岡崎友紀って可愛くて、すっごく輝いてましたよね!

そして品がって、ものすごい人気を保っていました。
日本中の男性が虜になっていたといっても、過言ではありません。

素晴らしいアイドルでしたね!

ということで今回は、岡崎友紀に迫ってみましょう。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

岡崎友紀のプロフィール

岡崎 友紀

おかざき ゆき

本名;岡崎 友紀子

1953年7月31日生まれ

東京都出身

AB型

子供のころからバレエを習っていました。
小学校のころからすでに東宝芸能の児童科で稽古を受けていました。

初めは子役としてテレビや舞台に出演し始めて、
「王様と私」「屋根の上のバイオリン弾き」といった舞台に出演していました。

そして1968年になると、「あねといもうと」に妹役で出演して、
全国的な知名度を得て、
翌年には多くのバラエティードラマ番組やドラマにも出演しました。

1970年には歌手デビューもしたのです。
また、同じ年には高校教師と女生徒の極秘の結婚を描いた大ヒットドラマの
「奥様は18歳」で最高視聴率33.1%を記録するなど、
コメディータッチのドラマでもその才能を発揮しました。

このドラマのヒットなどで、国民的アイドルとして大活躍をしました。

そしてその影響を受けた作品として、
「なんたって18歳!」「ママはライバル」といった岡崎友紀18歳シリーズが制作されて、
これまた大きな人気を博しました。

そして1991年になると、倒産したタレント養成所の生徒を自分で面倒見て、
劇団「NEWS」を結成して、若手俳優の指導と育成を指定ました。

自分で脚本、演出、振り付けを行い、
舞台の内容は環境問題をテーマにした強烈なメッセージ性のある内容で、
読売新聞、毎日新聞の社会面でも掲載されて話題を呼びました。

若い頃のdo you remember meが最高!

 

「do you remember me」は1980年に、
岡崎友紀がYUKI名義で歌ったシングル曲とアルバムタイトルです。
それから2000年代まで色々ななアーティストによってカバーされた名曲です。

・フローレンス芳賀がカバー(1984年)
・木村恵子がアルバム内でカバー(1988年)
・RIBBONがカバー(1992年)
・SUZY SUSIEがカバー(1993年)
・フジテレビのアナウンサーたちによる企画もので中村江里子がカバー(1996年)
・金月真美がカバー(1999年)
・キタマユマがカバー(2001年)

この曲をリリースする2年前の1978年に森田英夫と結婚して
レコードのリリースを休んでいたのですが、
この曲のリリースを機に、歌手活動を再開することになったのです。

スポンサーリンク




岡崎友紀の現在は?

岡崎友紀の現在は、色々な団体に所属しています。

・地球こどもクラブの理事
・日本パンダ保護協会評議員

その中でも上層部に所属しているようで、
素晴らしい活躍をしているように思われます。

動物を心から愛しているのだと思います。

それから、2012年には第22回参議院議員常選挙で民主党から出馬されたのですが、
残念ながら落選してしまったようです。

落選したとはいっても、出馬できるってことだけでも素晴らしいですね!

岡崎友紀は結婚しているの?

1978年にはソニーの森田昭夫の息子である
森田英夫と結婚しましたが、1981年に離婚しました。

そして1986年に岩倉健二と再婚しましたが、2005年に離婚しています。

ということで現在は独身のようです!

この2回の結婚をしたのですが、
どちらとも子供はできなかったようです。

現在は、猫二匹と暮らしているようです。

まとめ

岡崎友紀は現在も違った分野で
素晴らしい活躍をしているみたいですね。

やっぱり彼女は元々がとても優秀な人なんでしょうね。
きっとどんな分野に行っても成功できる、
とっても素晴らしい人なんだと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事