明石家さんまって本当に素晴らしい人ですよね!
面白いし、かっこいいし、
そして本当に思いやりのある人なんです。

だから面白いだけじゃなくて、
女性からもとってもモテモテなんです。

実力があって、人としてもっとも大切な思いやりを持っていれば、
信頼もされるし、愛されるのは当然ですよね。

こんな素晴らしい人が日本のお笑いビッグスリーの君臨していてくれて、
本当に、本当に嬉しく思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

明石家さんまのプロフィール

明石家 さんま

あかしや さんま

本名は杉高文

すぎもと たかふみ

1955年7月1日生まれ

和歌山県出身

172㎝

配偶者 大竹しのぶ(1988年 - 1992年)
親族 IMALU(実娘)

やっぱりさんまってかっこいいと思います。
それに本当に彼はモテると、もっぱらの評判です。

あの恵俊彰も、「あの男はモテます」とテレビで言っていました。

また、学生時代のバレンタインデーには
チョコを渡したい女の子が列を作っていたと言います。

もうそれだけで、仰天エピソードですね!!

明石家さんまの伝説 その1

さんまはギャラを下げないことで有名です。
それはどんなにテレビ不況になろうとも、絶対にギャラを下げません。

31年半も続いた「さんまのまんま」が終了した理由は
ギャラを下げなかったことが理由でした。

その理由は、高給取りであるさんまがギャラを下げると、
後輩たちが給料を上げてくれといえなくなるのではという思いから、
泣く泣くキープしていたようです。

実は明石家さんまは全然金にうるさくなく、
どちらかお言えば無頓着なほうです。

FUNKY MONKEY BABYSのラストシングル
『ありがとう』のジャケットは、彼らが『さんまのまんま』に出演した際に、
「ノーギャラでやったるで」と口約束したものをしっかりと守ったのです。

解散後した後に実家のお寺の後を継ぐDJケミカルに、
「(ノーギャラは)お布施や!!」と言い放ったのです。

本当に素晴らしい人ですね!!

明石家さんまの伝説 その2

時はまだ昭和だった頃、「笑っていいとも」の後に1時からやっていた
「いただきます」という番組があったのです。

この司会に小堺一幾が大抜擢されたのです。
その時はまだ生放送に不慣れだった小堺でした。

それを心配したさんまは、当時は金曜のレギュラーだったために、
引き続き現場に残って、「いただきます」にも出演したのです。

ある芸能レポーター曰く、

「あきらかに緊張していた小堺を、さんまがノーギャラで助けたんです。」

また、2015年には遊び仲間であるアンジャッシュの児嶋のために心遣いを見せました。
「白黒アンジャッシュ」という地方局の番組に、ギャラはたったの5000円で出演したのです。

本当に素晴らしい気づかいですね!

 

スポンサーリンク




明石家さんまの伝説 その3

明石家さんまの娘のIMALUもさんまの神対応伝説を語っていました。

これは子供のころ家族で東京ディズニーランドにいった時の話です。
さんまは変装していたのですが、それでもすぐにばれてしまって、
ファンが写真撮影をねだっていたのです。

そしてさんまは一人一人に丁寧に対応していました。

だからIMALUの東京ディズニーランドでの思い出は、

父親であるさんまのファンとの写真撮影が終わることだったそうです。

明石家さんまの伝説 その4

さんまが若い頃、ファンがとっさに出してきた箸袋にサインをしたそうです。
その時は、ちょっと失礼だと感じたそうです。

しかし、その人が何十年後かにあった時に、
そのサインを財布から取り出してさんまに見せた時にとても感動して、
それ以来、どんなものにでもサインするようになったのだそうです。

明石家さんまの名言

俺は、絶対落ち込まないのよ。
落ち込む人っていうのは、自分のこと過大評価しすぎやねん。
過大評価しているからうまくいかなくて落ち込むのよ。
人間なんて、今日できたこと・やったことがすべてやねん。

 

人間生まれてきた時は裸。
死ぬ時にパンツ一つはいてたら勝ちやないか

 

追い詰められなきゃダメなんですよ、なんでも仕事は。
ゆっくりやるとロクなことないですね。

 

俺は笑いを順位付けるのは嫌い。
自分らが面白いと思うことをやってればええねん。

 

出川は一流や!

明石家さんまの座右の銘

『生きてるだけで丸儲け』

 

これが明石家さんまの座右の銘です。

この言葉は明石家さんまの師匠である笑福亭松之助が良く言っていた言葉で、
明石家さんまの座右の銘として知られるようになったのです。

そして1985年にあの日航機墜落事故が起きたのです。
本来さんまはあの墜落した飛行機に乗る予定だったのですが、
たまたま撮影が早く終わり、便を変更したために乗らずに済み命拾いをしたのです。

それから数年後に生まれた娘にいまると名付けました。

その由来は、『生きてるだけで丸儲け』から「いまる」と取ったんだそうです。

まとめ

明石家さんまって本当に素晴らしい人ですね!

やっぱり人間性も日本を代表する、
偉人だといっても過言ではないと思います。

こんな人を輩出できた日本という国は本当に素晴らしいですね。
そして明石家さんまはわっれわれ日本人の誇りです!!

スポンサーリンク







おすすめの記事