齋藤絵理ってご存知ですか?

 

齋藤絵理はカレー好きが高じて、
情熱大陸にまで出演することになった女性です。

 

カレー好きの両親のもとで生まれ育ったのがきっかけで、
カレーが好きになり、
カレーを作る人になったそうです。

ということで、今回は齋藤絵理に迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク




ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

6人の購読者に加わりましょう

齋藤絵理プロフィール

齋藤絵理
さいとう えり
1983年生まれ
東京都出身

大学ではダンス部に所属
特技 ダンス

大手カレーチェーン店のCoCo壱番屋の就職内定を辞退
東京・八重洲の名店「エリックサウス」入社(2008年)
魯珈(ろか)をオープンする(2016年)

 

受賞歴
『JAPAN MENU AWARD』の3つ星を受賞(2017年)
『JAPAN MENU AWARD』の3つ星を受賞(2018年)

『Japanese Curry Awards』で新人賞受賞(2017年)

とても美人でカワイイ人ですね!

カレー料理人とは思えない感じです。

この人がカレーを作るというのは
信じられない感じですよね。

今風の、キュートな人です。

 

でも、どことなく芯がしっかりしていて、
知的な感じを受けるのは
私だけでしょうか?

やっぱり何事かを成し遂げることができる、
素晴らしい人物であるとうのが
彼女の顔からうかがえます。

昔風の言葉でいうと、
性根の座った内面であることは間違いないでしょう。

 

齋藤絵理のこれまで

齋藤絵理のカレー快進撃は凄いものがあります。

 

東京に自分の店を開店してから、
からわずか2年たらずで、
連日長蛇の列が絶えない人気店になっています。

その店の名前は「SPICY CURRY 魯珈(ろか)」です。
本格カレーの名店として、
大きな話題になっています。

彼女が繰り出すカレーはとても斬新なものです。
それは新たな食文化の融合だからです。

 

その新しい発想は食の専門家も驚きの声をあげているほどです!

インドの伝統的なスパイスカレーと、
魯肉(ルーロー)という台湾の家庭料理である
豚肉の煮込みを、絶妙な配分で併せた
斬新かつ本格派のカレーなのです。

このカレーは発表されて以来たちまち話題になり、
各種メディアがこぞって取材に来るほどのものになりました。

 

そしてカレーの賞を次々と取っていったのでした。

『Japanese Curry Awards』で新人賞を受賞しました。

そして看板メニュー「ろかプレート」で
『JAPAN MENU AWARD』を2017年から
2年連続3つ星を受賞するという快進撃を続けています。

新人としてデビューしてからのこの勢いは
まさに破竹の勢いと言えます。

 

しかもこれは東京でも有数の繁華街である
新宿付近の大久保の地でこれだけの繁盛をしているということで、
その味のすばらしさを理解していただけると思います。

齋藤絵理のカレーとの出会い

齋藤絵理は大のカレー好きの両親のもとで育ちました。

この両親の影響は絶大で、
どんどんカレーにのめりこんでいきました。

 

言い換えれば、
カレーの英才教育を施されたといってよいと思います。

そのために、物心ついた時には、
舌は肥えて、相当なカレー通になっていました。

そして高校に入る頃にはもう、
「将来は絶対にカレー屋になるんだ!」と言って
両親を喜ばせていました!!

 

そして大学卒業後には、
南インド料理を東京に知らしめたと言われる名店である
東京・八重洲の「エリックサウス」に入社して、
7年間という間、厳しいカレー修行と
その他諸々の経営に関することを学びました。

そして2016年、遂に念願の独立を果たし、
魯珈(ろか)をオープンしたのでし、
この破竹の快進撃です。

齋藤絵理が新しいカレーを生み出す

斎藤は、誰しもが認める"カレーオタク"です。
店の営業日である月から金は、
開店前から閉店まで必ず店に立ちます。
そして店が休みの土日には、
100%決まって他のカレー店を食べて、
カレーの研究をしています。

 

これだけ朝から晩までカレー漬けの毎日を過ごしているので、
上手いカレー、すごいカレーを
作れるようになれるのは、納得できます。

斎藤のカレー研究は、多い時は1日3、4軒を食べ歩きます。
そして極めつけは、夜はカレー関係者とのミーティングで
カレー業界の旬の情報を交換をするなど、
365日まさにカレー漬けの日々を送っているのです。

そして斎藤のカレーへの熱は冷めやらず、
さらに新たなカレーを生み出そうとしているのです。

 

そして、必要なスパイスは本場インドまで出向いて
取り揃えるくらいの熱の入れようです。

斎藤はインドでカレーを実際に食べて、
感じて、インスピレーションを得ようとしています。

 

そして彼女が次に生み出すカレーに
業界は熱い視線を送っています。

きっと素晴らしい、
みんながあっと驚くような、斬新なカレーを生み出してくれるかもしれません。

齋藤絵理の店 SPICY CURRY 魯珈(ろか)

魯珈(ろか)

Address:東京都新宿区百人町1-24-7 シュミネビル 1F

TEL:03-3367-7111

Trading Hours:[月・水・金]11:00~16:00
[火・木]11:00~15:00/17:00~20:00
Closed:土・日・祝
Website: https://twitter.com/spicycurryroka

 

スポンサーリンク




齋藤絵理の人間性

齋藤絵理の人間性は、人を惹きつける魅力でいっぱいです。
エリックサウスで働いていたころから、
言われていたことがあったそうです。

それは、「自分でお店をオープンしても、固定客がどんどん増えるんじゃないの?』

それくらいキャラが立っていて、
人を惹きつける魅力がある人なのです。

自分でお店を持った時に、
暇な時間帯にはお客さんと飲みながら

スパイス料理を出すような「スパイス女将」をしてみたかったというのです。

そして、お客と一緒に自分も飲みながら、その日に思いついたアイディアで
スパイスを使ったつまみを出しながら話をするという
ちょっと古風なもので、それは昭和のスナックのようなものだそうです。

 

それは本有に古いアイディアですが、
夜だけ店の名前をを変えて
“スナック・エリ”を開店することだそうです。

ただ、彼女の予想とは反して、
開店てすぐに店が大繁盛しているので、
この夢はちょっと難しいようです。

でも、それはいまでやってみたいそうです。

 

現在は、魯珈(ろか)の店のスタイルがとても気に入っているそうです。

これ以上お店の規模を大きくすることは、
全く考えていないそうです。

今は、現在の常連さんを大切にして、
お互いが心地よい空間と間柄を
維持できたらいいなと思っているそうです。

 

齋藤絵理は結婚しているの?彼氏は?

この件に関してリサーチしてみたのですが、
こういった情報は一切出てきませんでした。

ですから、結婚はまだしていないと思います。

 

ただ、これだけかわいくて美人なのですから、
彼氏くらいはいるのではないでしょうか?

でも、まだまだチャンスはありますので、
齋藤絵理に興味のある男性は
アタックしてみても良いと思われます。

齋藤絵理の年収は??

齋藤絵理の年収は、
少なくとも何千万年は到達しているはずです。

そうじゃないと、東京のこの立地でお店を維持できません。

 

そして現在では数億円くらいいっている可能性もあります。

実際にお店の収入以外にも、
メディアへの出演などからも収入は入ってくるので、
かなりの額にいっているはずです。

まとめ

今回は齋藤絵理について書いてみました。

ダンスも極めて、そしてカレーも極めた。
そして店も大繁盛するという、
本当に素晴らしい人ですね!

 

人生の大成功者です。

そしてそれには本当に長い年月をかけた、
厳しい修行に裏打ちされているものなのです。
土台がしっかりしているから、
絶対にぶれません!

 

この確固たる人生に対する態度が
齋藤絵理の最大の強みなのではないでしょうか?

今後も彼女の活躍を大いに期待してみたいですね!

スポンサーリンク




おすすめの記事