蜥蜴人族(リザードマン)ってご存知ですか?

蜥蜴人族(リザードマン)は架空の生物です。
トカゲにそっくりな人型の生物です。

 

ファンタジー作品などに数多くの登場しています。
モンスターとしても世界的に認知されたな存在です。

この怪しい蜥蜴人族(リザードマン)っていったいどんな生き物なのでしょう?

ということで、今回は蜥蜴人族(リザードマン)に迫ってみましょう!

 

スポンサーリンク




蜥蜴人族(リザードマン)プロフィール

年齢不詳
出身地不明
学歴不明
職業無職
左利きになることが多い

 

リザードマンは特定の仕事には着いていませんが、
小説や物語、ゲームやアニメなどに不定期で出演しています。

しかし、出演料などはもらっていないようです。

写真出典元 https://news.walkerplus.com/article/171883/image1010403.html

とても威厳のある顔をされていますね。

これまでの人生で世界かうちで愛されて、
いろいろな重役割担ってきたという感じがします。

 

世界的にも有名ということで、
そのプレッシャーを感じられますね。

蜥蜴人族(リザードマン)のこれまでの人生経験が
顔によく表れていますね。

 

出演作品

対戦型ゲームブック『ロストワールド』
ナムコによるコンピュータゲーム『ドルアーガの塔』
『ソード・ワールドRPG』
『転生したらスライムだった件』

蜥蜴人族(リザードマン)について

蜥蜴人族(リザードマン)は、狼男や人魚のように
口伝や文献なども残っておりません。

 

そのために完全に架空の存在なのです。
そして発祥などの明確な口伝なども残っていません。

そのため、出演する作品によってある程度の共通項はあるものの、
こまごまとした設定や詳細に違いが見られます。

 

ただそれらの作品に共通するものは、
カンタンに言うと二足歩行するトカゲです。

また、作品によってはトカゲだけでなく、
ワニやカメレオンまたは、
ドラゴンや恐竜に似せて描かれる場合もあります。

 

前足はとても器用に道具などを使うことができます。
これは爬虫類としては、かなり異例のことです。

 

前足がとても器用なので、
剣や盾などでをもった姿を描かれることがよくあります。

IQはそれほど高くはありません。
中には、自分たちの独自の言語を持っているものもいます。
または、人間と会話が可能なものもいます。

 

人間よりも身体能力や腕力は優れています。
戦闘能力も格段に人間より上です。

騎士、戦士、格闘家として非常に優れているため、
単独でも大きな戦闘力になっています。

それ以外にも、集団で一致団結したリザードマンは
さらに強力な存在として恐れられています。

 

性格はおとなしく優しく、
決して邪悪な存在ではありませんので、
こちらが何かをしない限り、
襲ってくるようなことはありません。

 

見た目は凶暴な感じなので、
凶暴だと思われることは損していると感じています。

穏やかな性格ながら、
凶暴性も持ち合わせているために、
いたずらに刺激しないように気を付けなければいけません。

 

 

スポンサーリンク




蜥蜴人族(リザードマン)の生息地

作品によっては水辺に生息して、
魚や両生類などを獲って食べている場合もあります。

しかし作品によっては、乾燥した砂漠などに生息している場合もあります。

 

いずれにしても爬虫類であるために、
熱帯などの高温の地域に生息するのがすきなようです。

蜥蜴人族(リザードマン)の利き手

ほとんどの作品では悪役側のキャラクターとして登場します。
しかしごく稀に、味方側のキャラクターとして登場するケースもあります。

 

またどいう訳か、左利きとして登場しています。

左利きになった理由は、
対戦型ゲームブック『ロストワールド』に登場してからという説もあります。

 

しかしそれ以前に発表された、
ナムコによるコンピュータゲーム『ドルアーガの塔』にすでに左利きで登場していますので、
これもあくまで説の域の範囲内になっています。

 

また別な説によると、
TRPG『ルーンクエスト』の背景世界『グローランサ』では、
エルフや人間などのヒト科の種族は右利きすが、
それ以外の種族は左利きであるという説もあります。

 

蜥蜴人族(リザードマン)の社会

リザードマンの社会体系は、以外にも規律正しい階級社会です。
蜥蜴人族(リザードマン)は農耕や畜産するほどの知的能力はありません。

 

フルーツや植物は一切食べません。

日照りなどの食糧難が発生した時の緊急処置として、
ドルイドの魔法を使って食料を生み出すことができます。

 

リザードマンの社会は、よそ者を極端に嫌う閉鎖社会です。
他のリザードマン部族との交流すら頻繁には行われないようです。

蜥蜴人族(リザードマン)の宗教

蜥蜴人族(リザードマン)社会に神は存在しません。
その代わり祖霊を信仰が行われています。

まとめ

今回は蜥蜴人族(リザードマン)について書いてみました。

架空の存在とはいえ、
色々と苦労をなさっているようですね。

 

それに、これだけの作品に主演しても
一切出演料を取らないという
精神性の高さも素晴らしいものです。

 

これはある意味アメリカインディアンなどの
高い精神性にも共通する部分がうかがわれます。

 

架空の存在であっても、
今後の活躍に大きな期待をしていきたいですね!

 

 

スポンサーリンク




おすすめの記事