日本人の死亡原因の第一位は、がん

2014年の統計を見ると、第一位は肺がん、2位は胃がん、3位は大腸がんとなっています。
それではそれぞれの原因を見て行きましょう。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

54人の購読者に加わりましょう

肺がんの原因

一番の原因はタバコです。
タバコを吸うと遺伝子の突然変異が肺の中で繰り返され、肺がんを発症しやすくなります。
吸う本数が多い程DNAが傷つきやすくなります。
1日1箱を1年間吸い続けると、肺の細胞の遺伝子に150個の変異が生じることがわかっています。

胃がんの原因

ピロリ菌という細菌が原因だと言われています。
胃炎や胃潰瘍は胃壁の細胞を傷めます。
それが繰り返されると遺伝子に何らかの変異が生じます。
そしてこれらが、がん化するのです。
スキルス胃がんは、進行するスピードが非常に早いです。
単なる胃痛と勘違いしてしまうと、あっという間に取り返しのつかないレベルにまでがんが進行してしまうので、早期発見は難しいです。

大腸がん

大腸がんは初期症状がほとんどありません。
そのため早期発見が難しいです。
大腸壁の粘膜の細胞ががん化し、時間が経つと大腸の壁に広がっていきます。
進行スピードはそれほど早くありませんが、進行する過程でリンパ節や肝臓などの別の臓器に転移するリスクがあります。

がん予防対策を行いましょう

がん細胞に侵されるまでの過程は部位によって微妙に異なります。
でも、これらのがん細胞を短期間で死滅させる成分を含んだ食材がいくつかあります。
欧米では民間療法と共に、こうした食材を日常的に食べることで、がんの発症率を劇的に改善しているようです。

それでは、がんの予防効果が期待できる食材をご紹介していきます。

スポンサーリンク




がん細胞を短時間に98%死滅させる驚異の野菜、ゴーヤとブロッコリー

ゴーヤ

わずか5%に希釈したゴーヤジュースは、癌細胞の損傷に著しい効力を示しました。
治療の72時間後に、4つの膵臓癌細胞株のうち、2つのがん細胞の生存能力を90%、残りのがん細胞を98%まで削ぎ落としました。

沖縄県民の方達が長生きなことは知られていますが、このゴーヤによるところが大きいのではないかと考えられますね。

米コロラド大学がん研究センターのラジェッシュ・アガーワル(Rajesh Agarwal)教授達が、民間療法と数年前の研究で、ゴーヤには膵がん細胞に対して、そのエネルギーの源となるグルコース代謝能力を抑制し、結果として膵がん細胞を死に至らしめる働きのあることを発見しました。

マウスを使って行った実験結果では、ゴーヤの抽出液を摂取したマウスは摂取していないマウスと比較して、がん細胞の代謝機構に大きな関与があったとみられました。
プロティンキナーゼの働きを促進するという効果で、60%も膵がん細胞の増殖が抑制されていたのです。

免疫系が強化され、体を解読し、歯の伝染病および有毒歯科材料を除去して体をアルカリ化します。
酸化治療を備えた体を酸化させて、がん特有の代謝経路を妨害する為に、特定の栄養を与えてくれます。

癌細胞はグルコースの発酵を利用して乱れたエネルギーを作り出します。
ゴーヤは、がんのエネルギー生産を妨害してくれます。

膵がんの前兆になる場合がある糖尿病において、これまでにもインドや中国などアジア諸国では、ゴーヤはII型糖尿病に効果があると信じられてきました。
そして何世紀にもわたって民間療法などで多く用いられてきました。

 

ブロッコリー

アメリカのサウスダコタ州立大学のモウル・デイ助教授と研究チームの報告によると、
ブロッコリーやカリフラワー等アブラナ科の植物が、がんの幹細胞を消滅させ、増殖まで抑える効果があるとの事でした。

しかも24時間以内に75%のがん細胞が死滅したのです。
がん予防の分野で注目されているフェネチルイソチオシアナートの合成物や酵素が、ブロッコリーやカリフラワーなどに含まれているからなのです。
人間の子宮頸がん細胞をペトリ皿に置き、フェネチルイソチオシアナートを加えて観察した所、24時間以内に75%のがん細胞が死滅したのです。
幹細胞自体も破滅させました。
マウスを使っての研究では、マウスの肺組織のがん細胞の成長を阻んだ事も確認されました。

 

ブロッコリーにはレモンの2倍ものビタミンCが含まれています。
100グラム食べれば一日に必要なビタミンCが摂取出来るんです。
ちなみに、ブロッコリーとワサビを一緒に食べると、がん予防効果が上がるそうですよ。
British journal of Nutritionで発表された内容によると
ブロッコリーにわさびを加えて食べると、ブロッコリーの抗ガン作用がアップするらしいです。

ブロッコリーは加熱しすぎると、抗がん効果のある酵素が減ってしまうのですが、わさびと食べることで効果が復活するんですね。
クレソン、大根、キャベツ、芽キャベツなどと一緒に食べることでも、わさびと同様の効果が得られるそうです。

抗がん作用の他にもピロリ菌を抑えたり、肝臓の解毒酵素を作る働きもあるらしいです。
抗ウイルス、抗菌作用もあって風邪もひきにくくなります。
これはもう食べるしかないですね。

 

この2つの食材を食べていくことで、今後はもっと簡単にガンを完治していくことができるかもしれませんね!

 

 

スポンサーリンク







おすすめの記事