シブがき隊って人気ありましたよね。
あの当時のジャニーズを代表する、
男性アイドルグループだったことは間違いありません。

やっくん、もっくん、ふっくんと3人が個性を出し合っていました。

だからとても素晴らしいグループだったのは間違いありません。

女性ファンもとてもたくさんいました。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

5人の購読者に加わりましょう

シブがき隊のプロフィール

布川敏和
ふかわ としかず

1965年8月4日生まれ

血液型B型
神奈川県川崎市出身
愛称はフックン
イメージカラーはイエロー

 

本木雅弘
もとき まさひろ

1965年12月21日

血液型A型
埼玉県桶川市出身
愛称はモックン
イメージカラーはレッド

 

薬丸裕英
やくまる ひろひで

1966年2月19日

血液型B型
東京都武蔵村山市出身
愛称はヤックン
イメージカラーはブルー

シブがき隊は、1981年4月に結成されました。
この3人は、TBSドラマ『2年B組仙八先生』に出演しました。
そのためにトリオの結成当初は、「悪ガキトリオ」とか「仙八トリオ」などと呼ばれていた。

このシブがき隊というグループ名ですが、ちょっと変わっていますよね。
「シブがき」って何なんでしょうか?

この由来は「シブい"ガキ"」を意味しており、
『セブンティーン』という夏の雑誌の一般公募で選ばれたのです。
最初は『シブがきトリオ』という名前でしたが、
しばらくしてから『シブがき隊』に改められたのでした。

そして歌手デビューは1982年の「NAI・NAI 16」という曲でした。
そのために、シブがき隊も「花の82年組」に含められることがあります。

ちなみに、1982年の『第24回日本レコード大賞』では最優秀新人賞を受賞しています。
それから『スシ食いねェ!』などのヒット曲を出しました。

しかし1986年になると、同じジャニーズ事務所から少年隊がデビューしたのです。
彼らの歌唱力とキレ味抜群のダンスを見た瞬間、
シブがき隊のメンバーはこう言ったそうです。

「これには勝てない!!」

しかも1986年には、デビュー年から4年連続で出場してきた
年末の紅白歌合戦も少年隊と入れ違いで落選してしまったのです。

その後、1988年8月7日、東京厚生年金会館でで解隊宣言をしました。
そして遂に同年11月2日のコンサートで解隊したのでした。

 

スポンサーリンク




シブがき隊解散の3つの理由

その1 薬丸裕英 メンバーの不仲

これは薬丸裕英が、2018年4月19日に放送された
「直撃!シンソウ坂上」に出演して語ったものでした。

それによると、布川と本木は仲が良く、グループ内のバランスは悪かったそうです。
また、チェッカーズと吉川晃司に人気を持っていかれて、
ライバルだったにもかかわらず、布川と本木は彼らとも仲良くしていて、
それも信じられなかったと語っていました。

また、薬丸は個人的には解散には否定的だったそうです。
その理由は、別に解散という風にしなくても、
基本線は個人で仕事をしていて、ザ・ドリフターズのように、
必要な時に集まれるようにしておいたほうがいいと思っていたようです。

ただ、メンバーの一人がそういった形ではなく、
どうしても解散したいと言い張ったために解散へと向かったそうです。

そこで坂上忍が「もっくんでしょ?」と尋ねると、
薬丸は「そう!」と答えたのでした。

 

その2 本木雅弘 解散の原因は自分

これは、上述もしたように、メンバーの中で解散を
一番望んでいたのは本木雅弘だったということを本人も認めているようです。

元々、本木はどこか海外のパリにでも行って皿洗いでも
何でもいいからやってみたいという想いがあったようです。
それを薬丸と布川に話したところ、2人とも目が点になっていたと言います。

そして本木が解散を基本線で話をすると、布川は本木の意思を尊重するという姿勢でしたが、
薬丸はグループを大切に考えていたので、難色を示したそうです。

 

その3 布川敏和 人気があるうちの解散

布川は解散を自分が一番望んでいたとも言っています。
シブがき隊の頃は、給料はすべて親に振り込まれていたので、
仕事をしているというより、部活をしているように感じていたそうです。

また、後続の少年隊や光GENJIの出現で、脅威を感じたとのことです。

少年隊はバック転ができるのに、シブがき隊でバック転をできる人は一人もいない、
だから後続の彼らのパフォーマンスを見て、自分隊は終わったなと思ったそうです。

そこで3人で話し合って決めたと言っています。

シブがき隊の再結成はあるのか?

2017年に布川敏和はシブがき隊の再結成について聞かれて、
次のようなエピソードを語ってくれました。

「解散コンサートの前日に、5年たったら3人で飲もうよ」

このように約束したようですが、この約束は今でも果たせていないのだそうです。

これまで2人での共演はたくさんあったが、
3人揃ってと言うのは一切ないと言っています。

ということで、完全に一人一人が一本立ちしているために、
再結成は厳しそうです。

まとめ

同じグループといえども、解散した理由は三者三様にあるみたいですね。
きっと理由はたくさんあったんだと思います。

それぞれ3人の頭の中では、色々な考えが渦巻いていたのですから。

でも、シブがき隊の再結成を望んでいるのは私だけではないので、
またいつの日か、彼らが『スシ食いねェ!』を謳っている姿を見てみたいものです。

スポンサーリンク







おすすめの記事