本田美奈子って可愛かったですよね!
80年代のアイドルで、ヒット曲も色々と出していました。

抜群の存在感がありましたよね。

でも、彼女はあまりにも早すぎる死を迎えました。
もっと長生きしていれば、絶対にもっともっと活躍して、
素晴らしいパフォーマンスを見せてくれたことでしょう。

ということで今回は、本田美奈子に迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク







本田美奈子のプロフィール

本田美奈子
ほんだ みなこ

本名 工藤美奈子
くどう みなこ

東京都出身

1967年(昭和42年)7月31日生まれ
2005年(平成17年)11月6日没(38歳)

162㎝
O型

でも可愛かったあですね!
本当にキュートという言葉がよく似合う人でした。

 

実は本田美奈子の母も歌手になるのが夢だったようで、
美奈子も幼いころからその影響で歌や音楽に囲まれて育ちました。

もう、歌手になることを宿命づけられていた感じですね。

そして1984年、高校2年生の時に第8回長崎歌謡祭に出場し、
「夢少女」を歌いグランプリを獲得しました。
このことがデビューのきっかけになりました。

ついに1985年に、東芝EMIからデビューしたのです。

ただ、この年は豪華な顔触れがそろっていました。

南野陽子・森口博子・斉藤由貴・
井森美幸・浅香唯、石野陽子・大西結花
森川美穂・中山美穂・橋本美加子・
芳本美代子・松本典子・おニャン子クラブ

そして1986年にはあの大ヒット曲『1986年のマリリン』を大ヒットさせました。
へそ出しルックと振り付けも当時のアイドルとしては珍しいものでした。

そして1990年代には本格的にミュージカルへと進出していったのです。
このあたりから、本田美奈子はアイドルを徐々に脱皮して、
本当に実力のある歌い手になっていったのでした。

アイドルを脱皮して、『アメージンググレイス』を歌い上げる本田美奈子。

とにかくアイドルと言われるのが嫌で、
本当のパフォーマーとしての実力をつけることを最優先に考えていた本田美奈子でした。

彼女は努力に努力を重ねて素晴らしい歌声を手に入れました。
そして本物の歌手になったのです。

白血病で死を迎える

素晴らしいボーカリストになり周りからの賞賛も絶えない頃でした。

2004年頃から、微熱や風邪に似た症状が続いていたのです。
そんな中にあっても、コンサートをこなしていました。

しかし2005年1月12日には、急性骨髄性白血病と診断を受けて緊急入院しました。
その後、化学療法や抗がん剤治療などで回復して、退院までに至りましたが、
その後、肺への合併症から容体が急変して、2005年11月6日にこの世を旅立ちました。
38歳という短い人生でした。

彼女の死はあまりにもショックで、多くの人が悲しみました。

本当に素晴らしい役者と歌手になったところであの世に行ってしまったわけですから。
残念でなりません。

ただ、想像してしまうのは、彼女がもっと生きていたら、
きっと日本を代表する本格派の歌手に成長していたことでしょう。

 

スポンサーリンク




諸星和己との交際をフライデーされた

二人の交際が報じられたのは、1990年10月に、
あの週刊誌のフライデーにスクープされました。

1986年ごろに二人は知り合ったと、フライデーは報じています。

元々は諸星和己が本田美奈子のファンで、
デビュー前から本田美奈子のファンクラブにも入っていたようです。

そこから別れたり、よりを戻したりしながら、
15年も交際を継続させたのでした。
ということは、亡くなる数年前まで付き合っていたということになります。

二人が分かれた原因について、フライデーの報道では、
「事務所の許可を得られず、無理やり引き裂かれた」というものでした。

また一方では、諸星和己の女遊びが激しく、
本田美奈子が耐えられなくなったというものもありました。

その真相は二人のみが知っているということになります。

ただ、諸星和己ですが、40代中盤を超えた現在でも独身です。

その原因は、今でも本田美奈子が忘れられないともいわれています。

まとめ

本当に惜しい人を亡くしてしまいました。

本当に最後は素晴らしい歌唱力を誇る歌い手だったのです。
だから彼女の声をもっと聞きたかったとうのが本音です。

でもたまに筆者は、彼女の歌をYOUTUBEなどで見ています。
デビューしたての頃もそれなりの歌唱力はあったのですが、
最後のころは本物の凄い歌手になっていました。

スポンサーリンク







おすすめの記事