志穂美悦子ってキレイでしたよね!

完全に70年代と80年代は志穂美悦子の時代でした。

色っぽくてかっこよくて、本当に人気がありました。

でも、長渕剛と結婚してから、
あまり表舞台に出てこなくなってしまいました。

現在はどうされているのか気になりますよね。

ということで、今回は志穂美悦子に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







志穂美悦子のプロフィール

志穂美 悦子
しほみ えつこ

本名は長渕 悦子
ながぶち えつこ

1955年10月29日生まれ

岡山県出身
岡山市立西大寺中学校
岡山県立西大寺高等学校
中延学園高等学校

海外ではSue Shiomi で知られています。
日本で初めて自分自身でスタントを演じた、アクション女優。

彼女の父親は大蔵省の造幣局に勤めていました。
学生時代は運動がとても得意で、陸上部にも所属していました。

そして中学時代には80メートルハードルで、
岡山歴代2位の記録13秒4を残しました。
もう、運動神経抜群といった感じです。

テレビで千葉真一の演技を見てから、
彼の大ファンとなり、彼女のアクション女優への思いは募っていきます。

そして、1972年にジャパンアクションクラブ(千葉真一主催)の受験に合格をきっかけに、
上京して中延学園高等学校に転校しました。

 

本当にきれいでしたね!
こんなに容姿端麗で運動もできると、
それはスターになりますよね。

その後もドラマや映画に大活躍をしていました。

それだけにとどまらず、舞台や時代劇にも活躍の場を広げていったのです。
もう、完全に70年代と80年代は志穂美悦子の時代でした。

主な出演作品

映画
『女必殺拳シリーズ』[1] 『若い貴族たち 13階段のマキ』
『華麗なる追跡』 『瞳の中の訪問者』
『柳生一族の陰謀』 『宇宙からのメッセージ』
『里見八犬伝』[1] 『上海バンスキング』
『二代目はクリスチャン』

テレビドラマ
『男はつらいよ 幸福の青い鳥』 テレビドラマ
『キカイダー01』 『ザ★ゴリラ7』
『柳生一族の陰謀』 『熱中時代』
『噂の刑事トミーとマツ』
『気になる天使たち』 『影の軍団シリーズ』
『柳生十兵衛あばれ旅』 『親子ゲーム』
『スタンドバイミー 〜気まぐれ白書〜』

 

そしてこちらが現在の画像です。

いまでもとてもおきれいですね!
さすが志穂美悦子って感じです。

あの頃の美貌がそのままに、よい年の取り方をしていると思います。

志穂美悦子のビジンダーとは?

ビジンダーはアンドロイド人間で、
漫画『人造人間キカイダー』と特撮『キカイダー01』に登場します。

特撮版の人間はマリで、志穂美悦子が演じました。

特撮版『キカイダー01』においては、水素爆弾が体内に内蔵されていました。
これを爆発させるには、マリの服の第3ボタンを外すように仕掛けがされていました。

この水素爆弾で01を殺そうとしたのですが、
ワルダーが自分の命と引き換えに解除したのです。

そしてこの時の志穂美悦子の演技が妖艶で、
昭和の男の子たちの心をドキドキさせたのです。

実はあのウッチャンナンチャンの内村光良も、
この時の演技がを見て以来、志穂美のファンになったそうです。

 

全巻セット【送料無料】【中古】DVD▼キカイダー 01(8セット)第1話~第46話 最終▽レンタル落ち【東映】

価格:22,999円
(2019/3/21 11:09時点)
感想(0件)

とにかくこのビジンダーの人気は高く、
子供心にもこんな美人はいないと多くの男の子は感じていたようです。
でも、変身してしまうと志穂美が見れなくなってしまうので、
それが残念だったという人も多くいました。

とにかくこれは、志穂美悦子の当たり役の一つでした。

 

スポンサーリンク




志穂美悦子は空手家?

志穂美悦子と検索すると、「空手」という検索候補が出てきます。
これは一体どういうことなのでしょうか?

志穂美悦子はジャパンアクションクラブにも所属した、日本初のアクション女優です。
格闘シーンなどはお手の物でした。

志穂美悦子と言えば、夫の長渕剛の存在があります。
1970年代前半にヒットを飛ばして人気者になった長渕剛は、
当時は人気絶頂だった石野眞子と結婚しました。

しかし数年後に離婚しました。
その原因は、長渕剛のDVだと言われています。

しかしその後、ヒットに恵まれなくなった長渕は俳優業に活路を見出します。

本当は純真でナイーブながらも、暴力性のあるやくざっぽい感じの役柄で、
歌もそれとシンクロした感がある「ろくなもんじゃねぇ」や「とんぼ」で大ヒットを飛ばしました。

そんな長渕に対して、志穂美悦子は母性本能を掻き立てられたのではないでしょうか?
二人は、ドラマでの共演を機に結婚しました。

結婚後の志穂美は長渕のDVに対しての噂があります。
空手にも才能があった志穂美は、長渕がDVをしてきても、
空手で逆襲してノックアウトしてしまったというものです。

そしてこの件以来、長渕はおとなしくなったという噂もあります。
美しくて強い志穂美悦子って本当に凄いですね!!

志穂美悦子は花をやるの?

志穂美悦子はフラワーアレンジメントをやっています。
美しい彼女には、こういった分野も似合いますね!

もともとのきっかけは、貴乃花親方の元妻である河野景子からの誘いだったようです。
最初は軽い気持ちで始めたようですが、だんだんその魅力にのめり込んでいったようです。

そして、東日本大震災とチベット難民キャンプとして、
フラワーアレンジメントの写真集『Flower Arrangement Inspire 〜いちかばちか〜』
を自費出版されて、売上金は全額寄付しているというので凄いですね!

 

今となっては完全にフラワーアレンジメントにはまっているようです。
『国際バラとガーデニングショー』でステージパフォーマンスなどもされています。

また、ハウステンボスで行われた『花の世界大会』にも参加して、
特別展示をしたりと、花の世界でも大活躍をされています。

アクション女優から、花のアーチストとは彼なる転身ですね!!

志穂美悦子の子供たちが気になる

長渕文音
ながぶち あやね

1988年3月17日生まれ
163㎝

主に女優として活躍しています。
バレエも4歳から習い始めて、英語もすごくうまいらしいです!

そのためにニューヨークに演劇留学しました。
そして2008年には日本アカデミー賞新人賞を受賞しました。

 

 

長渕航
ながぶち わたる

1989年2月2日生まれ

ヒップホップアーチストとして活躍しています。
学生時代には空手の大会で優勝した経歴もあります。

ただ、現在は音楽活動を控えて、サーフィンに熱中している模様です。

 

 

 

長渕漣
ながぶち れん

1994年2月28日生まれ

長渕漣は長渕家の末っ子です。
もともとはれーさーとして活躍していたようですが、
現在は引退して音楽活動をしています。

また、あのHIKAKINのYOUTUBEにも出演していました。

まとめ

志穂美悦子は素晴らしい人生を歩んでいますね!

女優として若くして成功して、長渕剛と結婚しました。
そして3人の子供を立派に育て上げて、
現在はフラワーアレンジメントの世界でも頭角を現しています。

本当に素晴らしく成功した人だといっても過言ではないようです。

これから、また女優として戻ってきてくれたらなと、
淡い期待を抱いてしまうのは私だけでしょうか?

スポンサーリンク







おすすめの記事