叶和貴子って本当にきれいでしたよね!

着物が似合う、和服美人という感じです。
もう、彼女の姿に見とれてしまった男性は本当に多いのではないでしょうか?

そこにいるだけで、存在価値があるというくらいの美貌でした。

こんなべっぴんさんってこの世の中にいるのかなって思ってたくらいです。

ということで今回は、叶和貴子を語ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







叶和貴子のプロフィール

叶 和貴子

かのう わきこ

1956年4月23日生まれ

北海道出身

なんて美しい人なんでしょうか?
本当に素晴らしすぎる美貌ですね。

そして実は運動神経も抜群なんです。
中学校、高校のころは陸上部に所属していました。

女子80mハードルで北海道記録を樹立したという、
美貌もあって運動もできるスターです。

短大は東京にある桐朋学園短期大学でした。
1977年に同短大を卒業後、
ピンクレディーや郷ひろみのバックコーラスをしていた時期があったのです。

それから久世光彦に見いだされることになったのです。
それは「和服の似合う美人女優」を探していたのです。

そしてデビュー作は1980年のTBSのテレビドラマ『源氏物語』でした。

CMはあの黄桜のCMが有名でしたね!

叶和貴子はかつて高橋慶彦と付き合っていた?

これは1982年から83年ぐらいの間のことです。

当時、叶和貴子ともと広島東洋カープの高橋慶彦は付き合っていたようです。

高橋慶彦は広島在住で、叶和貴子は東京でした。
しかし、高橋慶彦はざわざわ東京まで会いに行っていたようです。

新幹線や飛行機といった交通手段もあったのですが、
わざわざ愛車のポルシェを飛ばして行ったという話もあるくらいです。

さすがはプロ野球界のモテ男、高橋慶彦ですね!

叶和貴子は結婚してるの?

実は1988年に叶和貴子は結婚しました。
相手は、ライブハウス経営の白浜雅昭という男性です。

最初は普通の友達で、結婚など意識するようなものではありませんでした。

しかし月日は流れ、1986年には白浜雅昭が40歳で
叶和貴子が30歳になっていました。
そして今後、お互いに縁談がなければ結婚しようと白浜が言ったことをきっかけに
2人は自分たちの関係を意識するようになっていったのです。

実はこの白浜雅昭はあの星野仙一と明治大学での同期でもある人物です。

1987年2月に白浜雅昭は叶和貴子にプロポーズしたのです。
そして翌月にはライブハウス10周年パーティーでデュエットなどもしています。

そいて1988年3月27日に、700人ものお客さんを招いて、
二人の結婚式は盛大に行われました。

しかしこの結婚に対して叶和貴子の母は当初から疑念を抱いていたようです。
ライブハウス経営が決して安定したビジネスではないことや、
結婚によって叶和貴子の仕事が激減することを危惧していたのです。

 

1991年に離婚

叶和貴子の母のように、結婚前からこの結婚を危ぶむ声はありました。
実際に結婚生活に入ってみると、やはり難しいものがあったのです。

ライブハウス経営の白浜雅昭は朝帰りが続いて、
一方の人気女優でもある叶和貴子もドラマの撮影で家を空けることも多くなっていったのです。

そして1991年2月に2人は離婚しました。

この後、叶和貴子は結婚をしていません。

 

スポンサーリンク




リウマチとの闘い

この離婚の後に、更なる不幸が叶和貴子を襲ったのです。

この頃、体に異変を感じたのです。
それは体中の骨が痛み出し、背中が冷えるようになったのです。

そこで医者に行ってみたところ、リウマチと診断されたのでした。

初めに体の異変に気付いた時に、これはリウマチかもしれないと言われていたのですが、
仕事が忙しかったこともあり、2年間放置していたのです。
仕事を優先するあまり、無理に無理を重ねていたのでした。

闘病中に父も倒れる

彼女自身のリウマチとの闘いのさ中、
今度は彼女の父も脳梗塞と心筋梗塞を併発して倒れたのでした。

自分の闘病もあったのですが、彼女は父の看病もしていたのです。

この当時、思うように仕事ができなくてとても焦ったと言います。

叶和貴子は父を必死で看病したのですが、
父親は残念ながらなくなってしまったのです。

 

リウマチはさらに悪化

この後、リウマチはさらに悪化していったのです。
それまで聞いていた薬も効かなくなり、
医師からは女優をやめることを勧められたのでした。

上述したように、鎮痛剤を飲み、点滴を打ち、
または観客には分からないように、
椅子などで体を支えながら舞台に立っていた彼女でしたが、
1997年に全ての女優活動休止に追い込まれたのでした。

そしてこの頃になると、ほとんど寝たきりの状態になっていたようです。

叶和貴子の現在は?

一時は女優業を休業していた叶和貴子ですが、
2000年には見事仕事に復帰したのです。

ナレーションの仕事を中心に復帰して、
現在は闘病をテーマにしたテレビやラジオ番組に出演したしています。

体に無理のない範囲で仕事をこなしています。

また、苦しんでいる人に勇気を与えたいという想いから、
持病のリウマチ、父の死を乗り越えてきた経験を交えて、
講演活動も行っており、聴衆に大きな感動を与えています。

まとめ

かつて美人女優としてもてはやされた叶和貴子です。

しかし、今はこうしてリウマチという病気を経験して、
父親の死も乗り越えて、そこには違う叶和貴子がいます。

かつての叶和貴子とはまたちょっと違った輝きがそこには存在します。
それは表面的な美貌ではなく、もっと深みのある美しさです。

だからそ、今の叶和貴子にしか表現できない仕事があるのです。
これからの叶和貴子にもっともっと期待していきましょう!!

スポンサーリンク







おすすめの記事