山田邦子って本当に人気ありましたよね。

特に昭和の山田邦子は手が付けられなかったです。
好感度ナンバーワンなどにも輝き、女性タレントとしても
お笑いタレントとしても、ものすごい人気を誇っていました。

本当に素晴らしかったです。
さんま、たけし、タモリ、そして山田邦子って感じでしたよね。

ということで今回は、山田邦子に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







山田邦子のプロフィール

山田邦子

やまだ くにこ

1960年〈昭和35年〉6月13日生まれ

東京都出身

B型

川村中学校卒業

川村高等学校卒業

最初は落語家を志していたのですが、
途中で自分が落語家に向いていないと悟り、漫談家へと路線変更をしたのです。

高1の時にスーパージョッキーで西城秀樹のモノマネをしたのをきっかけに、
『クイズ・ドレミファドン!』や『ひるのプレゼント』などに次々と出演していったのです。

その後も素人番組の常連として『タモリの突撃ナマ放送』では5週勝ち抜きするなど、
当時のとんねるずと共に、素人参加番組のレギュラーとまでなっていたのです。

その後、ツービートが担当していた『笑ってる場合ですよ!』の
火曜日の大人気コーナーであった「ブスコンテスト」に応募したのです。

その時のオーディションで目を付けられたのが縁で、
素人勝ち抜きコーナー「お笑い君こそスターだ!」に出場することになったのです。

ここで中学校時代からずっとやっている得意の持ちネタである
「バスガイド」を披露して見事チャンピオンに輝いたのです。

それから太田プロダクションに所属してプロの芸人の道を歩み始めたのです。

1981年にはレコードデビューを果たしました。
それはなんと、バスガイドネタを収録した
『邦子のかわい子ぶりっ子(バスガイド篇)』というレコードだったのです。

その中の代表的な「右手をご覧ください、一番高いのが中指でございます」
といったジョークで話題となり、その後の活躍へと繋がっていったのです。

その後の活躍は本当に目覚ましく、
天下を取った女性ピン芸人とまで言われています。

山田邦子が井上公造を罵倒したワケ?

山田邦子が芸能界から徐々に姿を消した理由としては、
不倫・略奪婚の疑惑の色が恋が原因であると言われています。

ことの発端は1995年のことでした。
フォーカスという写真週刊誌に不倫疑惑が報じられたのです。

その相手は妻子ある男性だったということで、
とても人気のあった山田邦子は、もちろんマスコミに追い回されることになったのです。

この時、芸能レポーターだった井上公造を、山田邦子が罵倒する事件が起きたのでした。

昼夜を問わずマスコミに追い回されていた邦子も我慢の限界でした。
そこで取材に来ていた芸能レポーターの井上公造を罵倒したのでした。

 

「お前、もてないだろう」

「バカじゃないの」

 

このように激しい言葉で罵倒したシーンがテレビで何度も流されて、
好感度を大きく下げてしまったのでした。

これが決定打になってしまったと言われています。

1990年代において、テレビは絶大な力を持っていたのです。
そのために、タレントとしてはとても痛手だったのです。

山田邦子の現在は?

 

2007年にはテレビ出演がきっかけで乳がんを発見したのです。
早期発見ということで摘出手術と放射線治療でがんを克服したのです。

その後はお笑いライブや舞台などのタレント活動をしているようです。

ここ数年の山田邦子は、
少しだけテレビ出演をしたり、しているみたいです。

2015年に出演した「サワコの朝」では、
時間に余裕だできてからの生活はとても楽しいと語っていました。

散歩をしたり喫茶店でコーヒーを飲んだり、
とても落ち着いて生活しているところを伝えていました。

 

スポンサーリンク




山田邦子が坊主になった理由

1985年2月に山田邦子は突然坊主頭になったのでした。
女性ということもあり、これにはとても驚いた人が多かったです。

その理由は、精神的ストレスで円形脱毛症になったためでした。

なぜ、それだけ大きなストレスを抱えることになったのでしょうか?

それが気になります。
その理由は、ビートたけしにあるようです。

ビートたけしがあの「フライデー襲撃事件」を起こして謹慎になりました。

そのため、たけしの代打でスーパージョッキーの司会を務めていたりして、
急激な精神的ストレスがかかってしまったためだったのです。

それは円形脱毛症になるくらいの大きな負担だったようです。

あの人気があった、山田邦子でさえ、ストレスに感じるというのだから驚きですね。
邦子ならすぐに切り抜けられるとか、
逆に楽しんでやってしまうだろうと一般の視聴者は思いますが、
そうではなかったところに彼女の人間らしさを感じます。

まとめ

山田邦子は偉大な女性ピン芸人ですね。
女性ピン芸人で、一瞬でもよいから天下を取ったと言われるのは、
ここまで山田邦子だけというのが現実です。

だからまた山田邦子の活躍する姿を見てみたいと思います。

邦ちゃん、頑張れ!!

スポンサーリンク







おすすめの記事