原口未緒弁護士って知ってますか?

2019年3月11日の『激レアさんを連れてきた』
で取り上げられたレアな人です。

なにがあったのかというと、
自分が弁護した被告人に恋をしてしまったのです。

そしてその彼が出所してから結婚したけれど、
自分の持っていた貯金の4000万円を浪費されてしまって、
その後離婚してバツ3になったという、
とってもレアな弁護士なんです!

ということで今回は、原口未緒弁護士について迫ってみたいと思います。

 

スポンサーリンク







ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

9人の購読者に加わりましょう

原口未緒のプロフィール

原口未緒
はらぐち みお

1975年生まれ
東京都立川市出身

弁護士にしては、柔らかなお顔をされていますね。
根が優しい方なんだと思います。

頭はいいけど、結構、おっとり型なのかもしれません。

でも、感じの良い方ですね!

学歴

学習院女子中・高等科
学習院大学法学部卒業

経歴

2002年 司法試験合格
2004年 第一東京弁護士会登録
真和総合法律事務所入所

2006年 第二東京弁護士会登録
紀尾井町法律事務所入所

2008年 旭川弁護士会登録
紋別ひまわり基金法律事務所赴任

2010年 札幌弁護士会登録
未緒法律事務所開所

2014年 東京弁護士会登録

14歳 両親の離婚問題が始まる。
20歳 両親が別居
26歳 離婚訴訟で和解により両親が離婚

30歳 結婚
33歳 離婚
34歳 結婚
35歳 離婚
36歳 結婚
37歳 離婚
41歳 出産(現在 事実婚)

すごい経歴の持ち主ですね!
この3度の離婚がやっぱりすごいですね。

原口未緒のこれまで

原口未緒が14歳のときに両親の離婚のきっかけとなる出来事が起こったのです。
それからというもの、母は原口未緒に対して色々と相談するようになってきたのでした。

14歳にして母のカウンセラーとなったのです。
そして父と母の仲裁をする立場に立っていたのです。

そのためか、自然と弁護士の道へ進むようになっていったようです。

そして自分の事務所をオープンさせ手からは、
離婚問題を重点的に扱うようになっていったのです。

自らの事務所をオープンしてからは、両親の離婚で悩んだことを活かして、
離婚を得意分野として扱うようになっていったのでした。


しかし一方、私生活では、自らも3回の離婚をしていたのです。

​3回も離婚を経験すると、見えてくるものがあります。
それは、1回目と3回目の離婚の理由が同じであったということです。

ということは、相手が変わっても自分の中に抱えている問題が解決しない限り、
同じことを繰り返すのだと感じたのです。

それから、1回目の離婚と2回目の離婚の時は、2回とも原口未緒から離婚を希望しました。
でも、3回目に限っては初めて夫から離婚をしたいと言われたのです。

原口未緒は離婚したくなかったこともあり、
なんとか修復をしたいと、9か月もの間別居をしながら、関係修復を試みました。

​でも、結局は離婚に至ってしまったのです。

自分自身の探求

そこから、原口未緒は自分自身の探求を開始したのです。
自分自身を変えなければ、また同じことを繰り返すだけだと悟ったのです。

そこから、カウンセリング、コーチング、瞑想、占いなど、
自分自身をさらに深く理解して、
問題を解く方法をたくさん学んでいったのです。

そして徐々に自信を回復して、新たなパートナーと出会いました。

でも、今回は結婚という形を取らずに、籍を入れないで事実婚という形をとっているそうです。

それは結婚とは人間が作り出した制度にすぎないからです。
でも一番大切なのは信頼関係であるということに気が付いて、
事実婚という形が一番自然であるとして選択したのです。

また、41歳の時に出産をしました。

こういった経験やその後の学習から、
原口未緒はさらによき離婚問題の弁護士になってきたのです。

彼女が繰り出すアドバイスも、それまで以上に役立つもので、
クライアントを理解した立場で行うことができるのです。

 

スポンサーリンク




『自分が弁護した被告人との結婚』

今回『激レアさんを連れてきた』でも取り上げられているのが、
『自分が弁護した被告人との結婚』なのです。

自分が担当した被告人の男性を、色々と助けているうちに
やがて恋に落ちてしまったようです。
過去のことになるのですが、
ここではしっかりと精神的なつながりがあったと述べています。

そして彼が出所してきてから、めでたく結婚しました。

しかも、自分の法律事務所を開設したのは、
この元夫に仕事をさせてあげるためだったというのですから驚きです。

ところが、実生活が始まると元夫の金遣いが荒く、
4000万円もあった貯金をすっからかんにされて、
1年足らずで離婚となったのです。

なんとも、腑に落ちないというか、ずっこけた話ではあります。
確かに激レアさんですね!

原口未緒の著書『こじらせない離婚』

こじらせない離婚 「この結婚もうムリ」と思ったら読む本 [ 原口未緒 ]

価格:1,512円
(2019/3/11 21:18時点)
感想(0件)

原口未緒は自分の離婚経験やそこから学んだことを活かして、
離婚相談を行っていました。

それが大手出版社であるダイヤモンド出版の目に留まって、本として出版されたのです。

実際に離婚を3度も経験した人間の著書とあって、
かなり重みのある内容になっていますし、
法律という観点からも書かれているので、
実務的にも内容の濃い一冊であるのは間違いありません。

まとめ

原口未緒は両親の離婚を経験しました。
それは、父親の不倫というものだったのですが、
でも、そこに怒りを感じた母に対しても疑問を感じていたようです。

それは、確かに二人は結婚していて妻と夫という立場にいたのですが、
だからといって妻というものがそれ以上に偉いものなのか、
という思いもわいてきたのです。

それならいっそのこと結婚という枠にはまらないほうが、
お互いに緊張感もあって健全な関係でいられる
のではないだろうかと感じたようです。

ある意味結婚すると、ある一定の人たちは緊張感をなくして
なあなあの関係になってしまいます。

それだったら事実婚のほうが健全なのかもしれません。

スポンサーリンク







おすすめの記事