食道癌は男性に多く、アルコール、喫煙、果物や野菜不足などの原因で起こります。

2010年にはサザンオールスターズの桑田佳祐さんが治療されました。
俳優の藤田まことさんは食道癌で亡くなっています。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

55人の購読者に加わりましょう

食道癌とは

食道癌は食道に発生する癌のことです。

食道は喉から胃まで伸びる、約25センチの長い管で、部位によって、頸部食道、胸部食道、腹部食道と呼ばれています。
食道癌は内側を覆う細胞から発生することがほとんどです。
粘膜内だけにあるものを「早期食道がん」と呼び、粘膜下層まで至るものを「表在食道がん」と呼ばれます。

それ以上に深い層まで進行しているものは「進行食道がん」と呼ばれます。
食道がんはどこにでもできる可能性がありますが、日本人の食道癌は約半数が食道の中央付近から発生し、次に食道の下部に多く発生します。
国立がん研究センターによると、男性は10万人あたり31.0人、女性では5.6人となっています。
食道癌は、癌による死亡原因の中では世界中で6番目に多い癌です。
日本では14番目に多い癌です。

 

食道癌の症状

国立がん研究センターによると、以下の3つが食道がんの症状になります。

1:胸の違和感

初期段階ではあまり自覚症状がないケースが多いです。
そのうち食べ物や飲み物を飲み込むと胸の奥がチクチク痛んだり、熱いものを飲み込むとしみる感じが起きてきます。

 

2:つかえ感

癌が進行して行くと食道の内側が狭くなり、つかえ感が起きます。
次第に柔らかい食べ物しか通らなくなります。
さらに進行すると、水や唾液も飲み込めず、もどすようになります。

 

3:胸や背中の痛み、咳、声のかすれ

癌が進行し食道の周辺の肺・背骨・大動脈などに転移すると、胸の奥や背中に痛みを感じるようになります。
咳が出ることもあります。
声帯を調節している神経に及ぶと声がかすれます。
食欲減退や体重の減少が見られます。

 

スポンサーリンク




食道がんのリスクを増大させる原因とその対策

食道がんのリスクを高める原因について考えてみたいと思います。
アメリカのメイヨー・クリニックはこれらのものが原因だと発表しています。

・喫煙
・肥満
・飲酒
・胃食道逆流症(GERD)
・胆汁逆流
・バレット食道
・アカラシア
・熱い飲み物を頻繁に飲む習慣
・野菜・果物の不足
・胸部または上腹部に対する放射線治療

癌の主な原因は生活習慣にあるという研究結果が出ていますが、まさにそれを証明しているようです。
特に喫煙は大きな原因です。
たとえ副流煙でも危険性は高いです。
タバコは積極的に避けましょう。

食生活においては、色とりどりの野菜・果物を摂ることが推奨されています。
天然の抗がん剤ファイトケミカルが摂取できるため、がん予防には効果的です。

 

その他、がん予防のために避けるべき物

あらゆる癌予防のために、以下のものも避けましょう。

・残留農薬の多い果物・野菜
・ヘアカラー剤
・加工肉(ハム、ベーコン、ウィンナー等)
・テフロン加工の調理器具(フライパン等)
・砂糖
・養殖サーモン
・砂糖ゼロや糖質オフの食品・飲料品
・プラスチック製品(ペットボトル、ビニール袋等)

これらは私たちの身の回りにごく普通に存在している、発がん性の高い物質を含んだ商品です。
でも知らなければ避けることは出来ません。

食道癌は身近な原因で起こります。
でも原因を知り、それを避けることで予防することは難しくはありませんので、是非知識を身に着けて危険から身を守りましょう。

 

スポンサーリンク







おすすめの記事