ヒデとロザンナってとても人気ありましたよよね。

素晴らしい歌を聞かせてくれました。
二人の初々しい感じで歌う姿がとても印象に残っています。

あの頃の二人は本当に大人気でしたよね。
素晴らしいデュオでした。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

8人の購読者に加わりましょう

ヒデとロザンナのプロフィール

出門 英

でもん ひで

1942年12月15日生まれ

1990年6月17日没(47歳)

東京都出身

 

ロザンナ・ザンボン

1950年7月3日生まれ

イタリア ヴェネト州出身

 

日本でミュージシャンをしていたロザンナの叔父の勧めで、17才で来日しました。
その理由は、ロザンナの叔父が赤坂の「月世界」というクラブで演奏していました。

そのバンドは頻繁にメンバーが入れ替わっていて、
ある時、女性ボーカルが必要ということになり、
ロザンナをイタリアから呼ぼうということになったのです。

一方の出門英は当時、ボサノヴァ・デュオ「ユキとヒデ」というデュオを組んでいたのですが、
それをちょうどやめたあたりでした。

そんな時、ロザンナと出会い1968年にヒデとロザンナを結成しました。
これが2人の馴れ初めだったのです。

2人のデビュー曲である『愛の奇跡』が大ヒットして、
一躍スターダムにのし上がったのです。
この『愛の奇跡』という曲は2人のデビュー曲なのですが、そのB面だったのです。
A面は『何にも言えないの』という曲だったのです。

この『何にも言えないの』のキャンペーンをするために、
福岡から東へと上っていく予定でした。

しかし、佐賀の有線放送に本来B面であるはずの、
『愛の奇跡』のリクエストが相次ぎ、コロムビアはA面とB面を差し替えて、
レコードジャケットも刷新して再発売に至ったのです。

その後は徐々にセールスが上がっていき、
発売から4か月経った1969年2月24日にチャートのトップ10に入り、
その後2か月近くトップ10以内を維持していたのです。

それ以降も『愛は傷つきやすく』ではオリコンチャート1位を記録しました。
そしてその年の紅白歌合戦にも出場したのです。

それ以降もヒット曲を連発していったのです。

そして2人は1975年2月に結婚して、二男一女をもうけました。
しかし、1990年6月17日に、出門英は結腸癌で帰らぬ人となったのです。

47歳でした。

 

スポンサーリンク




ヒデとロザンナは芸能界追放の危機にあった?

上述の通り2人は1975年に結婚をしました。
しかし、その時あわや芸能界から追放されそうなことが起こったのです。

この2人の結婚発表はNHKで13時くらいに予定されていました。
そのために、NHKには多くの報道陣が集まっていたのです。

しかし、2人は待てど暮らせどやってきません。
それからしばらく待ってもまだやってきません。

そして会見時間から数時間経った後、ようやくマネージャーが理由を説明したのです。

「ロザンナの具合が悪くなり、病院に行かなければならなくなったので、
NHKを降ろさせていただくことになった」

しかし同日の22時ごろ、毛皮のコートに身を包んだロザンナが、
羽田空港で目撃されたのです。
しかも、それは病人とは思えないほどの速さで駆けていったそうです。

さらにその数分後には、出門英とマネージャーが出国ゲートに入ったのでした。
それは22時30分発の、ハワイへの便に乗るためだったのです。

きっと二人はハワイで挙式を行うらしいと考え、報道陣はこれに激怒したのです。

NHKで数時間も待たされた会見がドタキャンになったのですから、怒るのも当然です。

さらに報道陣の怒りを増長させたのは、実は2人は結婚式にフジテレビだけを同行させていたことです。
そしてフジテレビにだけ2人の結婚式を取材させて、結婚式を撮影させていたのです。

これは芸能界ではあってはならないことなのです。
この事態にNHKも大激怒したのです。
それは会見する予定だった日の、番組の収録にも穴を開けたからでした。

NHKは事態を重く見て、次のような声明を発表しました。

「仮病を使って番組に穴をあけるようなタレントは今後使わない」

この怒りはさらに飛び火して、2人が所属するレコード会社も契約の解除を発表したのです。

これを受けて2人は日を改めて会見を開いたのです。

この日の会見で総攻撃を受けたのは、出門英のほうでした。
そして記者たちの厳しい質問に、
「2人だけで静かに結婚式をしたかった」と説明したのです。

そして報道陣は「では、なぜフジテレビは同行させたんだ!」
と怒りをあらわにしたのです。

ただ、この時のロザンナはあまり状況が把握できていなかったのか、
終始にこやかな表情だったとようです。

この後、芸能界を追放されるかも思われたのですが、
2か月後にはバラエティー番組やワイドショーにも出演していたそうです。

もし、今の芸能界で同じことをやったら、
かなりの処分になるかもしれませんが、
このあたりの大らかさが昭和という時代なのかもしれませんね!!

まとめ

ヒデとロザンナはやっぱり偉大でしたね!
本当に素晴らしい歌手でした。

それにロザンナがイタリアから17歳でやってくると言う勇気も凄いですね。
あの時代は今とは違って、海外なんて遠いところだったのに。

しかも、色々あったみたいですが、
大きな成功を収めたのも本当に素晴らしいと思います。

スポンサーリンク







おすすめの記事