私達は食事の度に約100個のマイクロプラスチックを食べている???

こんな事は信じられない、と思われるかも知れません。
でもこれは本当の事なんです。

これは、エジンバラのヘリオットワット大学の研究者が行った研究によって明らかになりました。

今回は、この衝撃の研究をご紹介いたします。

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

55人の購読者に加わりましょう

研究の内容と結果

試験内容は以下の通りです。

食事の際、料理の乗った皿の近くにペトリ皿を置く。
ペトリ皿には粘着シートを貼って粉塵を集める。
食事が終わるまで20分間放置する。
20分後、ペトリ皿に付着したプラスチック繊維を数える。

プラスチック繊維は平均14個付着していました。
一般的な大きさの皿に換算すると、約100個のプラスチック繊維に相当する数です。

これをもとに計算を進めたところ、
一般的な家庭において、ただ食事をするだけで年間68,415本のプラスチック繊維を食べているという驚くべき結論が出ました。

家具から出るプラスチック繊維の量は、魚介類の68倍以上

プラスチック繊維のほとんどは、合成繊維で出来たソファやテーブル、椅子などの家具からのもので、空気中に排出され、粉塵となり料理に積もっていきます。
その量は、魚介類の約68倍にもなります。
同大学は、ムール貝に含まれるプラスチック繊維の量も調査した所、食事に混じるプラスチック繊維と比べて圧倒的に少ない年間100個でした。

つまり、人間の体内に取り込まれるプラスチック繊維の最大の原因となるのは、家具の合成繊維なのです。
でも、普通の生活をしていく上でプラスチック繊維を避けることはほぼ不可能なことです。

 

プラスチックの危険性

1.生活習慣病全般(ガン、糖尿病、心臓病など)

プラスチックにはBPAと言う有害な環境ホルモンが含まれています。
BPAの体内レベルが高くなる程、糖尿病、心臓病、肝臓疾患などのリスクが増大します。

グダニスク医科大学の研究によると、乳ガン、前立腺ガンなどのホルモン異常性のガンの発症リスクが増大すると報告されています。

2:不妊や胎児~幼児への悪影響

グダニスク医科大学の研究によると、男女共不妊のリスクが増大し、胎児から幼児までの脳の発達にも重大な影響を与えると報告されています。
胎児期から乳児期にかけて、リスクは非常に顕著に現れてきます。
発達障害、奇形児や死亡率が増加し、体重増加量の低下といったリスクがあると報告されています。

3.その他の病気

うつ病やアルツハイマー、子宮内膜症や肥満、ホルモン分泌異常など、多数の健康被害が出るリスクがあります。

 

スポンサーリンク




どうやってプラスチックを避ければ良いのでしょうか?

健康被害をもたらすプラスチックは出来る限り避けたいものですね。
化学繊維を使用していない家具を購入すれば良いのですが、こうしたものは高額かつ品数も少ないです。
そこで考えられるのは、空気清浄機を使う事です。

CADRをクリアした空気清浄機を使用する

米国家電製品協会が認証するCADRという基準をクリアしたものがお勧めです。

CADRは『Clean Air Delivery Rate、クリーンエア供給率』の略称です。
これは、キレイな空気を出す量を数値化したものです。
この値が高いほど、空気中の有害物質を早く、多く取り除いでくれます。
プラスチック繊維、チリ、花粉、ダニやPM2.5等の有害な物質を処理してくれます。

家具以外の、プラスチック繊維が多い物

プラスチックが多く含まれる危険な物は以下の通りです。

1.ペットボトル飲料

ほとんどのペットボトル飲料にもプラスチックが含まれることが分かっています。

アメリカの非営利ジャーリズム団体『orb』の調査によると、11のブランドの250本近くのペットボトル飲料からプラスチックが検出されたと報告されています。
ただ、飲料によってばらつきが見られました。
プラスチックが全く検出されないものもあれば、1万を超える粒子を含んでいたものもありました。
この数は調査した全飲料の93%において、1リットル当たり10.4個のプラスチック片が含まれていました。

2.スクラブ剤

スクラブ剤が使われた化粧品などは、ほぼすべてプラスチックが使われています。

かつては天然のクルミやアプリコットなどの果物の種子をスクラブ剤として使用していました。
ところが20年ほど前から合成プラスチックビーズが主要な材料となってきました。

 

ポリエチレンを配合している化粧品

環境省の調査によると、スクラブの原料となるポリエチレンが含まれる化粧品は、調査対象の29,656の製品中、2,150件でした。

洗顔: 石鹸、洗顔フォーム、洗顔パウダー

クレンジング: クレンジング類

スキンケア: 美容液、乳液、フェイスクリーム、フェイスオイル・バーム、リップクリーム

スペシャルケア: 洗い流すパック、シートパック、ゴマージュ・ピーリング、マッサージ料、アイケア、まつげ美容液

ヘアケア: シャンプー、コンディショナー、ヘアパック・トリートメント、洗い流さないトリートメント、頭皮ケア

ボディケア: ボディ洗浄料、ボディローション・ミルク、ボディクリーム・オイル、ボディスクラブ、ハンドケア、その他ボディケア

日焼け止め: 顔用日焼け止め

ベースメイク: BBクリーム、化粧下地、ファンデーション類、コンシーラー、パウダー類

リップメイク: 口紅、リップグロス、リップライナー

頬紅:パウダーチーク、ジェル・クリームチーク

アイブロウ:アイブロウペンシル、パウダーアイブロウ、眉マスカラ、その他アイブロウ

アイライナー:アイライナー類

マスカラ:マスカラ、マスカラ下地・トップコート

 

3.魚介類

家庭から出たマイクロプラスチックが下水に流れ、川や海に流れ込むことでそこに住む魚や貝の体内に蓄積されます。
2016年に京都大学が行った調査では、魚の4割にマイクロプラスチックが見つかりました。
東京湾や琵琶湖など全国を対象に計197匹の魚を採取し、
消化管を調査した所、全体の4割に当たる74匹からマイクロプラスチック計140個が見つかったのです。

 

まとめ

プラスチック繊維の問題は、私達が普通の生活を送る上で避けられないものです。
でも、空気の質は私達の健康に直結しています。
空気清浄機を上手に使って、プラスチック繊維とその被害から身を護って下さいね。

 

スポンサーリンク







おすすめの記事