あの横山やすし、通称やっさんです。
やすきよの漫才で、とても人気がありましたね。

本当に素晴らしい漫才でした。
上方の漫才としては、今でもトップクラスに入る漫才です。
何十年たった今でも色あせない本当に面白い漫才でした。

でも、あれだけの面白いものを作る半面、
その私生活もかなり破天荒だったようです。

ということで今回は、伝説の漫才師横山やすしについて語ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

横山やすしのプロフィール

横山 やすし

よこやま やすし

本名:木村 雄二

きむら ゆうじ

1944年3月18日生まれ

1996年1月21日没(51歳)

163㎝

横山やすしの出生はとても特異なものです。
高知県沖の島の旅館でアルバイトをしていた女性と、
島に巡業に来た旅回り芸人一座の団員との子供に生まれたのです。

そしてこの横山やすしの母がやすしを産む時の分娩は、
映画『孤島の太陽』のモデルとして注目された伝説の荒木初子の
助産婦としての初めての仕事だったという説もありますが、
これは間違いであるとも言われています。

中学2年の時に同級生を誘ってラジオの素人参加型番組『漫才教室』に出演しました。

それ以前には漫才などしたこともなかったのですが、
この番組を機に漫才の才能を発揮し始めたのです。

そして中学の卒業式では漫才を披露して、同級生からも大うけして、
拍手喝さいを浴びたのでした。

そして中学卒業後の1959年、やすしは松竹芸能に入社したのです。
それからしばらくして、横山ノックに弟子入りしたのです。

横屋ノックに弟子入りしてからは、非常にまじめで、
師匠の持ち物がある場所をすべて覚えたり、
師匠がたばこを吸おうとするとライターを取り出してさっと火をつけたり、
師匠が出かけるときは、靴と靴ベラをそろえるなど、
とても気が利いた弟子であったと言われています。

 

その後は数人と漫才コンビを組んだのですが、どれもうまくいきませんでしたが、
1966年に西川きよしと「やすしきよし」というコンビを組むことになったのです。

ただ、西川きよしサイドではこのコンビ結成を当時の
吉本新喜劇の上司に相談したところ、こういわれたようです。

「やすし君とだけはやめておけ」

結成当時はコンビの中が悪かった二人でした。
その理由は、やすしは台本を読むとすぐに漫才の流れを掴んでいたのですが、
きよしは何度も稽古しないと気が済まないタイプだったので、
やすしのことが稽古嫌いと映っていたのでした。

 

そして二人は背広がズタズタになるまで取っ組み合いの喧嘩になったそうです。

そのため、コンビ結成からすぐに、やすしは「解散や!」と言い出したのですが、
周囲からなだめられて、解散を思いとどまったのでした。

 

しかし、やはり才能のある二人は徐々に頭角を現していったのです。
周囲の漫才を評価して、研究して、分類して、
自分たちにあったものを取り入れて、自分たちのスタイルに合ったものにテイラーメイドしていったのです。

そして、コンビ結成から1年で第2回上方漫才大賞の新人賞を獲得しました。

横山やすしの破天荒伝説エピソード お金関係

横山やすしが飲み屋に現れると、ミナミのクラブや北新地の店は一斉に
どこかに逃げ隠れたのです。そして他の店に、(やっさんが来た)と連絡を取り、
ほとんど全ての店が臨時休業にしてしまったのでした。

その理由はいつも会計の時に、「今日はツケにしろ」と言って、
しぶしぶ店の者が了承すると、やすしはさらにすごんで、
「釣りよこさんか?アホ」と言って釣銭を取って店から出て行くからでした。

ある年、横山やすしが所得番付けで二位にランクインして、
かなりの収入を得ていた年でしたが、
やすしの妻は、NHKの集金やヤクルトのアルバイトをしながらなんとか生計を立てていたのです。
あるとき、横山やすしはビートたけしに車の修理を頼んだのです。
それは外車のだったために数十万かかったのですが、
「おおきに」といって渡した修理費がたったの6000円だったのです。
前借りやと5千円だけ支払い、数千万もするセスナを買いました。
しかし後の代金は踏み倒してしまったそうです。

 

スポンサーリンク




横山やすしの破天荒伝説エピソード 車関係

西川のりおが横山やすしの運転手だった頃です。
真夜中の高速道路を走っていたときに、
目的の場所を通り過ぎてしまって、
やすしが「ワシにまかせ」と突然運転を交代したのです。

それから高速道路を1kmほどバックで戻ったという逸話が残っています。

タクシーに乗ってた時に運転手が道を間違えたらしく、こう怒鳴ったのです。
「ワレ、その道違うがな。時間がないんじゃ。ワシと代われ!」
そして無理やり運転を交替して、なんと歩道をぶっ飛ばしたそうです。
やすしはこの時、運転免許を持っていなかったそうです。
やすしにとって赤信号は「注意して進め!!」

横山やすしがダウンタウンにブチギレ!!

今や大御所お笑い芸人のダウンタウンですが、
デビューしたてのころ、彼らのコンビ名は「ライト兄弟」でした。

その後ダウンタウンに改名して爆発的に売れたのです。

現ダウンタウンがライト兄弟というコンビ名でテレビに出演した際、
「家を燃やした」「藁人形作った」といった
不謹慎なネタをしていたために、
「笑いの仲には良質なものと、悪質なものがある。お前ら二人のは悪質な笑いや!」

といって、テレビで公開説教したのです。

また、この当時のコンビ名であった「ライト兄弟」についても
「航空ファンに迷惑や!」と批判したのです。

もう、本当に破天荒すぎるエピソードですね。
本当に伝説の中の伝説と言ってよいでしょう。

まとめ

やっぱり横山やすしって凄い人だったんですね。
彼の漫才も突き抜けていたけれども、
彼の生き方も本当に突き抜けていました。

でも、そういう破天荒さがあったから、
あの天才型の漫才もできたのかもしれません。

本当はもっと生きて、もっと素晴らしい漫才を見せて欲しかったです。

スポンサーリンク







おすすめの記事