速のロッキーと呼ばれる

赤井英和は浪花高校に入学してボクシング部で活躍したのです。
そして近畿大学に進学して、
東京オリンピックで日本代表だった浜田吉治郎の指導を受けたのです。

その後はプロボクサーとしてデビューして浪速のロッキーという異名を取ったのです。
プロ4戦目でジュニアウェルター級全日本新人王を獲得して、
その後も超攻撃型のボクサーとして破竹の勢いでボクシング界を駆け上がっていったのです。

当時の日本記録である、
デビュー以来12試合連続ノックアウト勝ちという快挙を成し遂げたのでした。

しかし、大和田正春との試合で、たくさんの強打を受けて、
7ラウンドでTKO負けを喫したのです。
その後、意識不明に陥り、急性くも膜下血腫と脳挫傷と診断されたのでした。

それは搬送時生存率20%、手術後生存率50%という難しい手術でしたが、
そこを乗り越えて、見事生還を果たしたのです。

その後、ボクサーを引退して俳優の道へ進むことになったのです。

まとめ

赤井英和はボクサーとしても凄い人だったんですね!
俳優としても渋い味を出してますが、
ボクサーとしても素晴らしかったです。

あの大手術を乗り越えて、そしてその後は、
役者として素晴らしい活躍を見せてくれて嬉しい限りです。

これからも頑張って欲しいです!

スポンサーリンク







おすすめの記事