江川卓ってとても人気のあるテレビタレントで、
切れ味鋭い解説者ですね!

今はとってもすっかり人気者なんですが、
昔はそんな感じではなくて、
けっこう悪役、ヒールといったイメージがある人物だったのです。

なぜ悪役になったのかというと、
それはある出来事がきっかけだったのです。

それは空白の1日と言われる、
ドラフト制度の盲点を突いた事件を起こしたからです。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

江川卓の2度のドラフト

 

江川卓は1973年の春の甲子園大会で、
作新学院の絶対的エースとして大会通算最多奪三振などの
多くの記録を樹立して日本中の話題の的になったのです。

それ以降というもの、ほとんどのプロのスカウトが江川の元を訪れるようになったのですが、
江川は大学進学を表明していたのです。

 

 

1度目のドラフト

その頃のドラフトはクジによって指名する球団の順番を決めるという、
「変則ウェーバー制」が取られていました。
そのために多くの球団は指名を見送ったが、なんと阪急ブレーブスは
進学を希望していた江川をドラフト1位で指名してしまったのです。

しかし、江川はやはり大学に行きたいということで、入団を拒否したのでした。

最初は慶応大学への入学を希望していたのですが、
入学試験にパスできず、法政大学へ入学したのです。

法政大学では入学してすぐの1年生の時からエースとして活躍して、
通算47勝、完投数17、ベストナインにも6回も選出され、
通算奪三振数443個という様々な記録を打ち立てたのでした。

 

2度目のドラフト

そしてまた4年という月日は流れて、江川が大学4年となる
1977年のドラフト会議を迎えたのでした。
この時も前回と同様に「変則ウェーバー方式」であり、
1番目がクラウンライター、2番目が巨人という順番でした。

この時には作新学院の理事長が、
巨人以外の全球団に江川指名を回避するようにという工作を
水面下で行っていたために、巨人以外の指名は絶対にないと思われていたのです。

クラウンライターもその意向に沿って、
クラウンは地元の門田富昭という選手を1位指名するという情報があったのです。
ところが、まさかの事態が起こったのです。

 

クラウンライターの球団代表の坂井保之の鶴の一声で江川を1位指名してしまったのです。

そのため江川を指名できなくなった巨人は山倉和博をドラフト1位で指名したのです。
この指名に、またもた江川は入団を拒否したのです。

その理由は九州は遠すぎるというものでした。

アメリカ野球留学

そして1978年には大学卒業をするやいなや、
作新学院職員という肩書でアメリカの南カリフォルニア大学に野球留学をしたのです。

その理由は、大学から社会人野球に進むと
2年間は指名ができなくなるというルールがあったために、
それを避けて、翌年のドラフトで指名してもらえるように
アメリカ野球留学という選択をしたのです。

クラウンライターの身売り

1978年10月12日にクラウンライターは、西武グループに身売りをしたのです。
そして西武は本拠地を福岡から埼玉県の所沢に移して、
江川が嫌った遠すぎるという条件は取り除いたのです。

そして江川の交渉権を前身のクラウンから引き継いだ西武は使者をアメリカまで送り、
江川と入団交渉をしたのですが、
結局のところ江川の気持ちを変えることはできず、
交渉権は失効してしまったのでした。

 

スポンサーリンク




空白の1日とは

11月20日に江川卓は父親から呼び出されて、
突然アメリカから帰国することになったのです。
そしてここから江川自身も何が起こったのか分からないほど、
事態は急展開を見せたのでした。

帰国した翌日の11月21日に巨人は江川との入団契約をしたのです。

 

その頃の野球協約では、ドラフト会議で選手との交渉権を得た球団は、
その対象となる選手と交渉できるのは、
その次の年のドラフト会議の前々日まで
と定められていたのでした。

 

この理由は、もしドラフト会議の前日まで交渉を続けた場合に、
それが会議の行われる場所からかなり遠いところで行われて、
もし気象状況などが悪くなりドラフト会議にこれなくなるのを防ぐという目的で、
閉鎖日として設けられたものだったのです。

そしてその頃のドラフト対象者は「日本の中学、高校、大学に所属しているもの」であり、
当時の江川は社会人野球にも所属していなかったために、
野球協約上では、ドラフト対象外だったのです。

ただ、日本プロ野球機構は1978年7月31日には
「日本の中学、高校大学に在籍した経験のあるもの」と改正したのですが、
この新しい協約は次回のドラフト会議の当日から効力を持つことになっていたのです。

そのためにドラフト会議の前日の11月21日には西武との交渉権が失効しており、
そこで巨人はこの野球協約の盲点を突いて、
「日本の中学、高校大学に在籍した経験のあるもの」
がドラフト対象とするのはドラフト会議が行われる11月22日以降であると解釈したのです。
そして11月21日に江川はドラフト対象外選手であるとして、
船田中自民党副総裁事務所で入団契約を締結したのです。

ドラフト対象選手を日本の学校に在学する選手と
社会人野球の選手に限ると解釈されてしまう一文になっていたのは、
完全な野球協約の盲点だったのです。

しかし、こんなことを認めてしまえば面子が潰れてしまうと考えたのか、
当時のセントラルリーグ会長は巨人の選手登録を拒否したのでした。

これに対して巨人は烈火のごとく怒り、
その抗議として22日のドラフト会議をボイコットしたのです。

3度目のドラフト会議

巨人不在のドラフト会議の中、江川にとって3度目のドラフト会議が行われたのです。
当初、他球団は江川を指名する意志など全くなかったのですが、
巨人の行った行為に抗議の意向を唱える形で、
江川を指名する球団が4つも出てきたのです。

 

江川を指名した4つの球団

南海ホークス、近鉄バファローズ、

ロッテオリオンズ、阪神タイガース

 

そしてクジ引きの結果、阪神が江川の交渉権を獲得したのです。
これに対して巨人サイドは江川との契約は野球協約に則ったものであると主張し、
日本野球機構のコミッショナーに訴えたのでした。

そして11月23日には、
巨人サイドは江川卓の地位保全の仮処分申請を東京地裁に申請したのです。

また、当時の巨人のオーナーであった正力亨は江川との交渉権が持てないというのであれば、
巨人は単独でセントラルリーグを脱退して、新リーグを作ると公言した影響で、
12月中でありながら、翌年の開催日程も組めないという大変な事態に陥ってしまったのです。

これを受けてコミッショナーはドラフト会議の結果は全て有効であり、
巨人と江川の交渉権は認めず、
阪神と江川の交渉権を認めるということで結論を出したのでした。

コミッショナーの要望

コミッショナーは巨人の訴えを却下する形になったのですが、
江川には阪神に一度入ってもらってから、
巨人にトレードするという形で解決してほしいという強い要望を出したのです。

このコミッショナーの考えに各球団は納得してくれたのですが、
阪神はこれに猛反発して、王貞治を出してきてもトレードはしないと反発していたのです。

ただ、阪神がこういった強硬姿勢だったために、
江川はトレードの確約が得られず、契約交渉は思うように進まなかったそうです。

小林繁との電撃トレード

しかし、事態は急展開を見せたのでした。
それは江川が阪神といったん契約を交わして、
その同じ日に小林繁との交換トレードをすると電撃的に発表したのです。

ということで阪神はコミッショナーの意向を受け入れたことになったのです。

そしてトレード要因となった小林は、キャンプ地である宮崎へ行くために羽田空港に向かっていました。
その時、巨人の関係者がさっと近寄ってきて、
阪神の江川との交換トレードを告げられたのです。

この解決策は全くの特例であり、一度きりということにされたのでした。

しかし、このあまりにもショッキングなトレードのために、
ファンやマスコミからは電撃トレードと言われて、
大きな話題となったのですが、多くの批判を浴びた一件でもあったのです。

そしてトレードはしないと言っていた阪神も、
実際はトレードしてしまったことで、強い批判を受けたのでした。

なんとも後味の悪い出来事であったことは間違いありません。

まとめ

この空白の1日は大きな出来事でしたね!
その後しばらく、かなり悪いイメージが付きまといましたが、
今は絶大な人気を誇るタレントとなっていますのでよかったですね。

江川卓はやっぱり注目される星の下に生まれているんですね!

スポンサーリンク







おすすめの記事