Gメン75ってよかったですよね!
ものすごい人気ありました。

当時の日本人、全員がみてたといっても過言ではないと思います。
しかも7年も続いた人気ドラマでした。
7年も続いたってことだけでも、その人気ぶりが分かりますね。

昭和を代表するドラマの一つだったことは間違いありません。

 

スポンサーリンク







Gメン75について

放送期間は1975年5月24日 - 1982年4月3日

毎週土曜日21:00 - 21:54

元々Gメンは1975年スタートだったために75となったのですが、
年が変わっても76などに変更はしませんでした。

ただ、Gメン75が終わってから放送されたスペシャルには、
Gメン82とタイトルがつけられました。

このGメンは警視庁から独立した特別潜入捜査班で、
本部長を中心に5-7人のメンバーで構成されています。

このメンバーが国内犯罪や国際犯罪を解決していくという、
ハードボイルドのドラマです。

 

個人的な感情は一切捨てて、非常になってまでも捜査にかけるGメンたちの宿命や、
色々な犯罪に悩まされる弱気市民との闘いを描いたものです。

 

世相を反映

このGメンでは「空白の1日」「沖縄基地問題」「ロッキード事件」など、
世相を反映した社会派のエピソードや、人生の落伍者となって
それから犯罪に手を染めたという犯人の話など、
その内容はとてもバラエティーに富んだ内容だったのです。

また、それ以外にも警察内の腐敗などそういったことも描いているのです。
それ以外にも、アクションシリーズ、スカイアクションシリーズなど、
Gメン75で扱った内容は非常に幅広いものとなっています。

 

オープニング

陽炎の中でメンバー全員が滑走路を横一列に歩くシーンは
Gメンの最も有名なシーンで、
さらにあの名ナレーターであった芥川隆行の
「ハードボイルド Gメン'75 熱い心を強い意志で包んだ人間たち」
というナレーションが大きなインパクトを与えたのでした。

 

ちなみにこのシーンが撮影されたのは、
東京都品川区の道路や海上自衛隊館山航空基地の滑走路でした。

このオープニングは新しくメンバーが加わるたびに取り直しされたのです。

Gメン75の最終回の内容は

新宿のホテルで起きた事件が、
10年前にパリで起きた事件と非常に似ていたのです。

その事件で、Gメンたちはパリに飛んである日本人を逮捕していたのでした。
その時に、その日本人は刑務所に入ることになったので、
その子供2人を日本に連れて帰ってきて、
施設に預けることになったのでした。

実はその子供のうちの一人が成長して、
父親と同じような事件を起こしてしまったのです。

その子供、譲治は拘置所に送られることになり、
護送されているところを、譲治の仲間たちが、
その護送車を襲って譲治は逃走したのでした。

 

スポンサーリンク




最終回2時間スペシャルの思い出を若林豪が語る

最終回の2時間スペシャルを出演者だった、
俳優の若林豪が語っています。

最終回は82ね4月3日の2時間スペシャルでした。
これはサヨナラGメン75また逢う日までというタイトルでした。

当時のGメンは年に2回、香港とパリの長期ロケがあったのですが、
最終回のロケはパリでした。

そのロケが終わった時には、確かにやり遂げたという思いがあったものの、
どこかでやめてはいけないというような、
後ろ髪をひかれる思いがあったそうです。

そして、また別の形でできないかなと思っていたそうです。

最終回のキャスト

黒木警視正・・・丹波哲郎
TETSURO TANBA
立花警部・・・・若林豪
GO WAKABAYASHI
草鹿(くさか)刑事
・・・鹿賀丈史
TAKESHI KAGA
古田刑事・・・谷村昌彦
MASAHIKO TANIMURA
風間刑事・・・藤川清彦
KIYOHIKO FUJIKAWA
賀川陽子刑事・・范文雀
BUNJAKU HAN
津村冴子警部補
・・・江波杏子
KYOKO ENAMI

結城警視正
・・・中丸忠雄

まとめ

やっぱりGメンって本当にすごい番組だったのですね!

だからこうして何十年も経った今でも語り継がれるわけです。
またあの番組が復活してくれたらいいです。

そしてまたあのかっこいいオープニングが見たいです。

スポンサーリンク







おすすめの記事