1月31日の『夜の巷を徘徊する』でマツコ・デラックスが行ったお店です。

そこで余りのおいしさに40個も餃子を食べました。

それっていったいどんなお店なんでしょうか?

そのお店に迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ズバリ、ホワイト餃子です!!

マツコが番組で訪れたのは、板橋区高島平のホワイト餃子なんです。

この店に立ち寄ったのは、
マネージャーが子供のころに通っていたお店ということで立ち寄りました。
ホワイト餃子は本当に美味しい餃子のお店なんです。

チェーン展開していますが、その味は本当に素晴らしいものです。
まさに専門店です!

 

 

素材選びを厳選して行い、
独自に開発した技術と作り方で、お客さんが喜んでくれるようにおいしく焼き上げます。
厳選された最高の素材を独自の製法で製造し、

ホワイト餃子はチェーン店ですが、面白いシステムを取っています。

それは本店・支店に関係なく、それぞれ各店舗が材料を購入するのです。
そして各店舗で独自で作って焼いた餃子が出てくるのです。

この独自の製法に関しては、基本的には本部が永年培ってきた技術と、
最も新しい技術を常に織り交ぜて、さらにおいしい餃子を追求し続けています。

だから、伝統に胡坐をかくことなく、
常においしい餃子をつくる姿勢を持っているのです。

 

板橋区高島平のホワイト餃子店の詳細

東京都板橋区高島平2-5-7
TEL : 03-3559-1009
FAX : 03-3559-1009

定休日毎週土曜と年末年始

平日 (昼) 12時〜14時 (ラストオーダー 14時)
(夜) 17時〜21時 (ラストオーダー 20時45分)
土日祝 (昼) 11時30分〜15時 (ラストオーダー 14時45分)
(夜) 17時〜21時 (ラストオーダー 20時45分)

 

こちらのお店はチェーン店ながら、家族で経営しているので
すっかり地域密着型のお店になっています。

もう、常連さんともすっかり顔なじみで、みんなから愛されているお店です。
このあたりが、普通のチェーン店とは違った感じですね。
そこにホワイト餃子がたのチェーン店システムとは違った特色を出していますね!

だからマネージャーが思い出深くて、ついこのお店に立ち寄ってしまったのでしょうね。

 

スポンサーリンク




ホワイト餃子のメニュー

ホワイト餃子のメニューはいかにも餃子店といった感じなんです。
本当に、餃子が中心であとはそれを引き立たせるおつまみとビールです。

焼餃子(10個) 480円
水餃子(8個) 480円
生ビール 656円
もやし 410円
生セット (生ビール+もやし中) 765円
キムチ各種 410円

このメニューを見てるだけで、こだわり感が半端ないのが分かりますね!

絶対に美味しいはずです。

そして、極めつけはこの餃子を全国配送しているんです。
このこだわりの味を家庭で楽しめるのかと思うと、なんだかワクワクしますね。

でも、これは絶対に美味しいはずです。
だって、あのマツコが40個の食べたのですから!

ホワイト餃子のおいしい食べ方

普通の餃子よりもかなり大きいですね。
これなら1皿の10個で結構、満腹になってきますね!

美味しい食べ方を常連さんに聞いてみました。

それによると、やっぱりラー油と醤油、そこに酢を混ぜて食べるのが良いそうです。

そして飲み物はやっぱりビール!

餃子とビールは本当に相性がぴったりと合うようです。

そこにお好みでキムチも食べると、
辛さが食欲を増進してくれるそうです。

もう、これを読んでるだけで食べてみたくなりますね!

まとめ

 

これは本当においしそうですね!

ぜったいに行ってみたくなります。
マツコで紹介されるだけのことはありますね。

ぜひ、あなたも、ホワイト餃子に行ってみてください。

スポンサーリンク







おすすめの記事