ここにきて、大きなニュースが飛び込んできました。

あの石原軍団が解散するという衝撃的なニュースです。
これまで、多くのかっこいい俳優たちを輩出してきた石原軍団ですが、
とうとう解散するのではというニュースでした。

とっても残念なことです。

ということで今回は、石原軍団の解散について迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

石原プロモーションとは

〒182-0024
東京都調布市布田4丁目20番地
調布シティビル3階
設立1963年(昭和38年)1月16日

俳優の石原裕次郎が設立した日本の芸能事務所、制作プロダクションである。
本社は東京都調布市に所在。

略称は「石原プロ」。

また、同社が制作していた「大都会 PARTIII」の『黒岩軍団』、
「西部警察」シリーズの『大門軍団』にちなみ、
所属タレントの集団は『石原軍団』(いしはらぐんだん)の愛称で広く親しまれている。

2016年12月から新たに「石原プロNEXT GENERATION」
と呼ばれるグループが誕生し、従来の石原プロとともに二部構成となった。

代表取締役会長は石原まき子。

石原軍団の特徴は、芸能事務所・制作プロダクションでありながら、
映画撮影用機材や撮影クルーも自社で持っているという点です。

そのため石原軍団は、自社を「映画製作会社」と言っています。

1963年1月16日に石原裕次郎の個人事務所)として設立されました。

1960年代から1970年代前半にかけては、映画の大成功で経営が潤っていました。
しかし、その後は経営が悪化して、当時8億円ほどの借金を背負ってしまいました。

また、そこに追い打ちをかけるように映画の人気が低迷していったのです。
石原裕次郎はそんな状況下でも、テレビの評価が低いという理由で、テレビ出演を頑なに拒んでいました。

それでも周囲からの強い説得に折れる形で、テレビドラマ『太陽にほえろ!』に出演したのです。

太陽にほえろ! スコッチ&ボン編1 DV [ 石原裕次郎 ]

価格:28,188円
(2019/4/18 12:09時点)
感想(1件)


『太陽にほえろ!』はスタートするやいなや、大人気番組となりました。
石原裕次郎はそこで初めて、テレビの威力に気が付いたのです。
その後は、映画ではなくテレビに活動の拠点を移していくことになったのです。

その後は、『大都会』『西部警察』シリーズを、
石原軍団でテレビドラマ自ら製作して大きな人気を獲得したのです。

その収益で、それまであった10億円近くの負債の支払いは完全に終わり、
それどころか約30億円に上る資産を築いて、再び大成功を収めたのです。

その後は渡哲也が副社長に就任して、神田正輝や舘ひろしも取締役になったのでした。

そして1987年に石原裕次郎がこの世を去った後には、渡哲也が2代目の社長を務めました。

 

スポンサーリンク




石原軍団解散

2019年4月16日の報道で、石原軍団解散というニュースが出ました。

1987年に石原裕次郎がこの世を去った後も、渡哲也が24年もの間、2代目社長を務めてきました。

社長を辞任した後も、相談役として石原軍団を支えてきました。

そんな渡哲也ですが、ここへきて石原軍団の解散を決意したのです。
その理由は、高齢化と体調問題でした。

現在会長職を務めている石原まき子も85歳。
渡哲也77歳となっています。

渡哲也が社長を7年前に辞任して、それ以来社長のいすは空席になっていました。
3代目社長の誕生を待っていたのですが、
結局誰もやりたがらないまま、日々は過ぎ去っていきました。

本来はこの4月に事務所も閉鎖する予定だったのですが、
若手タレントらの所属先が決まっておらず、
また、資産整理などもできていないために、公式発表は延期されています。

ただ、石原プロは映画、ドラマ、音楽の版権を持っているので、
この会社を解散することは不可能なのです。

だから、今後は芸能事務所としての活動は休止して、
そういった版権などを管理していく会社にシフトしていくのではないでしょうか?

所属タレントのその後は?

そこで所属俳優たちの今後が気になります。
それについて調べてみました。

徳重聡は俳優系が強い事務所への移籍が濃厚。
舘ひろしは独立。
神田正輝は大手事務所へ移籍が濃厚。

まだ、解散も正式発表されていないので、
こういった情報は噂の範囲を超えていません。

まとめ

 

あの石原軍団が解散というのは驚きのニュースでした。

これまでの日本の芸能界をある意味支えてきた存在でもあるので、
そんな日が来るとは誰も思っていませんでした。

栄枯盛衰とは世の常なのはわかっているのですが、
なかなか寂しいものですね。

でも、これも正式に決定したものではないので、
まだまだ違った展開があるかもしれません。

とにかく、何があっても石原軍団を応援していきましょう!

スポンサーリンク







おすすめの記事